FC2ブログ
2019/01/17

W124 500E ATIダンパー装着報告/ ATI Dumper report for M119 500E W124 and PWM control electric fan

以前 8月にご紹介しました M119用ATIダンパーとハブ、プーリーセッ
昨年、装着のレポートが 届いておりますので、遅ればせながらお伝えします
fc2blog_201901091050403c5.jpg
A7075 8PKのアルミビレット プーリーの奥にちらり見えるのは、
M119専用に製作したハブに装着された 7インチのATI社製フルードダンパー
プーリーは、3孔のシボレーピッチにあわせて、軽量化のために肉抜きしてあります。
赤いスタビライザーの奥のオイルクーラーホースの其の億に見えるのが、アルミフィン付オイルパンです。
10mmピッチの凹凸がちらり見えます。
この角度で見れることはあまりないですが、放熱面積を増やしてるのがわかると思います。
fc2blog_20190109113653799.jpg
ATIダンパー、ドラッグレースでは、一定クラスより上では、
安全上の要請で、レギュレーション上の必需品、
蝸牛のベンツ、往年の500Eでは、
こんなもん、絶対に欲しがる人がいないと思って、
私歌版で造ったものです。
ありがたいことに、世の中には奇特な好事家もいるもので、
拙稿、ブログを見て、関東、関西のお二方から、高価な品物をご所望いただきました。
自分用は、4PKx2のプーリーだったので、当然にそのままではつかないのと、
寸法だしと、図面起こしの作業もあるので、プーリー込みでお納めしました。
6pkと8pkの注文だったので、これで4pKのダブル、
前期後期とも、すべて対応できます(笑)
fc2blog_2018083118363412d.jpg
そのうち一台は関西、
大阪のエグゼファクトリー http://www.exe-factory.com/ 
で装着作業がされました。
500E,メルセデス、M119エンジンには、
私なんぞがいうまでもなく、
充分な経験と高度なノウハウをお持ちのところですので、装着にあたって、
なんの心配もありませんでしたが、
ハブの寸法をできるだけ追い込んで、ギリギリで造っているので、ハブ、
ダンパーの装着に関しては、冷熱間での装着を、菅波さんにお伝えしました。
そのため、
電動ファン、ラジエター、コンデンサーを外して、正面からの装着作業になります。
そのついで、タイミングをあわせて、
同時に、PWM制御の電動ファン装着をしたとのことです。
さすが、やりますねー
こちらは長くなるので、別に次回ご紹介します。
さてW124  500Eの冷却ファン、
ご存じのように、機械式ファンと電動ファンのコンビ、
M119エンジンでは、機械式ファンがバランサー的役目もしてます。
すなわち、エンジン回転の逆回転でファンを回転させて、
エンジンのマスダンパー的な使い方、バランサーシャフトみたいな役目をさせてます。
ですので、その前のモデルの、M117ですと、ファンの回転が逆です。
このためか電動ファンにして、機械式ファンを取り外すと、
2500回転位の回転域でエンジンにザラツキがでましたが、
このデメリットは、ATIダンパーの装着で、無事に打ち消されてます。
のみならず、
さらに変速時のショックの低減や、特に6リッターモデル由来の
ロングストローククランクのアンバランス感も見事なまでに減り、
機械式ファンが装着されていたとき以上に、絹ごしの色気を味わえているようです。
これ、いくら文章で語っても、
装着前後を比較して、実際に乗ってみるとか、
普段の自分の車と比べてみないと、わからない、
表現が難しい部分ではありますが、そのさわりの部分については、
ご想像いただけるかと思います。
fc2blog_20190109113620ab2.jpg
写真のように、スチール、鉄の塊に、
ゴムをサンドイッチして焼き付けた、販売価格は高いけど、コストはかかってない
量産品、妥協品の純正のゴムダンパーと、
ビレットのアルミケースにフリクションリング、シリコンフルードの高級ダンパー、
比べること自体がやや酷ではあります。
(でも、ダンパー、ハブの合計値段(プーリー別)は一緒位です)
写真みると、純正ダンパーにはバランスホールが空いてます。
バランスとるのはいいことなんですが、回転アンバランスをバランサーで見た跡でしょうが、
単体では、バランスが取れてないってことの証左でありましょう。
ちなみに、ATIダンパーは、ダンパーが、ダンパー効果で、アンバランス吸収してしまうので、単品で
バランスとれません。バランスホール孔、空いてません。
GMのカマロやコルベット、ダッジチャレンジャー等のハイエンドモデルでは、
これらが純正採用されてる理由からもご推測いただけると思います。
オーナーの武内さんは、きっとニヤケ笑いが止まらないことだと思います。
メタルの当たりも良くなるでしょうし、
ビレット製7075アルミの高級クランクプーリーによる
オーバーハング、マスウエイトの軽減もきっと堪能されてることと思います。
2019/01/08

W124 500E AMG 8POD BREMBO CALIPER TITANIUM BOLT

R230前期SLの AMG の8POD キャリパー

 剥離して、リペイントと シール交換の作業をするにあたって、
 ブリッジのボルトを6-4チタンにすることにしました。


 M8x23mm 1.0 PT が4本です。
 2000年代以降のブレンボは工作機械の進歩で、モノブロックになっています。
 分割式ボルト止めのモデルより、剛性が強く、ブレーキング時のキャリパーの開きが少ないといわれています。

 それでも、この年代はブリッジ部にはボルトで左右とセンターピースを連結しているので、
 そこのボルトを6Al-4vチタンにします。

 分割ボルト止めタイプですと、特にオートバイなんか、ボルト換えるだけで、ブレーキのタッチが変わる、
 チタンは、熱による伸びがほとんどない、ガラス見たいな特製なので、カッチリします。
 ステンレスメッシュのホースにしたようなしっかり感がでるのですが、モノブロックのブリッジボルトだけだと
 そうは変わらないと思います。 もう、完全にトータルコーディネートの世界です。
 スチールと比べると、数グラムは軽くなることでしょう


fc2blog_20181231161748029.jpg

 こちらは、純正のブレンボのボルト、トルクス形状です。
 色塗る前に代えて、ペイントいっしょにしますので、チタンであることはわからなくなります(笑)
 ボルトもトルクス穴付きにします。


fc2blog_2018123116183759f.jpg

 AMGのキャリパーのピストンは、ジュラルミンにDLCコートしてあるような
 感じです。とても軽くて、熱のひけがよさそうです。

 ブレーキパッドのピンは、今回はチタン化は先送り、あとで図面起こして、ついでのときに
 変えようと思います。


fc2blog_2018123116214660c.jpg

 ついでに、ブリーダープラグ M10X1.0 ピッチも6al-4Vチタンにしました。
 数グラム軽くなると思いますが、バネ下であっても、さすがに大した効果はないと思います。

 まあ、チリも積もれば山となる(笑) です。
2019/01/01

W124 500E 電動ウォーターポンプ用 ラジエター製作完了! W124 500E Radiator for Electric Water pump PROJECT 10th

新年あけましておめでとうございます。
平成31年 平成の御代も今年限り、 西暦2019年も 始まりました。
w124がデビューしたのは昭和60年/1985年 冷戦下 東西ドイツの統合前
500Eは 平成3年/1991年だから 日本のバブル崩壊前後
その後、ソビエト連邦の崩壊、EUの統合や アジア通貨危機、リーマンショックを経て、
もう、いずれの御時にかありけん、全ての車は四半世紀前、車齢も30年近いわけです。
この間、日本は大きくは、変わっていないように思いますが、世界、世の中は大きく動いているように日々感じてます。
そんな変化の中で、相も変わらず、転ばぬ先の倭杖、
壱に頑張り、弐に根性、参四が無くて、伍に頭が悪くないこと、
私に、それが、できているかの自信は、到底ありませんが、粘りと 皆様の協力のお蔭で精進を続けられてます。
電動ウォーターポンプ化のための実働、モーテック後、
ポンプダイレクトマウントのラジエターコア、
途中で8連スロットル化も加わったので、仕様変更、水回りの解析(納得過程ともいう)や、
設計、寸法変更、
一寸の虫にも五分の魂、神は細部に宿る等の作業もあり、はや12年です(笑)。
猪年から始まって、再び猪年です
昨年、ラジエターの図面もあがり、無事製品が収められました。

ご覧のように、左タンクには、左右バンクからの水が上下に二か所入り口 AN16ボスがつきます。
右タンクには、メザイアのダイレクトマウントのウォーターポンプがついて、
上の18φのホースは純正の右フェンダーのプラスチック製エアセパレーター(サイドタンクもどり)へ。
ディーゼルのメルセデス用のホースを流用します。
ここは、パワーグリップクランプで、留めます。
その下のAN8のボスは、水流解析で書きました、純正ウォーターポンプのハウジングの中の
2つの小さな穴から、もどって、電動ポンプの水流の負圧で引き込む算段です。
fc2blog_20181231005728748.jpg
右サイドタンクです。11mm 水管、ロウの二層のコアが良くわかると思います。
サイドタンク、横面の孔は1/8PTで ラジエター戻りの水温計用です。モーテックにつないで、
ディスプレーで表示、電動ファンのコントロール用に使います。
fc2blog_20181231005545e96.jpg
左側のタンクには、AN16のボス。
左右ヘッドのバンク、左右独立の8連インマニのウォーターネックから、ANホースでホットウォーターが
流れ込みます。
下の小さい孔は1/8PT ヘッド後の熱い水温を計測します。エンジンマネジメント用、モーテックからディスプレイに繋がって、
燃料噴射や点火時期をコントロールします。
fc2blog_20181231005655000.jpg
サイドタンク上部にもエア抜きです。左右につけて、純正のエアセパレターに接続します。
ラジエター水路に行く前に、エアを抜く、ラジエター水路の後、インペラーの前に、エアを抜く、
細かい水路を通るときに発生するであろうエアを抜いて、冷却効率を上げるのが目的です。
ラジエター面積に制限があるので、できる限り、エアを抜く、水を廻す、空気を廻さないことに注力してます、
ボンネットフードとの高さに制限があるので、AN90°エルボーを 切断して、溶接で仕上げてます。
裏のでっぱりも無くしてフラットですのでエアをかみません。
これが左右のサイドタンクについて、純正のエアセパレターに向かいます。
fc2blog_20181231005533eaa.jpg
すこしでも表面積を上げる、大きいコアを使いたいので、純正のコアサポートを、下に延長して使うようにしてます。
延長コアサポートのゴムに入るように純正と同寸法でボスを立てました。
fc2blog_20181231005739059.jpg
メイドインジャパン、ダイワラジエター製です。コアは最新の11mmロウ、8mmピッチです。
余りに細かく指定したので、とても時間がかかったので、
ぶつかった時、破損時のために、予備で、もう一個作っておく必要がありそうです。
2018/12/24

722.6 アルミフィン付 ATF パン/ATF Pan not only for W124 500E for all 722.6.

722.6 オートマティックトランスミッション 用の ATFパン
自分用は、トランスブレーキ着けたので、背の高い 米国製 B&Mのアルミ製ものを装着することにしました。
でも、あまりに、つくりがアメリカン、
パンの固定は、ボルト留めるのではなく、ピンチで挟んでゴムを潰してシールするタイプ
鋳造で丈夫そうだけど、厚くて重い、フィンがおおざっぱ
フィンのピッチが、NIIBEパンの10mm とあわない、
等ということと、
大阪でTさんの722.6 ブラバスに乗せてもらって、エグゼから空港まで送ってもらったとき、
ATF温度が高いのが気になった。
ロックアップ付ですから、コンバータークラッチがロックされれば、そこで温度が下がるはずなんですが、
ATF温度のメーターみると、ATFクーラーなしだと
思ったより温度が下がらないなんてことを目にする機会がありました。
それは、相当の手間と愛情と時間とエネルギーをかけている、シルバーのブラバスでして、
機械式のときに722.3のATFパン使ってもらっていて、
ブラバスの6リッターエンジンにも、NIIBEパン使っていただいてます。
パンのフィンが、そろわないのもカッコ良くないという貴重なご意見もいただき、製作準備に入ることにしました。
500Eで722.6搭載している方、製作してますので、ご期待ください!(日本に10台以上いるみたいです)
ということで、オートマのケースを運んで、寸法取りして等とする中で、
一緒に、しばらく品切れになっていた722.3、M119エンジンのATFパン、オイルパンも
木型引っ張り出して、再製作することにしました。
fc2blog_20181220120851436.jpg
先に、722.6の木型を頼んだはずが、なぜか722.3の鋳物上がってきました。
なんでも、日産R200のエスコート製フィン付デフカバーと間違えたようです(笑)
急いでた方々ごめんなさい、割りこんじゃいました。
その分、ベンツのオイルパン、ATFいただいた方は 早く入手できることになりました。
fc2blog_20181220120849380.jpg
かつては、キューポラのある町 と呼ばれた、鋳物の街、川口も、砂型鋳造してくれるところは、
高齢化による廃業、後継者不足、製造業の海外移転等で、どんどん少なくなって、頼めるところは、さらに
限られてきました。もう、きっと、ここだけでしょう。
工業地帯も、いつのまにか都市化が進んで、中小規模の分譲マンションや、賃貸物件にかわってしまい
やがて、騒音や環境等の問題で、営業も難しくなってくるんじゃないかと思います。
下の完成品みるとわかりますが フィンの角度がななめになってるので、マスター型に工夫がはいってます。
fc2blog_2018122012084411d.jpg
そんなわけで残存者のところに仕事が集まり、結構忙しいらしいです。
前にも書きましたが、
現物にあわせて、設計して、
木型を表を造って、裏側の雌型つくる、砂型用の箱をつくる、
砂型をおこす。アルミを鋳造する。研磨、ショット、熱処理、機械加工 というプロセスです。
こちらは、722.3用のATFパン、フィンの角度合わせるので、ななめの底で抜けないため、型が
複雑になります。
斜めになってる、底面がわかりますでしょうか?
fc2blog_2018122012084685a.jpg
こちらは、M119 オイルパンの砂型用の表裏のマスター型
自分用、私歌用 につくったものですが、
縁あってお使いいただいた方からは、好評です。
こんなもの、高価なものを良く買い求める人がいると思うと同時に、
身が引き締まる思いでもあります。
SNSでの写真が縁でで、
海外にも、いくつも送ってまして、一つは 本国のAMG社で働いている方のところに嫁ぎました。
本国ドイツでも評判が良い、驚かれたようです。
なんか誇らしいですね
特に、オイルパンのピッチとATFパンのピッチを揃えたところ、
ATFパンの傾き、スラントをよけて、型分割して、フィンの角度を揃えたところは、高く評価いただいたようです。
聞いたところでは、大昔、AMG社では、創業の頃、鋳造もしてたとかで、
鋳物に関する造詣はことのほか深いらしいとのことでした。
お孫さんに囲まれてる アウフレヒトさんも  見てくれたかな?
2018/12/18

古いベンツW124 500Eに乗りながらも "CASE"について考える / CASE STUDY for /by Mercedes with old 500E W124

毎年、この時期に考えることにしています、これからの事、

小中学生の頃、歴史が好きで、いろいろな本を読んで、
公立の学校だったので図書室の関連の本はあらかた読みつくし、
従兄から、お下がりでもらった、高校生、大学受験向けの
山川の教科書や年表を愛読してました。

興味がある特定のことについては、異常なまでに、記憶力が良かったので、
大まかなことは諳んじていて、年数なんかも、ほぼ覚えていました。

精神科が専門(らしい)の家内に言わせると、私なんか、
教科書に出てる アスペルガーの典型例だそうなんですが、
我が家は、子供の頃は、兄弟も、家族中がアスペルガーだったし、
大学以降は廻りは、そんな人ばっかりだったので、自分にとってはそれが普通で、
自覚したのは、実は意外に最近、不惑、40過ぎになってからでした。

そんな、歴史好き、暗記好きの少年は、“革命“について、
ガラリとその時点、年号で急に変わる、たとえば、頼朝の鎌倉幕府の設立だったり、
明治維新だったり、西洋史の大航海時代だったり、産業革命 等も、
イメージでいうと、時計のカレンダーダイヤル みたいに、パタリ、そんな風だろうと思ってました。

ところが、実際はそんなことないと気が付いたのは、これも実は最近のことで、
確かに、ある日を区切りとして突然に変わることもありますが、
産業革命にしても、中国の改革開放でも、共産主義社会主義国家の終焉、
日本のバブル なんてのも、何年も、
ときには、何十年も時間をかけて、あとから見れば、革命、バブルだったと思うこと
なんだと、ようやく、考えられるようになりました。


今私たちがのっている、内燃機関を利用した自動車についてもそうで、
環境負荷や経済指標、株式マーケットの都合で、
長い時間をかけて、変わっていく、気が付いたときには、
あとから、あれは革命だったと思うんだと思います。

言われるまでもないと思いますが、
自動車産業自体は、もうすでに斜陽産業なんだと思います。
株式市場で、輸送機器、耐久消費財として
販売台数とシェアを競わざるをえない構造不況業種なんでしょう
いつまで続かないと考えて、エグジットに向かう方向なんでしょう

身近なところでは、長いこと、合併、統合、分離を繰り返していた
今年2月、メルセデス社は、株式の約10%を中国の吉利に売り渡しましたし
内燃機関廃止や、モータ化、日米の貿易戦争、社会経済情勢等を考えると、
所有に執着する大株主不在ということもあり
爛熟の時期を過ぎて、縮小、方向転換の時期なんだと思います。

img_0cf005a2730a1953186f478793dcfd8e57396.jpg

 相当まえから、Eクラスは上海、浙江省で、内燃機、シャーシからフルで製造されてますし、
 BMWの1,2,3、5シリーズも遼寧省瀋陽製です。

その1年半前、一昨年の16年10月のパリ・モーターショーでメルセデスのチェッチェ氏は、

p01.jpg

“CASE”なる言葉 
コネクティビティ(接続性)の「C」、オートノマス(自動運転)の「A」、シェアード(共有)の「S」、
そしてエレクトリック(電動化)の「E」を述べました。

スマホ、昔でいうとスーパーコンピューターを個人が持ち運んで、データー通信、
地図や運転情報共有するようになもの、
自動運転と電動化は、ある程度は予想してましたが、シェアードについては、
最近までピンときませんでした。


IMG_6648.jpg

いまさらですが、 当地、シンセンでは、増えすぎて問題になった、We Chat、 Pay Ali Pay での
QRコードの電子決済でレンタサイクルだけでなく、
レンタカー(日本の国際免許使えないけど)は、携帯アプリで貸出、返却で、カウンターに行く必要が無い。

支付宝vs微信支付_810-421

 日本でも銀聯カードとならんで、アリペイやウィチャットの決済マークを良く見かけるようになりました。
 この市場みてると、PAY PAYとか、いまさら周回遅れの挽回で100億程度で、何やるんだろうと思います。

 そんな中で、レンタカー、カーシェアも スマホ決済です

一嗨租车

v2-d0ea528b77d20e06fcf843fd0d005d9f_1200x500.jpg

外国人が借りるには免許の問題もあるけど、値段も日本より安いし、豊富です。
免許と身分証明書(居住証)が必用ですが、そもそももう、14億の内、外国人の人数が圧倒的に少ないので、
あんまり顧客として重要視されてないようです。

そんな感じもうける中国のレンタカー
リンク見てもらえばわかりますが、値段が安いんですよね、自動車の値段自体は日本より高いのですが、
競争が激しいからか、規制が緩いのか、回転が速いのか、こういうところでも我が国のいわれのない規制、
一部では、其れ由来の物価高を感じます。


神州租车

20161116135420XFyM5qIm4odbGB7g.jpg


 会社の営業規模も、国が大きいためが、日本よりは米国に近いようで、上場企業が本体でやってます。
 基本、ビジネス立ち上げて、ある程度軌道に乗りそうな段階で、夢を描いて、上場して
 資金調達するってのが主流の当地です

 しばらくIPOは忙しいでしょうし、資金調達額も日本マーケットをはるかに超えて、NY、ロンドン他と
 香港含めた中国の争いでしょう

そんなんで、日本に帰ったら、家族が住んでるマンションの駐車場内には、
いつのまにかシェアードのレンタカーがあって、
登録こそ必用だけど、給油も不要、自分のETCカードさすだけ、

ダウンロード

空路移動が多いせいもあるけど、
国内外で、レンタカーに乗ってる距離のほうが、
ヘアライン号 500E(そもそも着地してないし)含む
内燃機自動車に乗ってる距離より、はるかに多いことに気が付きました。

所有から共有となると、水温が高いとか(そもそも水温計自体がない)、
加速、乗り心地がどうか ということより、
車が空いてるかどうか、いつ、待たずに、移動できるかのほうが、重要で、

ポルシェが作ったベンツだろうが、前期だろうが、後期だろうが、
加速や減速のGだとか、コーナリングだとか
6リッターだろうが、ゼロヨンが12秒切ったとか、300km/h でようが関係なくなりました。

いつの間にか、SNSやスマホの普及で、気が付けば相互監視社会、
皆良い子を演じるようになり、
かつてのような公道でのアウトロー行為は割に合わないだけでなく、
そもそもカッコが悪い行為になってますし、
公共場所でのオフ会自体も、何かと言われるような時代なので、

それよりは、クローズドサーキットで、タイムを競う、
室内開催のクローズド空間での、ショーで仕上がりを競う、そのためには、
コンテナやジェットで国外に運ぼう、それよりは、動画メディアで拡散しようというような、
方向にいるようです。


なので、
古いメルセデス、W124、「趣味性の高い実用車」なんてものは、
さらに数が減るでしょうし、

そうなると、さらに、一部の趣味性の高いある分野に特化した、
特定の車種。+αがあるものだけが
残る傾向は続くことでしょう

空冷ポルシェなんかは、今更感がありますが、
(株価の安い)ドイツ銀行くんだりが投資としていいよ!なんてこといってる位です

でもね、私は別に悲観してません。

まずは隗から始めよで、
ミクロでは、自分に限っては、なんとか乗り続けられるだろうという環境を整えられました。
予備の部品取で500Eを2台、箱の予備も確保できたし、
必用な予備部品の確保はなんとかなるでしょう。

マクロ、スケール大きくいうと、、代替品、少量再生産の目途も、
さすがに全部ではないけど、外注先や、3Dスキャナーでの図面化、
現物からの図面化等、再作成、3Dプリンター等で目途がたつようになったと思います。

メーカ―の協力、メルセデスの魅力であった長期の部品供給も、
内燃機自体がなくなる、メーカー自体が無くなる世の中では、
中長期的には、メーカ―はやらなくなる、経営母体が変わればそれまでってことで、
やがて難しくなると考えるのが賢明なんでしょう

気が付かない内に、大きな流れの中にいることを実感する師走です。