2017/08/15

722.6 NAG1 エボリューションプロジェクト (14) 722.6 NAG1. Evolution Project (14) How to install TCU

毎年、夏は馬術の合宿で、山梨県の小淵沢にこもっています.
そのため、更新が滞りがちです。
なので、昔のこと、書こうと思っていたことを拾い出して先にまとめておきます。

 敷島の大和の国で、今でも、マニアックな人にあうと話題に昇る W124の 722.6 NAG1 換装。

 すでに何台もの方が実践されているので、六日の菖蒲、6月の皐月の感もありますが、
 これからチャレンジされようとする方のために、何回かに分けて記載していきたいと思います。

 一般の他モデルのエンジン、トランス系を載せ替えるものと比べると、W210 や R129、W140用の
 M119用のベルハウジングがそのまま使えるので
 基本、大きな加工もありませんが、かといってボルトオンというわけにもいかず、いくつかポイントがあります。
 後で紹介といって、延び延びになってたので、少しづつ追いかけます。

 まず最初は、どこにTCUを置くか、

 私が現在、装着してるデンマーク製のtcu(旧モデル)は、マニアックなデンマークのOLEさんが、作成したものです。
 油圧経路を切り替える電磁ソレノイドのコントロールを、電圧、車速、エンジン回転、油温、アクセル開度、大気圧等の
 入力情報に応じて、行う仕組みです。

 とても、良くできていると思いますが、純正のtcuがエンジンecuとやりとりをしてフィードバック、学習機能がある、
 フェイルセーフが何重にも組み込まれているのに比べると、さすがにそこは手薄であり、人が手を加える対策を
 しないといけないかと思う部分もあります。
 
 また、回路や配線を見てみると、自動車車載用というより、弱電系の設計のように感じます。
 なので、温度や湿度、振動、ノイズについては、こちらで考えて対策することになります。

 まず、設置場所ですが、別にここが最善というわけではないのですが、ヘアライン号の場合、
 助手席足元のバルクヘッド、キックボードのところの空きスペースを使っています。

 別にここがベストなわけではないと思うのですが、振動、熱、湿度とノイズ、トランスミッションとの距離考えると
 ここになりました。
 


大昔、HIFIのカーオーディオを嗜んでた人だとわかると思いますが、W124、助手席の足元にちょうど良い大きさの空きスペースがあって、ナカミチのTD1200(アジマス調整、ノンオートリバースのカセットテープ(笑))とかの
ハイドアゥエイチューナーなんかをここに置きました。

 私の場合、モーテック本体、LCDディスプレイを助手席のグローブボックスに置いているので、
 その関連の電源リレー等もここに鉄薄板で枠を製作、整理して、アースポイントを共通にしました。

 これも、アナログ、カーオーディオでノイズで苦労された諸兄、初期の社外ECU、特にロータリーでノイズに悩んだ人には
 おなじみのことだと思いますが、基本、車なんてのはノイズの塊で、メーカーも対策、それは相当苦労しているわけで
 それにならって、アースポイントを揃える、信号系、電源系は分離するということをやりました。

 シールド線、コンデンサー、フェライト等の後付けの対策も大事ですが、基本は、整理整頓だと思います。
 ノイズの原因はどこか、一般に信号、電源、サージといいますが、
 
 それ以外にも、オルタネーター、クランク、ピストン、
 クラッチ、フライホイール、プロペラシャフト、デフ、ドライブシャフト、タイヤ、ローターetc
 金属で回転していれば、多くは帯磁しているので、ノイズの発生原因になっています。

 ここらへんは、再現性あるノイズでしたら、特定のしようがあるのですが、突発的にでてくるやつは、難しいです
 経験がものをいうところなんだと思います。

fc2blog_20170802223749420.jpg

 それで、ここは莫大な経験の蓄積があるエスコートにお願いしていますので、その一部をお見せしますと、
 キックボードを加工して、板金で固定金具をつくって、左のTCUと リレーと電源他を金属壁で
 わけて、収納できるようにしました。

fc2blog_20170802223802018.jpg

 蓋してしまうと、純正とかわりません。といっても、マット開けて比べる人もいないと思います(笑)
 TCU自体、振動に弱い構造なので、加減速コーナリングのG、エンジン、駆動機器の振動、車体の振動考えると、
 きちんと固定する必要があります。

 短時間なら、極端な話、床置きでタイラップ、マジックテープでも良いかもしれませんが、
 経年の半田の割れや、浮き、コネクターの振動を考えるとメーカー同様の対策をすべきだと思います。

 この当時のベンツのECU、がっちりとしたアルミの箱に入って、それを頑丈なアルミ製の金庫にいれて、
 モーターで換気する、固定は特殊工具で差し込み等々を見ると、これぐらい奢っても良いと思います。

 それ以外にも、前輪を浮かせる加速G、300km/hの振動等を前提としているわけですから、
 ターボのロータリーでなくても、これくらいは必要なのかと思います。

 ノイズ一発、高過給時に、インジェクター作動時間が停止すれば、リーンになって、即ブローとまではいかないのでしょうが、
 ギア抜け、ギアダウンになれば、シフトミスによるエンジンのオーバーレブ、
 駆動輪タイヤロックやオーバーステア等にもつながりかねないので、ここは慎重な部分でもあります。
 
2017/08/08

パドルシフト 純正流用加工 ハンドル革まき直し


 まえに 社外パドルシフター の話をしました、みなぐちさんは、純正のステアリングを加工して革巻き直しで、対応してます。



 うーん、

fc2blog_20170802093932236.jpg

 うーん、こう見ると、純正ハンドル加工で、純正パドルシフターのほうが、やっぱりおさまりが格段にいいですね。
 自分のと比べると、なんかこう、社外品の取ってつけた感がなくて、しっくりします。

 純正ステアリングの革巻きと一緒にできますので、おそらく多くのオーナー、722.6にしようとする人は、
 長らくこの車に乗ってきた人で、これからも乗り続けようという方々でしょうから、
 経年劣化でいたんだステアリングの補修とするのも良いと思います。

 ベンツの流用でも、W124のハンドル以外ですと、コンタクトリングや、ハンドルアングルセンサー等のマッチングも
 ありますので、既存のものを修理して使えれるのであれば、それに越したことはないでしょう。

 搭載作業中に、パドル化と革まき直し、一緒にやってしまえば、待ち時間もないですね

 
2017/08/01

憧れのチタンボルト 6AL-4V Titanium Bolt study 2

晴れた空、そよぐ風、
港出船の銅鑼の音たのし 嗚呼 憧れのチタンボルト♪ 

ホイールナット特注につづき、6AL-4Vの転造でチタンボルト製作しました。

 前回は、デフ、ドライブシャフト、プロペラシャフト廻り、ブレーキ廻りの大きいボルト中心でしたが、
 今回は、トランスミッション、足回り、その他補機用のもう少し小さいボルトと
 ナットです。

fc2blog_20170730180949f4d.jpg

 レースグライドとかのオートマのボルト見てますと、
 バルブボディ固定やオイルポンプ固定用のボルト、エンジンとベルハウジング固定も
 みんな6-4チタンを奢ってます

 頭も六角だと、テーパーにしたほうが重量が落とせるので、そうしてます。
 オートバイや自転車だと 良く見かけます。

fc2blog_201707301810033e4.jpg

 ナットもフランジ付、フランジなし、ナイロンロック付を頼みました。
 ナイロンナットは、ディスポーザルなので、高価なチタン製だと使うのに勇気がいります。

 どんどん、床の間モデル化してきます(笑)


2017/07/28

電動ウォーターポンプ プロジェクト3  Electric water pump Project 3

構想 はや10年 実行2年

電動ウォーターポンプ M119の場合は やってみて道半ばですが 正直 大変です。

最初の写真みるとわかると思いますが、
サーペンタインベルトで、ウォーターポンプ、ファン、オルタ、エアポンプ、パワステ、エアコンが駆動されてるので、
ウォーターポンプを外すと、全部やりなおしになります(笑)。

ついでだからというんで、ATIダンパーつけようとか、ツインベルトにしようとするからさらに時間がかかる。

なので、もし”お手軽に中古ベンツをリーズナブルに楽しむ”のであれば、
ラジエターマウントでなくて、2JZみたいなプーリータイプエンジン固定のものを使ってベルトをそのままにするとか、
純正ポンプの中身を加工して、EWPみたいなものを冷却ホースの間におく等がいいのかと思います

リーズナブルに楽しむなんて、中古車雑誌みたいなことばが出てくる段階で
まあ、こんなことする人なんか絶対にいないと思いますが、ご参考まで
難易度高いです エンジン組む方が楽です

さて、メザイアの電動ウォーターポンプ
軽量版もあるとのことだったのですが、あまりに時間がかかるので、
通常版を送ってもらいました。

20170711WATER.jpg

アウトレットは16AN のツイン、フロントカバーにつくWPの孔が2つなのでツインを選びます。

WP362_CUSTREFDATASHEET_0517.jpg

図面を見て、プレートを特注ラジエターのサイドタンクに合せますることになります。


680-pumpgoodies.jpg


現物を見てみると、アルミのインペラーで、モーターのコイルが巨大です。
重量を見ると、約2.7㎏あります。

流量が55ガロン。209L/hですから、これくらいの大きさのモーターが必用なんでしょう
冷却水圧力によって、流量や電流は変化するんですが、要求電流も基本が10Aと大きいです。

製品の説明見ると良いことしかかいてないですが、
セラミックシールのところは、通常のwpより良い素材を使ってるようで、ここから水漏れということはなさそうです。
ハウジングもインペラーもCNCのビレットですから、プラスチック製よりは重いものの丈夫であることは間違いないでしょう

こちらもモーテック得意のPWMで水温、負荷、外気温に合わせてデューティをコントロールして
使うのがよさそうです。

社外電動ポンプは、冬場で外気温が低いときで、水温が低いときであっても、デューティを下げてはいても、
それでも少しはポンプを動かして、水が動く設定です。
外気温で冷やされた低い温度の冷却水がエンジンブロックに入るコールドショックを、防ぐには、
冷却水を一定程度以上の温度にすることが必用です。

でも、サーモスタットレスなので、これが難しい。
理想は、ブロックヒーターでエンジン、冷却水を温めて始動。
外気温に合わせて、電動ファンコントロールか、それでも低い場合には、ラジエターをマスクするという
ことが必用になります。

ここらへん、うまくやらないとストリートカー、ナンバー付には難しいようです。
もちろん、駆動フリクションロス低減のメリットは大きいのは経験上わかっています。

ストリートカーで、難しいのは、外気温が40度超から0度以下と幅のある状況で、
始動から低速、高速、低付加、高負荷と幅のある状況での一定水温のコントロール、
究極には冷却・走行風のコントロールになるんでしょうね
2017/07/21

17ミリ 1/2 20UNF ピッチ 特注 6-4 チタン ホイールボルト ナット、 6Al-4v Titanium 1/2 UNF20 17.0mm  Wheel Nut



リアのハブを製作しまして、12mmでは耐トルク不足なため、クロモリARPのスタッドボルト
1/2inch 12.7mmサイズ
にしました。
そうなると、これまで使っていたホイールナットが使えなくなるので、6-4チタンで特注製作することにしました。

fc2blog_20170717171527c69.jpg

せっかくなのでレーザーで刻印入れます。

fc2blog_20170717171247d81.jpg

 ここから、切削して、上の状態まで仕上げます。
インチサイズのホイールレンチが少ないのと、国産のホイールでは、ホイールのレンチ逃げの外径の制約があるのと
これまで通り、二面幅は17mmのホイールレンチが使えるようにして、貫通、60°テーパーで製作してます。

私専用で自慢して使いたかったのですが、チームエスコートのファイヤー安藤號@ランエボも、
トルクに耐えられなくなって、インチサイズのスタッドにすることになったので、一緒に製作しました。
エスコートのロゴ入りです(笑)。

10月にはこれを装着したランエボといっしょにオーストラリア、シドニーでのタイムアタックに
行ってくる予定です。


ベンツでもSクラスだと14mmにアップしてますとおり、トルクが60Nm超えると、PCD114.3/112では
厳しくなってきます。そのためでしょうか、最近のトヨタレクサスはPCD120㎜ ボルトも14㎜になって来てます。
ここらへん、ポルシェは昔から良く考えていてか、PCDも130mmと大きいです。
もっとも、大昔のVWは5ラグは、もっと大きかった(笑) 

ドラッグレースでも、800馬力とか行くと、1/2 から5/8サイズのスタッドにアップ、6ラグになるから
自然な流れなんでしょう

下のおまけ画像は、

大口径ホイールに薄いタイヤ、スタート時のショックが、タイヤで吸収しずらい状態で、
大トルクを掛けて、スタッドボルトが左右折れたときの映像です。
スローで見ると、片方のホイールのスタッドが折れて、次にLSDか デフロックが効いて もう片方が時間差で
折れる様子がわかります。
タイヤハイトの大きい、ドラッグスリックに15インチだったらこうはならなかったんでしょう



フードが盛り上がっているから、トールインマニでエンジンもやってるんでしょう 数百馬力ってところでしょうか?

なので、みなさん、馬力を出すときには、ドライブシャフトももちろん、スタッドボルトの径、PCDも上げましょう