FC2ブログ
2021/01/11

M119 エンジンのたこ足 (23) エキゾーストマニホールド製作中 ようやく冶具ができました

 だいぶ時間がかかっていると書いたのが、昨年2020年3月、

 インコネルたこ足 角度切りの記事

 昨年のことで、新型コロナウイルス騒動が始まったころでした。

 過去の感染症の事例から、簡単にはいかないことと予想してはいましたが、
 今後さらに、社会が分断される。物理的にも、考え方にしても、情報の扱い方にしても、
 経済状況や健康状況にしても、二極化がすすむことは、自然な流れなんでしょう。

 戦争や 飢饉や 大恐慌、感染症、病気疾病の蔓延が
 貧富の差を増やすことは、歴史が示しています。

 さて、高価なインコネル材を使用したタコ足ですが、
 安価なステンレス製はないの?という質問がありました。

 もっともなご質問だと思います。

 おそらく、少し前の時代だったら、500Eが買えるくらいの値段になるであろう
 高価なインコネル、難加工材ではなく、
 すこしは価格が安い、ステンレス材、加工手間が楽なステンレスというのは 選択枝ではあります。

 しかしながら、現在使用しているえちごやのタコ足、ショート他での経験で学んだことですが、
 フランジボルト、(21)の記事、ボルト角度に注意!にもありますが

 ベンツの独特のV型のスタッドボルトですと、フランジの伸びが上下方向ではなく、前後方向に制限されます。
 排気温度が上がると、フランジや排気管は前後方向中心に 引っ張られます。

 この点、さすが、メーカーは、タイガー戦車以来の経験値からでしょうか、
 純正のエキマニ、とても丈夫な鋳物製ですが、そのため、ステンレスのベローズをつけて、フランジは分割式になっています。

 つまり、前後に伸びることを前提に作っています。

 なので、一体式のタコ足で、これをやらずに製作すると、多くの場合、排気漏れ、フランジひずみが起きるか、
 タコ足が溶接部で割れます。とくに菅長が短くて逃げる余地の少ないタコ足やターボエキマニだとこの傾向は強いです。

 そのため、えちごやの改良版のたこ足は、ベローズになっています。
 
 分割フランジで、ベローズいれて、長い菅であれば、もしかしたら、大丈夫なのかもしれませんが、
 どのみち、型を作って、難易度の高いものをつくるわけであるのと、
 より良いものを作らなければ、製品をもとにした、所詮、コピー品にとどまるわけで、意味がないので、
 あえて、難易度の高いインコネル製でやることにしました。

 もちろん、こういうバカげたことを、受けてくれる技術者がいるおかげです。
 文句を言いながらも、押忍 押忍 の精神で受けてくれる 大倉さんのおかげです。
 あらためて、感謝します。

 
 内燃機関ですから、
 カムと圧縮と排気量をもとに、トルクバンド、出力回転で 排気菅の理論理想長他は決まってきます。

 しかし、それを作る、測定、切り出し、曲げ、溶接等は、多くの場合、まだ人間の手作業ですので、
 これを支えてくれる加工屋さんや 職人さんがいないとできません。

 そうこう言いながら、
 米国なんぞでは、いまやCADデーターの3Dプリンターで、
 アフターマーケットのインコネルヘダーができる時代になってきてます。
 新型スープラのBMエンジンのターボエキマニなんかこれで作ってますね、

 そんな時代に、90年代のベンツのたこ足を作るわけです。

 



 込谷さんの遺作、内倉さん謹製のたこ足を参考に
 ベースの型をつくります。
 まずは、測定。 松本さんから借りてます。このほか、実車をかたどりで送ってあります(笑)
 





 作成途中の型、冶具がこちらです。
 8気筒分の、通称、”ポテトチップス”、”干し柿”が見えます。

 細い曲げが容易な金属棒に、円形の板を多数張り付けて、曲げ角度を調べて、決めるためのものです。

 これで、輪切りパイプの切り出し角度が決まります。







 ポテトチップス、干し柿の、詳細がこちら、
 正確に作業、製作するためのノウハウの結晶です。

 要は、曲げパイプをつなげて、所定の曲げ角を作るのに、目検討、現物合わせだと
 組付け時の修正に時間を要するので、効率がものすごく悪くなることを防ぐための工夫です。

 これがないと、同じものができないどころか、測定して作るべきものと、試作品がことなってきます。

  ワンオフのタコ足で、こういったことを省いて、作業を始めると、結局、帳尻あわせで、
  当初と違うものができるか、修正作業につぐ、修正作業の繰り返し、になってきます。

  また、やり直し、やり直しで、不要な熱、溶接が加わって、金属が劣化してくるわけです。




 ポテトチップス、干し柿を作る過程を紹介した
 雑誌記事なんかないと思いましたから、おそらく初公開かもしれません。

 ステンの板から、パイプ径にあわせて、プレスで板を抜いて”ポテトチップス”、”干し柿”の 具、部品をつくります。

 8気筒分で、曲げ角度が多いから、数も多いです。





 冶具の型、溶接の伸びが加わるのと、車両にあわせた大きさなので、
 結構な大きさ、頑丈なつくりになります。

 ガスケットからもとに、スタッド、ボルト穴位置を決めた、仮のフランジ、この段階ではまだ一体型、
 左右バンク分切り出したところです。



  
2020/12/12

2020 GAFA と BATHに 挟まれて、 古き良き日のメルセデスベンツ W124 500Eを通じて、 内燃機関を思い 馬に乗り、剣を振り、やわらをとる(1)

毎年、12月には 俯瞰して書くように努めています

これからのこと


ドイツ、ダイムラー社では、すでにガソリンエンジンの新規開発は中止したと書いたのが
確か昨年、ハイブリッドに対しての欧州勢の
最後の一矢となった クリーン(笑)ディーゼルエンジンも同様の運命でしょう
今年は、米国の、大統領選後、パリ協定への復帰を表明、

その少し前に、我が国でも、日本では2050年にカーボンニュートラルを宣言。
世界最大の自動車市場となった中国も急激な勢いでEV/HVを加速。
2035年には半減を宣言しました。
内燃機関自動車は、過去のものになる流れであることは間違いないでしょう


big_main10017032_20201101213544000000.jpg



環境問題もそうですが、
電動化のキラーコンテンツ、
切り札としての自動運転には、
“運転する楽しみ“ というのは存在するわけなどなく、

それよりは如何に安全に、快適に、目的地につくか、
となると、アクセルも、ブレーキも、ハンドルもいらない 自動車となるわけです。

先週、北京では、百度が自動運転の試験の免許を取得したとの報道もありました。

制御を考えると、スロットル開度や燃料、点火時期で出力を制御する
出力軸の回転数をトランスミッションで切り替える必要のある内燃機関より、
モーターのほうが、はるかに、適しています。

常時、ソフトウエアや地図、道路情報のアップデートが必要になる自動運転の自動車は、
所有から、利用者の情報提供や広告収入を対価とする無料になるのか、
時間利用の時代になるんでしょう

米国GAFA と中国BATH百度(B)、アリババ(A)、テンセント(T) 華為(H)の争いも、
結局は情報をどちらが取るのか、グーグルなのか、百度なのか、
アップルなのか、華為なのかの国家間の戦いです。

下のまとめ、とてもよく出来ています。(C) 岡べ まさみち
マインドマップというそうです

gafa-vs-bath競争戦略をマインドマップで整理

いまだに近くて遠いと言われる国、
中国で暮らしていた経験からすると、
情報は 国家、が管理して利用、

もしくは国家と比類、いや凌駕するような巨大企業が、
目先の利便、快楽、お得、自己顕示欲、交流情報欲を餌に、
大衆、国民から、集約した情報を、
それに対価を払う、第三者が利用します。

日本でもそうでしょう 
GOOGLEや FACEBOOKでの情報は、程度の差こそあれ、
お金払って、第三者が利用してます。 国が利用するのか、お金払って誰かが利用するかの
違いです。


すなわち、誰が何を、どこで、どんなタイミングで買ったのか、どういう趣味、嗜好なのか、
生年月日や生まれ、趣味や嗜好、宗教、政治背景、
資産、負債や収入、キャッシュフローはどうなのか、親族、血族、社会的信用、
学歴や勤務先、交友関係等、
健康状態や医療費の状況、保険利用状況、医薬品利用状況なども

どうなのかは、もう、すでに事細かに、把握されて利用、推測されています。

これが、経済価値を持つ情報で、
そのツールであるのは、今は、たとえば携帯電話、スマートフォンですが、
昔のスーパーコンピューターレベルの
このツールは、GPSやカメラ、マイク、加速度等の各種センサーがついて、
自動車にもつながりますし、
家電にもつながります。ウエアラブルの時計やヘルスケア機器にもつながります。

それらの情報は、利用する側からするとすごく価値のあるものがあり、
たとえば、高額な家、不動産、マンションを買おうとしている人の絞り込み、
コンタクトするタイミング、方法、
どんな趣味なのか、どんな要求、嗜好、行動パターンなのかは、すごく大事
価値のある情報になります。

どんなセールス、男女、年齢が好みかとか、出身地、
服装が何がいいかとか、話題なにがいいかまで
情報をもとに人工知能はアドバイスしてくれます

rectangle_large_type_2_36f4c8cd55438d974345acad066b87ae.png


今、お話している、我々の自動車でも、これは同じで、

たとえばね、かみ砕いていえば、

車を買い替えるチャンス、
車検のタイミングだけでなく、
このブログの読者でいえば、タイヤ交換の時期、オイル交換の時期、ブレーキパッドの摩耗度、
外部機器と接続されれば、最適タイミングで、連絡、ダイレクトメールが来るようになります

下手すれば、高額な部品注文すると、修理あきらめて買い替えるだろうと
人工知能は予測するから、
他の類似部品のアフリエイト情報や宣伝だけでなく、

新車購入案内や、お金に困るだろうとおもって、ローンや
高価買取の案内が来ることになるでしょう
(もう来てるかもしれません)

もっといえば、
ダイアグノーシスとつながっていれば、O2センサーがおかしいから替えろとか、部品、買いませんかとか、

水温センサーがぼけてるとか、エンジンマウントが経たってるとか、タイミングチェーンが伸びてる、点火時期が
ずれてる、しまいには、カーボンルーフなんか、つけてるとフルコンにしませんかという案内がきたり、
チタンボルトの宣伝が出たり、

エンジンマウントが経たっててると、旧式デスビに湿気がたまってるような人が多いから、
なんてのも わかって、こういう人は、お金を使う人なのか、使わない人なのかを見極めて、
スクリーニングされたうえで、
通信、ダイレクトメールが北村さんから来るようになるかもしれません(笑)。


タイミングチェーンやエンジンマウント、タイヤみたいに、センサー類で直接、
つながってなくても
同年式、走行距離、地域による使用方法、世界中でのオーダー履歴で、その精度は数段上がります

メカニックが、症例数や経験値で替えていたのが、データーで推測されるようになります。

加えて、収入が少ない人には無駄になるので費用をかけてまで情報を送らないけど、
資産がある、高収入で過去の買い物経歴で
買うであろうという人には積極的に情報、メール、SNSやポップアップ広告がパッシブに来る。

航空券やホテルなんか、もうすでにそうですよね、
ビジネスやファーストクラス利用の顧客、エメラルドやダイヤモンドステータスの人には、
そういう案内が来るし、宿の広告も 五つ星や海外投資案内ばっかです

仕事中でなくて、余裕がありそうな時間に、出てくる等が起きるようになります。
ネットサーフィン(死語)してる時間に飛んでくる。

これらのツールは、スマートフォン、PCが第一でしょうが、
クレジットカードの購買履歴、食事の店、料理の履歴、駐車場の履歴、
GPSでの場所、誰とどれくらい、どこにいたかの情報としては、自動車は、とても有用です。

走る場所、時間、アクセル開度から加減速のG、レスポンスタイムまで見るようになります。

だから、その情報くれるのであれば、もう、車両はタダでも良い、そうなると予言してるコンサルもいます。

もうすこし、このブログの読者向けに、砕いていうと、
自動車ディーラーで、クレーム処理をしてメーカーに請求する、
その内、一定数は不必要なものだったり、適用外のものがあっても、メーカー負担になります。
(そういう営業接客してるディーラーも確かにいました)

ディーラーとしては、メーカーが工賃も払ってくれるなら、客に文句言われないで済むし、
客も嬉しいから、クレームにする。

それも、全世界的に情報、頻度をマクロで集約できれば、
この請求は「おかしい」ので、問い合わせ確認させようとか、
前後の走行情報やほかの事例で
不正(笑)もとい、不適切請求も防げます。

そういう世の中になるんでしょう


ce909e81f851f8394a89d9ffc58b3727-300x192.jpg

これを例えて、昔の中国の開放式のトイレ、個室でないトイレ、ニーハオトイレに例えて
ニーハオトイレで用を足すという人がいます。

フェースブックなんかそうですよね、
娯楽、余暇、趣味と自己アピールのために、情報にアクセスする、
投稿する、共有する、意見を表明する、見るだけでもそうです

結果として、それらの情報が、分析、精製されて、
丸裸になっている


他人、公衆の面前で排泄をする、昔の中国にあった開放式の
ニーハオトイレで用をたす、ことになってるわけです

私も利用している便利な、グーグル検索もそうですし。
アマゾンの買い物履歴もそう、アップルのアイフォン、位置情報もそうです

わかりきったことですが、もう、そんな時代になってます。

つづく、馬、剣 やわら は 次回(笑)

つづく
2020/11/11

チタンボルトシリーズ (笑) 何回目か!

 チタンボルト、
 自分が使うために、ボルト、ナット、他 5mm刻みで M5-M12、M14 細目、並目でそろえて、
 おそらく日本で一番在庫を持っている 私!

 伝染するようで、えちごやの皆口さんも 高価ではありますが、効果を感じていただき、
 使ってます
 
そんな、チタンボルトシリーズ(笑)

 メリット理屈からいいますと、6-4チタンであれば、クロモリ同等、重量半分ですので、
 軽量化になります。

 加えて、熱による伸びがない、セラミックやガラス並の伸張なので、ボルト伸びがない
 腐食に強い

 デメリットでいうと、高価、齧りやすい などです

 回転部やばね下の有効はもちろんですが、
 トルク変動で動くエンジン、特にエンジンマウントで振動を吸収するタイプのメルセデスでは、
 その効果を感じやすいです。

 そんなわけで、お馬鹿さん使用 2020 (サクラム 宇野さん風)

 fc2blog_20201116113510af6.jpg

 ロアアーム類、マルチリンクの連結ボルト、キャリパーボルト、
 チタンになってます。


fc2blog_20201116113505b49.jpg

 エンジンルームがこれ、
 補器類のボルトはほぼチタンです。テンショナープーリーも削り出しチタンで、高精度ベアリングです。
 プーリーはジュラルミンのビレットで軽量穴
 パワステブラケットも軽量化で穴あけ、
 エアポンプレスのプーリーも切断して、穴あけで、固定ボルトもチタンです



fc2blog_2020111611350992c.jpg


 なんだかんだで、ここまで変えたそうです

 重量で約20キロ、半分になれば10キロ軽量です。
 ばね下、回転部の10キロですから効果は大きいでしょう 私はまだ試乗できてませんが、
 電話で すごく自慢されましたので、 よほどの結果だったんでしょう

fc2blog_20201116113508d9e.jpg

 いらないブラケットも外したり、プロペラシャフトのダンパー固定のねじもチタンにしたそうです。
 ここ、でかいボルトナットだから、高価あるでしょうね!

fc2blog_20201116113548c2a.jpg

 大きいボルトナットは、値段が高いですが、軽量化の効果は稼げます。
 ブレーキ周りは、特に伸びがないので、ブレーキ踏んだだけで、わかるとのことでした。

 バイクのキャリパー、ブレーキ周りをチタンボルトにすると、レバー握れば、わかるんですが、
 乗用車でも、それに近いということでしょう

 帰国時に試乗させてもらいたいです

 これ、ボルト交換だけで作業すると工賃がかさみますから、ついでの作業をおすすめします。

 純正ホイールボルトも再製作しましたので、よろしく!

チタン ホイールボルト
2020/10/29

W124 500E モーテック化の相談 (2) 4気筒と6気筒 M102、M103、M104について

先にクランクピックとカムポジションセンサーのことを
書こうと思ってましたが、
ひとまず、言いたいことは、ここに ほぼ書いてあるので、
先に過去記事、これを読んでいただくことにして、
モーテックのクランクピックアップ Clank pic up study again
モーテック クランクピックアップ 2 Motec Clank Pick up UP GRADE 2
お問い合わせ、相談の多い、4気筒、6気筒のフルコンのことを書きます。
フルコンの専門家でもない私に聞いても仕方ないと思いますが、
まあお悩みの事情は、わかります。 うん、よくわかります。
 部品が もう でないんですよ‼


SJ北村さんからも、よく聞く話、毎月のように聞くお話ですが、
もう、この時代のベンツの部品、高騰しているだけでなく、 欠品が中心です。
たとえば、良く壊れるので有名な
6気筒、M104の電子スロットルも モデルによっては、すでに欠品,
生産中止だそうです。
M119も前期は製造中止。まもなく後期もそうなるでしょう
こりゃもう、「乗るな!」ということなんでしょう
おそらく、物理的に半導体部品の供給がないのか、
ボッシュも古い部品の製造をやめたかのどちらかでしょうけど
製造から30年もたって、部品が出るほうがおかしいです。これまでのベンツ社の努力に感謝します。
いずれにせよ、乗るためには、スロットルを機械化するか、社外の電子スロットルをつけるしかないです。
そのためには、社外のコンピュータをつける必要が出てくる、つまりフルコン化です。
(すっげー気合入ってる人だったら、キャブレター化もありでしょう、純正シーケンシャル(笑)です)
さて、当地、バンコクで、いつも食事をごちそうしてくれるベンツマニアのSPOONSEK さん
こちらでは、4気筒、6気筒が主流のためか、また中古車の価値が、下がらないためか、
フルコン化の需要が多いそうです。
お値段もお安めのハルテックが中心です。なんとハーネスまで込みですよ お客さん!
性格が私と似ている粘着気質のためか、アスペルガー気質なのか、
あーでもない、こーでもないと ものすごく掘り下げて
いろいろ、工夫しています。
ただし、私よりユーザーフレンドリーです。
敬虔な仏教徒、徴兵制のある ほほえみの国 タイのお育ちの良いエリートですから、
どこかの 東洋人みたいに、
ワンオフで自分だけ部品作って、いいだろー! できるもんならやってみなー へっへー
みたいな、スネ夫張りの 性格の悪いことは
考えてないようです。
加えて、仕事は私より確実に速いです
自分の夢を、次々と製品化してます(売れないと思うけど)
すばらしいことです。
さて、その ひとつが、M103のクランクピックアップ 6気筒用
純正ハブとダンパーにジュラルミンのプーリーで、そこにクランクピックつけてます。
重量ももちろん軽いです。
さすが、良い仕事してますね




重量も 当然に純正の鉄プーリーより軽量、約半分
ピックアップいれても約85%の重量に抑えてます。
私も経験してますが、回転部の重量ですから、効果大です




それで、こちらがM102 8v用 4気筒
kジェトロ廃して、写真にでてないけど
インジェクターのデリバリー(サーブ4気筒の流用だそうですよ)、アダプターつけて
本田のインジェクター使って、安価に仕上げたそうです。
スロットルは、KEのわけのわからない、吸気抵抗の塊のダイアフラムをやめて、バタフライ式スロットル。
だそうです。 これにターボつければ、良い車ができるでしょうね、
重量バランスもよいし、 エンジンルーム内の余裕もあるので、魅力的な話です。




で、インスタグラムやフェースブック通じての、問い合わせが、多いらしいのですが、
みんな多くは  ‘HOW MUCH? いくら? 幾多銭? 多少銭? เท่าไหร่ คะ?
もう、値段のことばっかだそうです
さすがのほほえみの国の好青年も辟易のようです。
こういうものは、労力考えれば、値段簡単にきけるもんじゃないと思います。
できたら教えてくれ、カネは振り込むから送ってくれ! が良い作法だと思います
あと、こういうところに、海外航空便送料を聞くのも野暮、
そんなもん、重量と大きさから、想像して、自分で調べろ!
と性格の悪い人だったらいうと思います。
2020/10/10

500E モーテック化の相談

大阪のTさんのフルコン化紹介の記事

自動車が主要な産業の日本で、

こんな”ど”中古外車のブログ

しかも、ウルトラマニアックな内容です。

普通の常識人なら、
内容も、金額も、時間も、
ほとんどわからない、理解不能なんじゃないかと思うブログ、

果たして、見ている人、何人いるのかわかりませんが、
少なくとも数人+αは見ているようで、そんな方から質問がありました。

毎度、わからないのですが、けっこうお問い合わせをいただきます。
(同好の士からの、連絡は、うれしいことで、ありますよ)

かの、えちごや や あの、エスコートの敷居の高さはわかります、
また、AVOは業者向けのためなのか、
SNSで聞くことのほうが容易だからなの理由は、わかりません。

とっつきずらいであろう、こんなブログの筆者に、
真摯なお問い合わせをいただいますので、場合によっては、まとめて、ここに記載することにします。

また、個別のご回答より、他の方にも共有してもらうほうが良いと思うので、
今回はここに記載します。

500Eの場合 (私は、前世代のM800です )

 
 私がつかってるのはこれ、最近 AVOで装着した、500Eは、M1でみんな動かしてます

V8ですから、これをシーケンシャル、各気筒別で噴射燃料をコントロールしたいなら
処理速度がある程度上のコンピューターが必要になります。

(純正ECU、LHモデルなら、グループ制御ですし、シーケンシャルはMEになってからです)

それで、私のフルコンの仕様はといいますと、
エンジン制御、つまり燃料噴射、点火時期のコントロールを行っています。
(物理的には、電子スロットル制御も、カム遅角、進角も、もちろん可能です)

ツインラムダ、左右バンクにO2センサーを置いて、気筒別燃料制御のシーケンシャル制御です。

つまり、既存のEZLやLH,GMは残したままで、エンジンだけ、モーテックで制御する
いわゆる「二階建て」
燃料噴射と点火時期だけをフルコンが
各気筒別にコントロールして、燃料の増減、点火時期の進角等をコントロールして、
純正のLH,EZLは直接の燃料、点火制御はしていません。

なので、電動スロットルやASR、ABSやクルーズコントロールはそれがきちんと生きている限り
作動します。

吸気カムの切り替えは、純正の油圧式ソレノイドで、制御しています。

すなわち、純正機構をつかってのON/OFF、油圧ソレノイドによる制御で遅角、進角、遅角です。これは変わりません。

エアフロは、
私の場合、純正エアフロ残して、電圧だけ測定して計測して、メーターに表示させていますが、
吸入空気量での制御はしていない、
けだし、Dジェトロ、回転とアクセル開度だけです。

経験上、32ビットのCPの制御速度ですと、
エンジン回転とアクセル開度、それにO2センサーのフィードバックがあれば、
エアフロの制御は必要ないです。それくらい賢いです。

燃料が濃ければ絞りますし、薄ければ増量、次のその気筒の爆発までに調整できる演算処理速度です。

あと、
機械式722.3ATの場合には、変速時のショック軽減のために、点火時期の遅角信号がATからEZLに入ります。
(経験上、きちんとATを組んであれば、たとえ遅角しなくても、注意しないとわからないレベルだと思います。)

モーテックでこれをするにはOLスイッチから、遅角信号を貰って、遅角させます。
電子式722.6でしたら、電子的にギアがどこにあるかの信号がでるので、
ギアがかわったときにATコントローラーから
ギアポジションから、遅角信号を拾うようにすれば、これも可能です。
遅角だけでなく、失火のアンチラグや燃料カットもやろうと思えば、できます。

というのが、質問の回答その1

再度、まとめると、

純正+モーテックの
二階建てで、モーテックでエンジンの主要部分のコントロールをする、
という仕組みです。

なので、くどいですが、クルーズコントロールも、ABSもASRも
ASRのカットオフも動きます。


もちろん、さらに工夫を進めれば、純正コンピューターを全部なくして、
スタンドアローンで、社外ABSの利用もできますし、

純正電子スロットルをやめて、
汎用電子スロットルを使うこと、それによるASR制御も可能です。

さらには、MPDで、リレー類を全廃することも、当然に できます。

クランク角センサー、カムポジションセンサー(気筒別センサー)について は長くなるので次回




 こちらがM1 コネクターはMILスペック