2018/05/24

ウォーターポンプ比較 M119 と M117 Water Pump Comparison M119 and M117.

先に書きました記事で、M119は、M116、M117の発展系ということを書きました。
この中で、ウォーターポンプ廻りが基本的にいっしょ, 大きな変化はない とかきましたが、
正確には異なりますので 誤解のないように、整理して記載します。


fc2blog_20180518195356e9f.jpg

 こちらが、117のWP LASO製 社外品のため正確な比較はできませんが、
 インペラーの径は75mm インペラーの底の形状も鋳物肌が見えて凸凹してます。

fc2blog_20180518195353933.jpg

 対して、改良版のM119は純正品、インペラー底の形状も底は機械切削してあり、平面です。
 インペラーの径は80mmと 5mm大きくなっています。

 インペラー単体でみると、
 M117のインペラは116-201-0207。 M119は119-201-0007です。
 ので、別品番であるのがわかります。
 (ポンプのシャフト径自体は一所みたいですから、流用が効くかもしれません)

 また、WPガスケット自体も、M117は117-201-0480。 M119は119-201-0380 と異なります。

 純正とLASOの差なので 一概に比較できませんが、鋳肌や切削痕の仕上がりみてると、
 純正品のほうが やはり良さそうではあります。

 
2018/05/20

チタンボルト 整理棚 Storage Boxes for Titanium Bolt. 

20180515小物整理箱

チタン道楽が すすむと、だんだんに
六角ボルト、六角穴付きボルト、六角穴付きテーパーボルト、12角スモールヘッドボルトに
ナットだ、ワッシャーだ、スプリングワッシャーだ、ナイロンロックだと いろいろ欲しくなります。
作業途中で、(効率を考えて) 手が止まるのが嫌とかいいだすと、
相応の在庫、種類も必用になってきます。

M 6  並目
M 8  細目 並目
M10  細目 並目
M12  細目 並目
M14  細目

これを20mmから5mmきざみで60mmまでそろえるとすると
 10種類 つまり10個の小箱 太さ5種類 で 5x10で 50個の小箱
 (乗用車だとM14とかは、ほとんどないけど)

各サイズ細目、並目ピッチの都合8種類が加わると 400小箱が いることになります。

あまり使わない、サイズは、区切って使うにしても、
ボルト、ナット、ワッシャー類が加わると、
最低150箱位はいるバンラックボックスを買わないといけません。
つまり 75箱の棚で2つは、いることになります。

エスコートの戸田で見かけた アールズのホースエンドが収納されてる バンラック、

値段 調べたら、 恐ろしく高くて まじ、驚きました。

なんか 妙に悔しいので、香港の家にもどったあと、
ダブルナンバーの乗用車で国境超えて、お隣の広東省の工場にいって買ってきました。

そのまま、もってかえろうかとおもったけど、
パレット単位 最低10個でないと売ってくれないっていうので、しかたなく、届けてもらいました

20180501荷姿

これがアパートの地下に届いたパレットです(笑) ビニールぐるぐる巻きの梱包を解いて小分けしました。
アパートのガードマンは、驚き、私も これ見たとき、一瞬途方にくれました。

幸い、JALマイレージクラブのエメラルド会員なので、
ビジネスクラスだと4個まで サイズは縦横幅合計で 200センチまで無料(笑)
3分割で運びました、さすがに一人では使いきらないので、
SJに1個、エスコートにも多量のボルトナットの保管用で送りました。

fc2blog_20180516233432973.jpg

  ラップのビニールほどいた 段ボール梱包のまま持ってきたので、カウンターで養生梱包してます。

  ビーチサンダルと リゾートカジュアル風な格好なので、やもすると、地元の配送業者の中高年アルバイトと
  間違われそうですが、

  実は、ラフな ドレスダウンを装った、
  おフランス製 高級ブランド パリは サンノーレ1番地の メゾン エルメスのTシャツ(ウソ)に 
  イタリーは ミラノの ドルガバの短パンです (大ウソ)

  ワンポイントの赤いウエストベルトに見えるのは、荷物をくくるので持ってきた、荷台ゴムフックです(笑)

  キャセイ航空のカウンターの人も 笑い堪えつつ 困ってます(汗)

  その節は、大変ご迷惑をおかけしました。

20180511JAL.jpg

  羽田空港到着後、あまりに大きいのに見かねたJALのグラウンドアテンダントの
  髪の毛をビシッと まとめた容姿端麗なお姉さんが
  ありがたくも、カートで運搬を手伝って運んでくれました。

  御礼に 缶コーヒーを渡そうとしましたが、なぜか、丁寧に お断りされました。
 
  なんか、一秒でも早く持ち場に帰りたい様子でしたので、無理強いはしませんでしたが、
  きっと すごく 忙しかったんだと思います。

  こちらでも、ご迷惑をおかけしました。次回も、またJALを使わせていただきます。

  自分の工場にも在庫整理で必用なのと、まわりの方にお譲りしたので、
  おかげさまで、あっというまに10個さばけました。

  整備の基本は 掃除と 整理整頓から といいますが、これで、私のへたっぴな整備能力も少しはあがるでしょう
2018/05/15

ブルガリアのM119 w124 2 Съединението прави силата

こちらが Kangaroos Team の ターボ用エキマニ 左バンク フランジ見るとT04でしょうか?
普段、巨大なタービンばかり見ているからでしょうか、ふたつのT04”小さい” ようにみえますが

”Съединението прави силата” きっと 団結が強さを産みだすのでしょう



1気筒2ポート、片側8排気ポートの複雑なブランチを綺麗にまとめて、4-2 でまとめています。
集合の順番は この写真だと わかりません。5-6 と 7-8
270°で集合しているそうです(右バンクは1-3、2-4だそうです)

26993635_215176442385727_556684197056143328_n.jpg

 エキマニの製作途中の写真、モックのM119にタービン位置から決めて位置だしして、製作してます。
カムカバー塗装してありますから、前期のM!119です。
お話しを聞くと、これからステップアップしていくようで、過給も まだ2psi(0.14kg/cm2)程度だそうです


26239870_210790642824307_4451730104546765045_n.jpg

 こちらが、前回説明した、加工インマニ、純正のインマニ切断して、トランペットでファンネル造って、
 サージタンクの中に生やして、シングルのスロットル仕様にする途中でしょう。
 私と違って、ブロック、バンク間の水通路は残してあります。
 なので、純正のウォーターポンプが使えるはずです。

 うまく残して、押さえるところを押さえています。


30763010_242916969611674_6296012285991190528_n.jpg

こちら、おまけのマニュアルミッション用のクラッチ240ミリ ダンパーなしと マニュアルミッション用のアダプタープレート、
フライホイールです。

28058975_222389161664455_6472994391904495849_n.jpg

 これにカバーがついて、ツインプレートにするのでしょうか?
 フライホイールにはまだリングギアが入っていませんので、これから追加工するんでしょう

 リングギアでのクランク角センサーなのか、プーリーからなのかはこれからだけではわかりません。

 今後の発展に期待しています
2018/05/11

ブルガリアのM119 ツインターボ W124

 ブルガリアの首都ソフィアでの W124 クーペ M119のツインターボです

 以前は、クーペにM119を搭載して、シングルターボで動かしていましたが、
 今回、さらにステップアップして戦闘力をあげた模様です。



 写真では、バルクヘッド位置こそ変えていませんが、左右ストラットからバルクヘッドに繋がるメタルシート隔壁は
スペースの都合からか取り払われ、パイプでロールケージとつながり、ストラットタワーに固定されています。

サスペンションは、ハンドル切り角を増やすためにロアアームを製作延長してあり、
そのためか、フロントはスーパーワイドトレッド、ストラットコイルオーバーだけにしたようです。

小さ目のタービンが二つ、左右バンクからヘッダーで繋がり、2in 1の小さ目のインタークーラー、
往年のロールスロイスのパルテノングリル風アッパータンクから、インマニへとつながります。

THE Kangaroo Team


別の写真見てみますと、純正270°ターンのインマニの合せ部のゴムが過給に耐えられないためか、
あまりに効率が悪いためか、純正のuターンランナーを切断して、
トランペット状のファンネル8本でインテークタンクを製作して対応しているようです。

みなさん、苦労するところは一所です(笑)

ドリ車なので、ボンネットからエキゾーストとウェイストゲートのバイパスは上に、
2個のブローオフバルブが左右に鎮座して、シンメトリーさが格好いいです。

独立点火にしてあって、クランクピックアップなんでしょう、デスビは左右ともなく、ここにクランク角センサーも
ついてません。

ラジエターのウォーターエアセパレータータンクは、純正のバッテリー位置、助手席側前にありますが、
ラジエターは後ろトランクでしょうか?
インタークーラー下に見えるのは左右オイルクーラーでしょうか?

26993830_216248818945156_7114437052151964136_n.jpg

こちらの写真はエンジン単体とエキマニ、タービンだけですが、
どこかで見たことがあるようだと思ったら、ザウバーメルセデスのポスターでした(笑)

馬力でいうと、小さいタービンですから、ザウバー同様、700~800馬力位でしょうか?
インタークーラーのコアが、国産タイプに見慣れたものからすると、チューブ部分が大きい、インナーフィン?なのか、
ちょっとサイズが小さい気がします。

下に見える3つのコア、オイルクーラー2つかでしょうか?

26731732_212153316021373_3977919661603005998_n.jpg
 エキマニは、内製のようで、チームカンガルーのロゴが刻んでプレート化されてます。
ステンシル風のレーザーカットはカッコいいですね

 西欧で使われてたW124は旧くなってから、東欧や旧CiS ロシアや、中近東に輸出されたようで、
当地では、いままでの日本やアメリカ、欧州とは違った思い切りの良いモディファイ、大改造がされています。

 我々も負けてはいられないと思います。
2018/05/05

チタン 12角スモールヘッドナット 6-4 Titanium Nut triple square small head

K氏に影響されて、私も 6-4チタンナットを新しく製作しました。
通常の6角ナット、
ナイロンロックナット、メタルロックナット、穴あきワイヤーロック用等は、すでに製作したので、
今回は省スペース、軽量の12角フランジナット、スモールヘッドです。
ご存じのように、ボルト、ナット類は、インチ、メートル以外にも、
それぞれの国の工業基準、
JIS 日本工業規格だったり、ASME だったり、BSWだったりで結構多岐にわたります。
実際、自動車用で、現行車の置き換えに使おうとすると、ドイツ車と国産車では
違いますし、ナットでも六角ナットとフランジ付ナットで二面幅が違う等があります。
今回は、省スペース、軽量が目的なので、
頭はできるだけ小さく、軽くなるように規格外で企画しました。
fc2blog_20180502184535b64.jpg
こちらはM8、
JIS M8フランジナットは、二面幅が12mm、同六角ナットだと同13mmですが、

これを二面幅10mmで製作しました。
JISのM8 二面幅12mmフランジナットとの比較です。
fc2blog_20180502184555fae.jpg
M12フランジナットは、同じく二面幅が、19mm ですが、
これを二面幅12mmで製作しました。 1.25と1.5の細目ピッチです。
ボルト穴から片側1mmですので物凄く薄いです。

M12でJISの二面幅19ミリのナットと比べると小ささ際立ちます。
オートバイのアクスルシャフトのナットなんかこんな感じで追い込んだサイズですね
アメ車のV8ヘッダーの固定なんかは、サイズ的にもギリギリなので、このように追い込んでます。
ボルト頭サイズがボルト二面幅と一緒か+ワンサイズです。
そうでないとタコ足が装着できない位、排気管の太さ、フランジのスペースを追い込んであるという事情もそうでしょうし、
ショーモデルや、オートバイのレース用なんかだと、良く使われている方法です。
頭を小さくする、素材をスチールから、チタンにする、こういうことの積み重ねで、
1g、一円玉で100万円を貯める作業をしています
ちなみに、ベンツ、W124でも、ボンネットのヒンジの取り付けは、さりげなく、スモールヘッドのボルトが使ってあったりして、
萌ポイントであったりします(笑)。
M8ですと、たとえば、エンジンルーム、ボンネット開けたときに見えるストラットマウントの3か所のナット、
純正ですとユニクロ仕上げの六角ナットとワッシャーで留めてありますので、
ここを換えてチタン12角のスモールヘッド仕様にします。
こうなると、ショックのアッパーを止めているボルトや、周りのボルト類も、チタンにしたくなります(笑)。
今、書いていて、今思い出したのですが、
昔、カーボーイのチューニングパワーズでMCをしていたときに、
何話そうかなと思って、展示車を事前に細かく見る機会がありました。
もう10年以上前の話ですが、展示されてる車、とうぜん、とても良くて来ている車ばかりなのですが、
フェンダーの固定ボルトが、結構の確率で、ステンレスのキャップボルトだったり、
六角穴付ボタンボルトにしてありました。
アピールポイントのボンネット開けたときに見えるように、チューナーがディテールにこだわったんでしょう。
その中で、特に覚えているのが、
松戸の廣野さん(板前サニーだったり、KP61 4AG で昔有名でした(笑))の32GTR、
ツインターボを取り払って、ボアアップ、NAにして手曲げタコ足仕様、アクリルウインドウまでして、
軽量化してる車がありましたが、地味だなと思っていたら、
ははは、エンジンルーム、ボンネット空けてみると、フェンダー固定ボルトがチタンになってました(笑)
今思うに、私の自動車人生に影響を与えている人の一人だと思います。
帰国したら、チタンボルトのお土産を持って、松戸、むさしのにいってこようと思います。