FC2ブログ
2020/10/10

500E モーテック化の相談

大阪のTさんのフルコン化紹介の記事

自動車が主要な産業の日本で、

こんな”ど”中古外車のブログ

しかも、ウルトラマニアックな内容です。

普通の常識人なら、
内容も、金額も、時間も、
ほとんどわからない、理解不能なんじゃないかと思うブログ、

果たして、見ている人、何人いるのかわかりませんが、
少なくとも数人+αは見ているようで、そんな方から質問がありました。

毎度、わからないのですが、けっこうお問い合わせをいただきます。
(同好の士からの、連絡は、うれしいことで、ありますよ)

かの、えちごや や あの、エスコートの敷居の高さはわかります、
また、AVOは業者向けのためなのか、
SNSで聞くことのほうが容易だからなの理由は、わかりません。

とっつきずらいであろう、こんなブログの筆者に、
真摯なお問い合わせをいただいますので、場合によっては、まとめて、ここに記載することにします。

また、個別のご回答より、他の方にも共有してもらうほうが良いと思うので、
今回はここに記載します。

500Eの場合 (私は、前世代のM800です )

 
 私がつかってるのはこれ、最近 AVOで装着した、500Eは、M1でみんな動かしてます

V8ですから、これをシーケンシャル、各気筒別で噴射燃料をコントロールしたいなら
処理速度がある程度上のコンピューターが必要になります。

(純正ECU、LHモデルなら、グループ制御ですし、シーケンシャルはMEになってからです)

それで、私のフルコンの仕様はといいますと、
エンジン制御、つまり燃料噴射、点火時期のコントロールを行っています。
(物理的には、電子スロットル制御も、カム遅角、進角も、もちろん可能です)

ツインラムダ、左右バンクにO2センサーを置いて、気筒別燃料制御のシーケンシャル制御です。

つまり、既存のEZLやLH,GMは残したままで、エンジンだけ、モーテックで制御する
いわゆる「二階建て」
燃料噴射と点火時期だけをフルコンが
各気筒別にコントロールして、燃料の増減、点火時期の進角等をコントロールして、
純正のLH,EZLは直接の燃料、点火制御はしていません。

なので、電動スロットルやASR、ABSやクルーズコントロールはそれがきちんと生きている限り
作動します。

吸気カムの切り替えは、純正の油圧式ソレノイドで、制御しています。

すなわち、純正機構をつかってのON/OFF、油圧ソレノイドによる制御で遅角、進角、遅角です。これは変わりません。

エアフロは、
私の場合、純正エアフロ残して、電圧だけ測定して計測して、メーターに表示させていますが、
吸入空気量での制御はしていない、
けだし、Dジェトロ、回転とアクセル開度だけです。

経験上、32ビットのCPの制御速度ですと、
エンジン回転とアクセル開度、それにO2センサーのフィードバックがあれば、
エアフロの制御は必要ないです。それくらい賢いです。

燃料が濃ければ絞りますし、薄ければ増量、次のその気筒の爆発までに調整できる演算処理速度です。

あと、
機械式722.3ATの場合には、変速時のショック軽減のために、点火時期の遅角信号がATからEZLに入ります。
(経験上、きちんとATを組んであれば、たとえ遅角しなくても、注意しないとわからないレベルだと思います。)

モーテックでこれをするにはOLスイッチから、遅角信号を貰って、遅角させます。
電子式722.6でしたら、電子的にギアがどこにあるかの信号がでるので、
ギアがかわったときにATコントローラーから
ギアポジションから、遅角信号を拾うようにすれば、これも可能です。
遅角だけでなく、失火のアンチラグや燃料カットもやろうと思えば、できます。

というのが、質問の回答その1

再度、まとめると、

純正+モーテックの
二階建てで、モーテックでエンジンの主要部分のコントロールをする、
という仕組みです。

なので、くどいですが、クルーズコントロールも、ABSもASRも
ASRのカットオフも動きます。


もちろん、さらに工夫を進めれば、純正コンピューターを全部なくして、
スタンドアローンで、社外ABSの利用もできますし、

純正電子スロットルをやめて、
汎用電子スロットルを使うこと、それによるASR制御も可能です。

さらには、MPDで、リレー類を全廃することも、当然に できます。

クランク角センサー、カムポジションセンサー(気筒別センサー)について は長くなるので次回




 こちらがM1 コネクターはMILスペック
関連記事

コメント

非公開コメント