FC2ブログ
2020/06/06

M102 2.3-16 のビレットインマニ タイ製

 バンコクでの生活も、2か月を過ぎますが、
 コロナウイルスの影響で戒厳令、夜間外出禁止です。

 当地でも、オタクつながりで、ベンツをいじっている友人のところに
 行ってきました。

 前にも書いたと思いますが、工作機械の値段が日本より、はるかに安いのと。
 補助金と政策投資優遇で、5軸NCがそこらの工場でも普通においてあり、
 その少し前のモデルですと、修理工場レベルのところにも、一応囲っておいてあります。

 そういう環境ですから、こちらでいうとシャシダイナモ くらいのイメージです

 それに三次元測定機も普及してますから、なので、こんなものつくる輩がでてくるわけです

 全部削りだしではなく、板金と溶接で繋げてますが、良い出来です








 こんなもの売れるわけないと思うけど、自分のためにつくったそうです。
 そもそも、タイには、2.3-16や2.5-16は輸入してないです(笑)

 何台かあることにはあるようですが、エンジン単体で部品輸入したり、非合法輸入です。
 でも、これをいじりたいんだそうです。別のエンジンにはBMWのフォーミュラーから外したスライドバルブが
 ついてました。

 私も載ってましたが、なんの魅力もないエンジンで、
 自分じゃまともなエンジンつくれないベンツがコスワースにヘッドを外注してつくったエンジン。

 そのためか、いすゞのG160とかG180みたいな雰囲気のもっさりしたエンジンです。
 BMWのM3の名機、レース譲りの4気筒とは生い立ちからして違うし、性能も違います。

 でも、これをいじりたいんだそうです。






 独立スロットルにしたら、トルクの谷が目立ったので、吸気管長を伸ばして、純正の吸気抵抗の塊のフラップ式の
 Kジェトロを取っ払って、シングルスロットルで仕上げてあります。

 独立タイプのスロットルだと、インジェクター角度が良くない、バルブ傘にあたらないので
 純正位置に溶接してつけてます。





 サージタンク内に、ファンネルつける最近のモデルのような使用、吸気管はアルミの曲げで溶接でしょうか?
 恰好の良いカールファンネルです。ポート入り口にむけて、テーパーにしてあります。

 フランジは削り出しのようです。







 ビレットとパイプ曲げと溶接、削り目をけすためのバフと手をかけています。


fc2blog_202006011323135fd.jpg

 驚いたのがこれ! マグネシウムのヘッドカバーが腐食して、入手できないので、
 ビレットでつくったそうです

 普通、中古探すだろ!

 いや、そういう世界なんだと思いました。
 とんでもないところに、きちゃったと思います。

関連記事

コメント

非公開コメント

おおっ!

ご無沙汰です。
いやあ、すばらしいですね。
マシニングは、もちろん、溶接も、
キレイにビート出てますね。

ワタシは、フランジ作るのに、
普通のフライスでやったので、
その都度、バイスに、くわえ直して、
削るもんで、曲線が出来ず、Rを付けたい
所は、エンドレスで、削りました。

こういうキレイな物を、作りたいもんです。

Re: おおっ!

 NOHO さん

 ひさしぶり、バンコクに拠点をかえての
 出稼ぎ労働です

 こっちは気合はいってますよ!

 日本 と自分の車 がそろそろ懐かしくなります

 焼きまんじゅう喰いてぇなー !