FC2ブログ
2019/08/15

サブフレーム 3D 測定 とアンチスクワット3 サブフレーム測定結果(2)


 こちらが3Dスキャナー 測定結果 裏側です

 上側がW124036 500E

w124サブフレーム穴埋め


下側がW210050 E50 のものです

w210サブフレーム穴埋めなし

 前にも記載しましたとおり、 外観は 太いハイドロフォーミングのパイプが違う他、
 デフマウント リアの位置が 500Eは 左にオフセットされて 水平なデフキャリアのマウントに
 合わせてあるのに対し、

 E50 のサブフレームは、他のEクラスモデルと共有であったためか、デフマウントの大きな穴が4か所あって、
 ブッシュを組み替えて共有できるようになっています。

 E50のものは、左側の上に来る、画像だと反対側からだから左側下にマウント左が来ています。

 ボディにとめるマウント4か所は後ろ側の幅は共通ですが
 前側は E50のほうが広そうです。

 アーム取り付け位置は、 わかりづらいですが、
 やはりタイロッドの取り付け位置が E50のほうが内側に来ています。

 このあと、これをCADデーターに変換して、実際のアームの角度、
 トーイン、キャスター、キャンバーのほか
 
 車高変化があったとき、アームの角度変化や
 ロールセンター位置を調べてみる作業に入ります。

 


関連記事

コメント

非公開コメント