FC2ブログ
2019/06/21

M119 エンジンのタコ足 ボルト角度に注意(21)  M119 Header Bolt Angle is not parallel !


 しばらく、時間が空いてしまいました。
 以前、備忘のために、書かなければと思っていた M119のタコ足について、
 ブログでも記載しましたが、M119ヘッドは、フランジボルトの角度が並行ではありません。



 写真をご覧ください。
 私も、何度もヘッダーや、純正のエキマニを脱着していますが、
 お恥ずかしながら、
 えちごやのミナグチさんに言われるまで、気が付きませんでした。

 実際に、自分でやる人と、理屈ばっかりこねてる私との決定的な違いだと思います。

 さて、写真では、ご覧のとおり、
 ガスケット、エキマニのフランジ面に下のボルト、ブロック側ボルトは垂直にたっていますが、
 上側、ヘッドカバー側のボルトは、下向きに角度、降角がついています。

 1UZとの比較のところで、「頭でっかち」と酷評した、ヘッドのデカさ、エキゾーストカムの”オーバーハング”
 ”ひさし” ”軒”が に大きい、
 ボルト長分、外に膨らんでいるのが 良くわかる写真です。
 4サイクルエンジンですから。
 クランクシャフトからのチェーン駆動で、カムギアは1/2に減速されて、駆動される、その分直径が大きくなる。
 シザースギアだったら、直接カムギアとカムギアがかみ合って、一個のカムが動くのに対し、
 2個の大きなカムギアですから、バルブ挟み角度が一緒でも、その分、ヘッド上部が大きくなるM119の
 構造上の宿命です。

 加えて、チェーン駆動の場合だと、チェーンの高さと チェーンの暴れにたいしてのクリアランスを設けるので、
 さらに大きくなります。


fc2blog_20190623120953572.jpg

 この写真、フランジ面のボルトの上側、手前を見ると、タップ角度に降角がついているのがわかると思います。
 M119にしても、M117にしても、ヘッドボルトもこんなようになっています。
 なぜ、そうしたのか、角度をつけることにより、締付による密着度を上げることを狙ったのか、
 もしくは、ポート角度や、エキゾーストバルブ近辺の冷却水通路の構造上の理由なのかもしれません。

 ここらへんは、もうすこし調べてみようと思います。
 
 なので、タコ足のフランジ、ボルト穴を並行にあけると、ボルトがしまりませn。
 三角関数 挟角と高さの分、ボルト穴がずれます。

 それが良くわかるのが下の写真

L1010313.jpg

M119 エンジンのタコ足(13) 米国 NYCから(2) W124 500E M119 Headers from New York City (2)

 以前、米国の分割式のタコ足のときに紹介した画像です。
 おそらく、相当、アメリカ製V8で経験値の高いビルダーの作品なんでしょう
 エキゾーストマニフォールドフランジと、エンジンのポートのずれを嫌ってでしょう、
 ギリギリの寸法でエキマニのボルト穴をガスケットに合わせて、あけて製作したんだと思います。

 上にも書きましたが、ボルトに降角が付いているので、ガスケット側と、フランジの外側だと
 穴の位置が変わってきす。

 普通、フランジつくるときに、そのボルト穴はフランジから垂直 90°に空けます。
 そうすると、ボルトがネジにかからずしまりません(笑)

 その結果、こちらの米国製タコ足は、なぜか、下側、ブロック側を削って、
 大きく長穴をあけて、オープン長穴にしてまで、拡大して締めこんだんでしょう。

 もしかすると上のボルト穴も拡大しているようにも見えます。

 これ、車載でやったんだとしたら、狭いエンジンルームの隙間に手を突っ込んで、
 ミラー突っ込んで、苦労して、ボルトがかからず、イライラした様子が目に浮かびます(汗)。

 エンジン降りてたとしても、相当焦った、慌てたことと想像します。

images m119

こちらが、ヘッド、エキゾースト側の画像です。
この写真の角度だと、カムの分の”ひさし” は さほど目立ちませんが、

クランクシャフトの2倍の直径のカムギアの分、チェーン高さ、暴れのクリアランスの分
テンショナーに向かう角度分、カムジャーナルの部分から数センチ横にヘッドが飛び出て、
シュモクザメみたいになっているのがわかります。


61a76cda-4fa8-4629-aaba-a49b592f9d75.jpg


こちらは、4気筒、8ポートのフランジが良くわかる、ヘッドカバーのオーバーハングが大きいのが良くわかる写真です。
これ見て、ガスケットにあわせてフランジ切り出して、ボルトがスラントになってること気が付けってほうが酷だと
思います。

ヘッド眺めると、純正のエキマニが熱膨張に対応した3分割方式であること、
”5-6・7-8” 右バンクは”1-2・3-4”であることが、スタッドの配置からも良くわかります。

これ、つくるのが大変なのが、いまさらながらわかるお話しです。

関連記事

コメント

非公開コメント