fc2ブログ
2019/02/08

ウクライナのレストア W124 500E Restoration in Kief, UKLAINA.

 ウクライナのキエフからの W124の気合の入ったレストアの様子が届きましたので
 ご紹介いたします。

 旧ソビエト連邦のウクライナ、
 旧ソビエトの崩壊後、独立したのが91年ですから、今から 28年前
 その少し前の80年代後半 ペレストロイカや 
 ソビエト崩壊後、西側の情報が急激に入るようになるわけで、これにより、
 当時の共産圏の計画経済下での自動車と比べると、
 それは抜群に高性能、斬新なイメージ、自由と豊かさの象徴、憧れとして
 西ドイツのメルセデスベンツは輝いていたわけです。

 丁度、そのころ、私は、学生時代、大学4年の卒業旅行で 
 このソビエト連邦に旅行しました。
 当時は、日本では、多くの社会主義圏の個人の自由旅行ビザが取れませんでした。
 そこで、イギリス統治下の香港にわたり、
 中国に行く、北京でシベリア鉄道のチケットをCITSで ベルリンまで買う。

 東側諸国の中国では、ビザが取得しやすいことに目をつけて、
 中国でトランジットビザを軸に、
 モンゴル、ソビエト、ポーランド、東ドイツ、チェコスロバキア、ハンガリーと大使館巡りをして
 いくつものビザで厚くなったパスポートを手に、北京、ウランバートル、イルクーツク経由でモスクワまで行きました。 

 外貨との交換が制限されていた当時の首都、モスクワは、共産主義感が
 それは強くのこってましたが、走る自動車、四角いラーダだとか、 高級官僚専用のジルなどを眺めてました。
 
 このレストアをしているウクライナの青年、この時代に見ていた憧れの西側のイメージがあるんでしょう
 
 その後、しばらくたって、統一後のドイツから、
 古いドイツ車が 東欧圏に中古、ボロボロで安価になって大量に流れてくるわけですが、
 旧CSI諸国では そんなわけで、いまだW124が人気なんだということです。

 さて、旧CSI諸国のウクライナ、反ロシア感情が高いので、旧ソビエトとかいうと怒られますが、
 人件費の安さもあってか、ドイツで使われたときの塩害から、フルレストアしている人が少なからずいるそうです。
 旧CIS国、社会主義圏は、気合がはいってる人も多く、
 前述のツインターボのM119や、ボロボロの車を独自でチューンして、楽しむ人も多いようです。

 アメリカ、欧州、日本、アラブ国家につづいて、第三の波ですね

 前置きが長くなりましたが、



 やりますねー
 バーベキューにして、ドライアイス ブラスト かと思いきや、
 サンダーで 防錆剤、塗装を剥いで、ストリップにして、補修しています。




 写真の車は、V8モデルですが、400Eだそうで、バッテリーの深さや スペアホイールの深さが違います。
 
 こう見ると、サイドシルの2本の太いフレームがキャビンを支えて、室内側で 左右の横のバーがあるはずですが、
 そこから、リアホイールハウス、に行く間は 何もない、
 4つのゴムマウントで支えている、サブフレームで繋いでいる、構造が良くわかります。

 こりゃ、大トルク欠けると、トランク室内のアキュームレターのところにクラックが入る、
 リアのガラスが割れる、剥離して白くなるという理由が、これ見るとよく わかります。



 フロア自体 裏側は、ほぼフラットで、室内に補強のサイドバーで左右のサブフレームを連結しているわけですが、
 床面は、プレスで各所に凸凹を造って、強度剛性を増しています。
  



 良く見ますと、床面の鉄板の合わせ、右バンクのマフラーの逃げの部分と、左右の鉄板のあわせが、直線ではなく、
 折れ線グラフ上になっているのがわかります。



 床面は、スポットの間隔が ドア部などより広くなっているので、ここも補強すれば、効果的だなと思います。
 


リアのシート下は、右が燃料ポンプ、左はマフラーのサブサイレンサーのために大きく四角いスペースがあいています。
画面左上に見えるのがサブフレーム固定用のボスです。

ここは、エンジン、デフの駆動力がかかるのと、
タイヤで跳ね上げられた錆で腐食しやすい場所です

下のリンクのとおり、リプロダクションで ここの部分のプレス鉄板がでています
ドイツの会社ですが、これあると、腐食している中古並行車のレストアには便利だと思いました

$_72.jpg


Trab Han のEBAY ページ

これから、このような作業する人、しようとする人が 世界では増えるんでしょう

幸い、新規並行やD車の場合、日本の場合、500Eで塩害でやられている車はすくないでしょうが、
大量に入ってきた中古並行車は、個々の部分や、ラジエターのロアサポートが 腐食している例が散見されます。

 こういうの出てくると、ありがたいですね

 そのうち、w124036 500Eでも こんなカーベキューをするような人が出てくることを望んでいます。

 
 
関連記事

コメント

非公開コメント