FC2ブログ
2018/11/11

W124 500EARP スタッドボルト フロントハブ 取り付け / W124 500E Wheel Hub Stud Bolt preparation

 トルク増大と、ブレーキ性能が向上しているので、
 既述のとおり、スタッドボルトのサイズ M12もアップすることにしています。

 W124の頃では、190EのW201,W124 までは M12 PT 1.5 のホイールボルトですが、
 W140 SクラスにはM14 PT.1.5 と サイズアップしてました。
 W210、W202 までは M12でしたが、 W204 Cクラスなんかは M14にサイズアップしています。

 車重が増えたのと、タイヤ外径が増えた、ブレーキ制動力や エンジントルク増大等が理由でしょう。

 そんなわけで、ヘアライン号もM12 では、さすがに厳しい、SPARCOのM12のホイールスタッドも
 曲がる気配があったので、サイズアップすることにしました。

 M14や 5/8 は、ホイールのボルト穴の関係で無理そうなので、1/2 インチ、ARPのクロモリスタッドにしました。

 リアのハブ同様 クロモリスタッドいれるのに、ハブ後ろのテーパ-面をフラットにして、
 垂直だして圧入する必要があるので、その加工をお願いしました。




 クロモリスタッドの傘サイズにあわせて、平らになっています。

  ARPのボルトは、先端部がCURL 形状、ホイールの裏側がボルト先端にあたっても、
  ピッチがつぶれないような形状になっています。
  センターロックが禁止されているNASCAR も こんな感じの形状ですね

  エアログレードのクロモリの剛性、強度もありますが、こういったtころは、
  さすがであると思います。

  この後、セラコートをリアハブ同様にかけます

 このスタッドポルトが1/2-20PT なので、それに合わせた座面角度60°のホイールナットが
 必用になり、6角面はメートルサイズのほうが、作業時に混乱がないので、17mmという
 インチ、メートル混合のヘンテコなナットを造った(つくらざるをえなかった)というのが、
 実情です。 素材は、もちろん、6-4チタン 転造です。

fc2blog_20170717171527c69.jpg

メーカ―も、M14にサイズアップしていることからすると、
大馬力、大トルクで乗る車には、ドライブシャフトとあわせて、
スタッドボルトなり、ホイールボルトのサイズアップも必要なようです。



 
 



関連記事

コメント

非公開コメント