FC2ブログ
2018/08/08

W124 500E M119 6PKと 8PKの ATI ダンパー クランクプーリー製作 W124 500E M119 Clank Pulley for ATI Dumper 6PK&8PK

以前に私家用で造りました M119用 ATI ダンパー用ハブ 


fc2blog_201808061615233b3.jpg

こちら、私用のATIダンパー用 フルプーリーセット、オルタ、パワステ、クランクプーリー 電動WP用の
 4PK x 2のお馬鹿さん 仕様

 こんなもの絶対に頼む人いないと思いましたが、
 ダンパー自体が生産中止、品切れなのか、さらにパワーアップ、振動押さえて、フィーリングアップをしたいのか、
 エンジン破損を防ぐのが目的かは、わかりませんが、
 世の中はまだまだ広いようで、2つも注文をいただきました(笑)

 ただし、賢者の選択8PKと6pk 純正WP仕様のクランクプーリーとATIダンパーとハブのセット

 ダンパー自体はシボレー用をアメリカのATIから買う、ハブは寸法出して、図面を引いてあるので、
 切削加工 レーザーカット、焼き入れ 表面処理でおわります。
 (ベンツのクランクのピンのななめのカットが厄介な点です。)

 今回は、6&8PKの クランクプーリーとセット、
 わかりやすくいうと、追加加工、調達なしで、「ポンづけ」でできるようにしてほしい、
 との注文だったので、 クランクプーリーの寸法を出すことから始まります。
 (他のWP,ファン、パワステ、オルタのプーリーは今回はなし)

 というのは、私のは、4PKのダブル、電動WPなので、ウォーターポンプレス、
 ファンカップリングも無しなので、ベルトの配置が違います。

 私のは エンジン側が、クランク+テンショナー+パワステ+エアコンで4pk 1本
       ラジエター側が、クランク+オルタネーター で4pk 1本の 合計2本の4pkドライブです。

 そこで、問題になったのは、ベルトの突出し位置、
 4pk ダブルのときは、エアコンも4pkにしたので、
 エアコンにあわせて、クランクプーリー位置、パワステ、オルタプーリーを造りました。

 今回は、6PKと8PK の純正位置でのプーリー流用なので、前後の突出しを
 既存のものとあわせないとなりません。

 ここの突出しがずれると、ベルトの横が摩耗したり、スリップしたり 山跳び、音が出たりという症状がでてきます。

 なので、実際にエアコン6PKと8PKを装着して、それぞれ6PKと8PK用のベルトを装着して、
 クランクプーリーの位置を出します。




 写真は、クランクプーリーは4PKX2 ですが、それ以外は6PKを装着したところ
 クランクプーリーのスラスト方向、距離を測って、アライメント位置を出します。

 基準点がないので、ただの位置決めですが、結構難儀な作業です。

fc2blog_20180803150403f13.jpg

下の段ボールにあるのが、いままで使っていた M119用のジュラルミンプーリー 6PK
今回のクランクプーリーは7000番台の超超ジュラルミンを奢っての制作になります。

fc2blog_201808061615473eb.jpg


ボーイングや戦闘機に使われてる戦略資材材料、こんなところに使うのは気が引けるのですが、
最近は、入手が容易になったようで、こんなところにも使えます。

 測ってみて、わかったことですが、6PKと8PKの差は、
 8PKのスラスト方向 前側を2山カットしたのが 6pkということがわかりました。

 センターオフセットではなかったです(笑)

 ですので、現在制作中ですので、もう少しお待ちください

 でも、これ、クランクハブ、触れ防止で交差キツキツに製作してますから、
 エンジン単体ででも、熱ハメ、冷やし嵌めでもしないと、組めない精度に仕上がってます。

 加工なし、ボルトオンでできるようになってますが、
 車上でするには、スペースの関係でラジエター外す、ウォーターポンプも外すという
 結構な作業になると思います。

 いままで、いくつプーリー作ったか、思い出しますと、
 標準サイズ、+10%、-10% 等々で、100キロ位、アルミ材料使ってることに気が付きました(笑)

 ここの軽量化は、回転部なので、効きます(特に重いクランクプーリー)が
 空ぶかしでは、レスポンス良くなったのを感じますが、0-400タイムで、どれくらい早くなるかというと、
 微妙なところだと思います。シフトダウン、アップの多い、周回だったら、もっと差が出てくるのかもしれません。

 
関連記事

コメント

非公開コメント