FC2ブログ
2018/07/21

車高さげるには1 LOW shcool How to be A working poor ! 1

カッコ良く 車高を下げたい そんな願いでお悩みの貴男へ

今まで、車高のこと、エアサス位しか書いてこなかったんですよね、


それは、ロールセンターが下がって、重心間距離があくから、支点間距離が大きくなる、
要はW124 500Eが三列シートのミニバンみたいになるわけで、
それで、ちょっとばかし、硬くて短い バネ入れても かえってロールが大きくなろうが、

rollsenterhosei02.jpg

アームがバンザイ状態なため、コーナリングフォースの旋回力がかかって、ジャッキアップ減少(旋回時等に車体を持ち上げようとする力)がおきようが

force-balance_LR-cornering_corporate_gallery_landscape.jpg
図は、ZF社のフォーミュラースチューデント向けの解説ページから、 日本語で正確にとてもわかりやすく書いています。
 考えてみれば、ドラッグレースのリア4リンクと一緒の作用です。アームがバンザイしていれば、慣性力で内輪側の車体をさらに下に下げようとするスクワット、(外輪側だと、逆のアンチ スクワット、つまり車体をより持ち上げようとする力
)が働くわけです。

これ防ぐには、更に硬いバネいれるか、アーム、リンクの角度変えるかしかありません。

ショックが底付きして、アブソーバー、バルブやピストン、ロッドが壊れようが、

2239f68adb4a01070f1915553886a442.jpg


レベライザーのアキュームレターがパンクしようが、

imagesrev.jpg

はたまた、タイヤがフェンダーを擦ろうが

DSCF9464.jpg


タイヤのサイドウォールに傷がつこうが バースト上等

まったく、お構いなし、車高短サイコ―~!

純正状態、ノーマルより、限界の旋回速度が遅くなっても、
制限速度内で公道をゆっくり走るんだったら、関係なし、
タイム競う気もないし、そもそも、俺、運転うまくないし
カッコ 外観よければ、いいの、人も車も見た目が9割

という

ある意味、物凄い潔い。
パフォーマンスダウン上等というのも 立派ですが、

目的がある、真実の追及だとか、絶対的、相対的速さとか
1/1000 秒だとか、フリクション減らすとか、1gでも軽くするなんて
50過ぎても、脳天気なことを言ってる人にとっては、それはそれで、大事なことです。

じゃあ、車高下げるのにどう工夫すればよいかということ、
車高下げてもパフォーマンス下げないことにつき、
小バカにばかりしててもよくないので、少し真面目に書くことにします。

そういう私も、思いおこせば、
10代のころ、大昔、ケンメリ バネ外して ノーサス、
ブレーキキャリパー削って、小径13インチにタイヤは、ダンロップのCR88で乗って、
マンホールの蓋や段差を避けながら、運転してたことあったし、

RX3は、板バネだったのでバネ無しにはできなかったけど、レースオプションのリーフスプリングに、
フロントはRX7のストラット(7cm位短い)くっつけて、スタビライザー位置変えて、
ロールセンターの下駄はかせて乗ってました。ADVAN レイン履いて、
パンダグラフジャッキもフロアジャッキも入らない、抜けない車高が自慢でありました。

その前のってた、
ヤマハ パッソルも リアのショックアブソーバーのスプリング外して、ロッドを溶接してリジッド化
フロントのショックアブソーバーもバネを抜いて、代わりに1円玉を何枚か押し込んで、リジッド化
メインフレームまげて、キャスターつけて、車高短、ローダウンにしてました。

実は、シャコタン好きなんですね 私、

さて、ストラット+マルチリンクのW124 500E
車高を下げたい、そのために バネの全長(自由長、1G長)、短くする…(もしくは、バネなし!)。

対策、走行性能を下げないで(もしくは、少し下がってもいいけど)、
車高を下げる定石として、不可欠なのは、アブソーバーの底付きを防ぐこと

1.ショートストローク加工

ショックアブソーバーのバルブ位置、フリーピストン位置を真ん中にもってくるように、底付きしないように
ショートストローク加工

o0561073714134580021.jpg
奈良のいっぴん屋の写真から
写真みると、非分解のショックアブソーバーでもチャックを工夫してでしょうか?対応しているようです

2.ショックアブソーバーマウント位置変更 フロント編


ストローク自体を短縮するのではなく、ショックアブソーバーの取り付け位置を上に上げる(アーム角度はかわっちゃいます)
(フロントなら、SL用のショックマウントを使うとか、アッパーマウントを加工して、ショックアブソーバーの取り付け位置を上げる)
 (リアだと、倒立式の場合、タンクを下して、ショックアブソーバーのタワーを切断して上に継ぎ足す。)

o0500037511825517026.jpg
 写真は129-600SLとW124の比較 おなじみのJーAUTO 松本さんのBLOGから
 車高短好きの松本さんも、アピアランスにより、走行性能を犠牲にしないように 多々工夫してます。
記事の更新が最近は、少ないのがやや残念であります。

3.ショックアブソーバーマウント位置変更 リア編


アーム角度はかわっちゃうけど、ショックアブソーバーの固定ボルト位置を上に上げる(リア)

a2c11_09.jpg

 スイフトで一所懸命の田中みのる師匠のページから 倒立式のレベライザーショックでは使えないけど、正立の食アブソーバーでは使える便利なアダプターです。
 FFのリアサスみたいなリジッド方式にはアーム角度云々もないので有効です。


4. ショックアブソーバーマウント位置変更リア編(下に下げる)


ロアアームを逃がす

ベンツのリア、レベライザー倒立式ショックだと、ロアアームを加工して、取り付け位置を下に下げる

fc2blog_20180711132747fc6.jpg

 W124 500E レベ用の加工ロアアーム、ちらみせ、です(詳しくはあとで)


ここまでは、アーム角度変わってもいいけど、底付きして、ショックアブソーバーが壊れることは避けたいというもの、
もっとも、アーム角度が変わっても、もっと更に、硬いバネをいれれば、コーナリング遠心力でスクワットしても、
ロール自体は減らせることができます

ですので、車高下げて、1~4 これらをやらないと、すぐにショックが抜ける、壊れます。


次は、1~4との合わせ技で効果を出す方法、アーム角度かえないで、ロールセンター位置買えずに、車高下げる方法

4 車軸位置の変更


ストローク自体を短縮するのではなく、ショックアブソーバーの取り付け位置を下に下げる。
フロントなら、ベンツでは見たことないけど、ドロップスピンドルとか、

ドロップスピンドル
 こちらは、D21用でしょうか、ドロップというのは車高のことで、スピンドル位置は上に上がっています。
 W124用というのが市販はされてることはないと思いますが、ナックルの切断溶接加工自体は、VIP系シャコタンや
 ドリ車では 普通にやってるので、なんでW124オーナーがやらないのかには、説明に窮します(笑)


553490361536.jpg

 画像はクラウン用シャコタン加工 廣島の326Power
 これなら、アーム角度変わらずに車高だけ下げられます。

、走行性能なんか気にしない、市販バネ交換、ノーサスではなく車高を下げたいバージョンや
 市販のショートストロークショック(レベ付、なし)用 、エアサスの解説も 長くなるので あとで

つづく
関連記事

コメント

非公開コメント