FC2ブログ
2018/07/14

モーテック クランクピックアップ 2 Motec Clank Pick up UP GRADE 2

 現在のヘアライン号のモーテック制御

 M800を使って、ツインλ(左右バンクo2センサー)、ノックセンサー でシーケンシャル制御 
 サードの12穴インジェクターでデリバリー製作のためサードの大容量レギュレター仕様です。
(でも、製作手間、CP考えてなら、インジェクターはボッシュEV6で、純正のフュールレールをおすすしめます)

 もちろん、電動スロットルのままで、クルーズコントロールも、ABS、ASRも そのまま使えます(あんまり賢くないけど)。

 前にも モーテッククランクピックアップ で書きましたように、モーテック化の要は、正確なクランク角信号です。
 これが、いいかげんだと、点火も噴射も基本数値がずれて、バラバラになってしまいます。 

 モーテックに限らず、4サイクルの内燃機関エンジンで、正確な上死点位置の把握はとても大事です。
 M119でも、フライホイールでマグネットピックアップしてます。

 アメリカのキャブ車、NHRAのレギュレーション変わる前で、インジェクションが禁止、デストリビューターが必須だったV8でも、
 クランクピックで、点火時期、上死点を見てました。

 ヘアライン号の場合、かつて、今は亡き込谷さんに造ってもらった、日産VH45のクランクピックセンサーを
 流用するためのクランク角センサー アダプター を使用して、VH45クランク角センサー
を、つけています。(リンク先 写真は、M119 KEエンジンの右バンク側に装着例@八王子DOOKIES、ヘアライン号は左に装着)

 これでも、充分に機能する、上死点位置を把握することはできるのですが、
 チェーン駆動でカムを廻す、そのカムの先にクランク角センサーがついているので、
 理屈からすると、クランク角度と、チェーン駆動されるカムの間には、わずかではありますが、
 差が出ていると思います。

 日産なんか伝統的にこの方法ですが、クランクピックアップのベンツ方式や、
 アメ車v8の実績もあるので、電動WP時に、ATI製ダンパーでのピックアップにすることにしました。

 ATI特注受け付けてくれる、RB用やマグネット組み込んでくれるはずなのですが、
 如何せん対応が遅い、すぐ3か月単位、半年単位で遅れます。

 なので、日本国内でマグネットピックを加工することにしました。



 モーテックのセンサーピック、12山パルス 30°が良いということなので、
 ケースに穴をあけて、マグネットを埋め込むための加工を行います。

fc2blog_20180703153732528.jpg

 直径2.5mmの円柱マグネットをいれるために、穴をあけます。

fc2blog_2018070315371633c.jpg

 購入したネオジムマグネット、精度が0.01mm 、10ミクロンで出ているわけではないので、
 測定して、バラつきないものを使います。

 ロックタイトで、固定、接着します。

 これで、より正確なクランク角度、上死点角度がECUに送れることになります。

 日産VH45のクランク角センサー(8気筒)自体、もう20年も前の車なので、入手が難しくなっているのと
 SR20(4気筒)やRB26(6気筒)のものもそうですが、日産の昔の部品、値段が恐ろしく高くなっています。
 ならば、ということで、正確なクランク角を求めて、ATIダンパーに組み込むことにしました。

 ATIダンパーつけて、将来、フルコン、モーテック化まで考えている人には、おすすめできるものだと思います
 (磁石の寸法チェックに、物凄く手間かかるけど(笑))


関連記事

コメント

非公開コメント