FC2ブログ
2018/07/01

世界発!? AMG レベライザーショックのオーバーホール 6 Rebuilt SACHS absorber with a Levelizer 6

たぶん 世界初、w124 500Eのレベライザーショックのリビルト 第6弾
既述のとおり、私にとっては、新しい発見、 衝撃のAMGとザックスのショックの分解比較と
純正品をAMG仕様+αに変更する改造をへて、内部が新品となったAMGショックを ケースに組み込みます。



もちろん、バンプラバーも、新品を使います。レベ付では、ノーマル車高でも、ストロークから考えると、
間違いなく、これが「要」だと思います。
組み付け中の写真ですが、これみるとバンプタッチしてからの、ちじみストロークの少なさ、ロッド長がわかる
良い写真です。
500Eノーマル車高のアーム位置で、かろうじてギリギリ、バンプラバー潰しこんで、
縮側のストローク、約3.5~4cm程度を確保しているんでしょう
これ、車高下げたら、凸凹や段差、うねりのある路面では絶対にストローク不足です。
分解したAMGショックは、車高下げて 1500km位しか走行していないものということです。
車高下げると それくらいで バンプラバーがお釈迦になるということです
(走行距離が少ないくても、もちろん経年劣化もあると思います(でも、この車、空調付室内保管です)。)
OHしたこの車両の1g状態でのアーム角度です。
車高の低さ、カッコよさは、わかるんですが、機能考えると、これじゃ 残念ながら、
AMGのバネであっても、変えて、単純に車高下げようとは、私には、とても思えません。

誤解恐れずにいうと、正直、何考えてるんだ レベルです。
えちごや ミナグチさんが、
500Eで ロアアームがバンザイしてる車は 口汚くはありますが  ダメ ダメ  ダメ   のの3拍子  良いこと無し  というのは、こういうことだと思います。
じゃあ、どうするんだ については、対策含めて 来月、お話しします(笑)

その前に、組み付け、から
fc2blog_2018052019065803c.jpg

内部、筒内の溝を新たに掘って、新品を再使用するという方法もありますが、
外側のAMGのマークもあることと、加工時間がかかるので、AMGケースを再使用します。
加工する際に、内面の研磨、表面処理も可能だと思います。
くどいですが、ロッドガイドと、シェルボトムプレートの間のロッドシャフトの長さ、ストロークが短いのがよくわかります。
オイルをいれて、Cクリップを組み付けて、もれの検査をします。
レベライザーからの圧力、油圧がかかるところに、アタッチメントを装着して、
圧力をかけます。
レベライザータンデムポンプの圧力、14kpa を駆けても もれないので、 oh完成です。
通常のショックアブソーバーでしたら、ここに、窒素ガス等をいれるんですが、
レベライザーの場合、ガスがなしで、全部オイル、オイルの容積量で、車高をコントロールします。
窒素ガスの役割は、アキュームレターの中のガス圧力+油圧によってということでしょう。
そうかんがえると、レベ付のショックってのは、別体タンク付ってことですね(いまさら気が付きました)

fc2blog_201805201907354fb.jpg

組み付ける前に、純正レベライザ―のユニクロメッキ配管の錆、後半部分の
錆、劣化が気になったので、ブラストで清掃して塗装することにします。
ブラスト後に ウレタン塗料で、黒に塗装です。

fc2blog_201805201907120e7.jpg
fc2blog_20180520190746399.jpg

配管を車体に組み付けて、レベライザーのホースも、
ステンメッシュで製作して、組み付けます。
ブレーキオイルより高い圧力がかかっているので、ゴム配管より、レスポンスが良くなるかもしれません(笑)

fc2blog_20180520190806327.jpg

 

組み付け完了後、シャコタンにして、ストロークが少ない 対策については、後程


関連記事

コメント

非公開コメント