FC2ブログ
2018/05/11

ブルガリアのM119 ツインターボ W124

 ブルガリアの首都ソフィアでの W124 クーペ M119のツインターボです

 以前は、クーペにM119を搭載して、シングルターボで動かしていましたが、
 今回、さらにステップアップして戦闘力をあげた模様です。



 写真では、バルクヘッド位置こそ変えていませんが、左右ストラットからバルクヘッドに繋がるメタルシート隔壁は
スペースの都合からか取り払われ、パイプでロールケージとつながり、ストラットタワーに固定されています。

サスペンションは、ハンドル切り角を増やすためにロアアームを製作延長してあり、
そのためか、フロントはスーパーワイドトレッド、ストラットコイルオーバーだけにしたようです。

小さ目のタービンが二つ、左右バンクからヘッダーで繋がり、2in 1の小さ目のインタークーラー、
往年のロールスロイスのパルテノングリル風アッパータンクから、インマニへとつながります。

THE Kangaroo Team


別の写真見てみますと、純正270°ターンのインマニの合せ部のゴムが過給に耐えられないためか、
あまりに効率が悪いためか、純正のuターンランナーを切断して、
トランペット状のファンネル8本でインテークタンクを製作して対応しているようです。

みなさん、苦労するところは一所です(笑)

ドリ車なので、ボンネットからエキゾーストとウェイストゲートのバイパスは上に、
2個のブローオフバルブが左右に鎮座して、シンメトリーさが格好いいです。

独立点火にしてあって、クランクピックアップなんでしょう、デスビは左右ともなく、ここにクランク角センサーも
ついてません。

ラジエターのウォーターエアセパレータータンクは、純正のバッテリー位置、助手席側前にありますが、
ラジエターは後ろトランクでしょうか?
インタークーラー下に見えるのは左右オイルクーラーでしょうか?

26993830_216248818945156_7114437052151964136_n.jpg

こちらの写真はエンジン単体とエキマニ、タービンだけですが、
どこかで見たことがあるようだと思ったら、ザウバーメルセデスのポスターでした(笑)

馬力でいうと、小さいタービンですから、ザウバー同様、700~800馬力位でしょうか?
インタークーラーのコアが、国産タイプに見慣れたものからすると、チューブ部分が大きい、インナーフィン?なのか、
ちょっとサイズが小さい気がします。

下に見える3つのコア、オイルクーラー2つかでしょうか?

26731732_212153316021373_3977919661603005998_n.jpg
 エキマニは、内製のようで、チームカンガルーのロゴが刻んでプレート化されてます。
ステンシル風のレーザーカットはカッコいいですね

 西欧で使われてたW124は旧くなってから、東欧や旧CiS ロシアや、中近東に輸出されたようで、
当地では、いままでの日本やアメリカ、欧州とは違った思い切りの良いモディファイ、大改造がされています。

 我々も負けてはいられないと思います。
関連記事

コメント

非公開コメント