FC2ブログ
2018/04/21

カーボンルーフ8号機 How to make CFRP ROOF 500E 8th


先にお話ししましたとおり、
CR8 ルーフ自体はできていました


今月、ようやく板金屋さんに車を持ち込み、サンルーフ、パネルの脱着、カーボンルーフの接着をして、
前後ガラスも装着が完了しました。

施行中の写真はこちら、
屋根をカーボンにするというと、大作業のイメージがありますが、モノコックの骨格部分ではなく、
外販表皮なので、スポット溶接をスポットカッタードリルで外しますが、溶接するわけではありません。
(ボディ補強のためにスポット溶接を、スポットの間に追加はします)

サンルーフ、表側の鉄板は、スポット溶接で前後ガラス上部の骨格とABCピラーを前後つなぐルーフフレーム骨格に
約80個超のスポット溶接で接合されています。なので、このスポット溶接を外すためには、
前後ガラスと 左右2本のモールを外して、鉄板をドリルでもめるようにする必用があります。




 仮合わせ、接着の際に男性二人で作業してますが、重量的には女性一人の片手でも充分です、 
 作業者の顔が 鉄板ルーフを持った後でその重さをしっているからか、予想以上に軽いルーフのためか 微笑んでいます
 指で引っ掛けて持ち上げてるのがわかりますでしょうか?

fc2blog_20180419120924fd5.jpg

 ルーフを ルーフパネルを仮合わせ装着、接着したところ、目止め、クリアーを噴いて仕上げているのでピカピカです。
 ルーフパネルの接着は、最初私のときはエポキシパネルボンドを使いましたが、8年で相当進化しているので
 もっと性能の良い接着剤がでていますので、今はそれを使っています。

 最近では新車ラインでも、溶接でなくてパネルをエポキシ系接着剤で止めている例も増えているためか、
 接着剤も日進月歩です。

 



 参考までにカーボンルーフ 熱硬化性のプリプレグシートを使用して、バキュームパック、
 CFRP製2プライで、間にケブラーのハニカムをサンドイッチ、塗装なしだと
 超軽量で3.5キロ弱で仕上がります。

 これにカーボンの織目を目止めして、クリア塗装を塗り重ねて、
 テカテカ仕上げにすると、乾燥状態で約300グラム位重量が増加します。
 塗膜が厚いからでしょうが、意外に重いのが塗料、です。



 こちらが取り外した、サンルーフ、スライディング部分もあり、重い鉄板が二重になるので重量が嵩みます。

 サンルーフの鉄板、モーターや配線、水抜きドレーンの配管等を除いて、 簡易測定で29キロ、ですから、
 約30キロ弱の軽量化となります。鉄板ルーフだと、さすがに大人一人でも軽々とは持ち上げられません。
 
 肩より 高いところに乗せるのと、下に傷つけられない車両がありますから、
 二人で掛け声「せーの」、の作業になります




 外したルーフのスポット痕、スポットマシンで打ってるのですが、いくつか修正したあとがあるのが、わかりますでしょうか?
 
 ベンツもポルシェも、モノコック、ボディの制作、
 その昔から電気溶接、スポットが得意で、点検して、出来が悪いと修正してたようですが、そのためでしょうか、
 ヘアライン号のときでもそうでしたが、いくつかやり直しの後が見つけられました。

 見やすいところでは、前後ドアのゴムシールを交換する機会に、ドア廻りのスポットを見れるので、
 ほとんどの車で、修正痕を発見することができると思います。
 
 今のロボット生産のラインやレーザー溶接では、きっと、ここまでやってないと思います。手がかかってる証拠です。
 
 ちなみに、ノーマルルーフと、サンルーフは、車検証で比べると30kg違うのですが、外した屋根の重量を見ると
 モーター等を足せば、概算で30キロ減であってると思います。
 
 ご存じの方も多いと思いますが、真面目な ベンツは、昔からサンルーフ有と無で、スプリングレートを変えてます。
 
 スプリングのマーク、部品番号が違います、対して、いい加減な車高下げる目的のバネ、社外品では全モデル
 全部一緒ですね(笑)

 なんどもいってますが、
 質量だけでなく、 最も高いところで30キロ軽くなるので、重心位置も変わり、運動性能、特にロールが
 大きく影響されます。

 もし、乗ってわからないというのであれば、
 車を転がして、講釈たれるのなんか辞めたほうがいいレベルです。

 ルーフボックスに米袋積んで走っていたのを、キャリア毎取り外した位の感覚です。
 車高がすこし上がるというのも理解できます。

 ルーフ、ガラス外した際に、スポット増しをするのと、エポキシ接着剤での接着補強、
 純正でついているルーフの補強バーをCFRPで造って増やしているので、その分の効果もあるのでしょうが、
 外板をCFRPにすることによる引っ張り強度が増えるためか、乗った時の剛性感、シャーシの堅さ感は
 ブラインド テストでも確実にわかってもらえると思います、

 そう、難点は、もう、サンルーフ無の純正のライナーが生産中止になっちゃったことでしょうかね?

 もし、少しでも、CFRP化に興味ある方がいれば、解体屋さんで、
 今から、サンルーフ無のライナー、ヘッドライナー確保しておくことをすすめます(笑)

 屋根の上に、オーナーがのって立ち上がっても、へこまないCFRP屋根が欲しい人は どうぞ!
関連記事

コメント

非公開コメント