FC2ブログ
2018/04/15

趣味性の高い実用車を維持することと それを用いる生活による新しい発見 A life with Sparkling Wine and Vintage Mercedes for the Salon.

復活祭と清明節の休暇で日本に帰国しまして、
500Eオーナーのご自宅にお邪魔する機会がありました。
20180401_20180411153615161.jpg
大分前に、お住まいを新築されるときに、ドイツのカゲナウ冷蔵庫を購入される件で
概要をお聞きしていましたが実際にお邪魔して拝見すると、より多くの情報や写真では全容を把握しずらい
躯体の質感や収まりの素晴らしさを、実感として眼だけでなく触感と肌感覚で感じられました。
趣味や方向性が私と重なるところが なぜか あるようで、キッチンの水栓は我が家と同じ、
乗っていた車も500E以外に2台は同じでした。ベネチアン ブラインドの雰囲気まで一緒でした(笑)
お言葉に甘えて、家内と二人でお邪魔したのですが、
馴染みのお寿司屋さんから寿司職人を呼んで目の前で握っていただき、
素材の良さだけでは語れない、久々の和食の繊細さを堪能させていただきました。
こちらは美食ブログではないので、多くを紹介することはできないのが残念ですが、
驚いたのは、グランクリュ シャトーのビンテージ、シャンパーニュ、シャルドネ種のブランブランとのマッチング。
和食とワインの組み合わせは、これまでも何度も挑戦し、それぞれの足し引きや掛け算を見つけることができましたが、
今回の大発見は、ガリ、おそらくお店の手作りである生姜の甘酢漬けと、シャルドネ種のシャンパンとの文化融合でした。
ビンテージで強くなったであろう白葡萄シャルドネの酸味が、ガリの酸味で 強調されるわけでなく、なぜか、甘さだけでなく、
別種類の香りが突然登場する感じでした。 難解な謎解きが できたというか、
小学生の頃、夏休み後半の8月に 喉がカラカラで木から毟って盗んで食べた 生暖かいプラムの香りでした。
20世紀末プラザ合意の年、世界経済が大きく動き始めた年にフランス パリ郊外のメニールシュルオジェで実った
太陽の恵みを受けて育った白葡萄が、何も足されずにワインになり、世紀を超えて熟成され、
方や、日本で育った米が、名水で研がれて、麹の力で発酵し、清酒になって、
そして米酢にかわり、
さとうきびから出来た砂糖を加えて、おそらく去年できた新生姜をつけてできたガリと合わさると、
なぜか、40年以上前の童年の記憶と切なさを齎せてくれました。
食事というのは、過去の経験と体験の記憶によるもので、知命を超えると、
どうしても無難なものや、過去に美味しかったもののなぞりがち、引出の出し入れになりがちです。
世界の美食が集まる香港で暮らしているので、引き出しの数は豊富であったと思うのですが、
今回の発見は予想できませんでした。忘れていた少年時の思い出まで呼び起こしてくれます。
さて、拝見した、RC造躯体のコンクリートの打設の良さが感じられる壁とシャッタードアガレージに収まる500Eは
サイズ感、取り回しもよく趣味性の高い実用車であることを改めて感じました。
クラシックカー、ビンテージカーを実用に使おうとすると、ビンテージシャンパンと同じくらいの手間と時間とコストがかかるのに
良くぞ素晴らしい状態で維持されてると思います。
最近、きれいな500Eオーナーとお会いする機会が多い、逆にそうでない車はみんな輸出されたり、淘汰されてしまったのだと思いますが、趣味性の高いビンテージカーと生活することにより、その行き先や使い方とのマッチングで、
ガリとビンテージシャンパンとのような発気の爆発  なにかがきっかけになって、人生の旬に華を添える  予想もしなかったような
色気や深み奥行き がでてくるんだと思いました。
関連記事

コメント

非公開コメント