FC2ブログ
2018/04/08

一寸の虫にも五分の魂  God is in the details

 大昔、モデル(自称) 兼 レースクイーンと いっている
 若さと美貌と、人に媚を売って生きているような女が、待ち合わせに遅れた言い訳で 
 髪型がまとまらない 細かいところが大事などと
 御託を並べたことがありました。 

 当時は なんのことなのか わからずに
 カチンときて 一人 奥深い山の中に置いてきたことがありましたが、
 今になっておもうと、自分も今、50過ぎて、なお似たようなことで、相当ながいこと 年単位で
 御託を並べていることに気が付いて、
 不意に申し訳なく思いました。


 いきなり、なんのことかわかりませんでしょうが、
 これです。

 ラジエターのサイドタンクのオーバーフロー ネック
 よく折れるといわれますが、とてもよく出来ています。

 高さも低く、Oリングがついて、プラスチックの弾力を活かした差し込み方式で、すきまから、ギリギリまで
 高い位置からラジエターのエアを抜いて、冷却効果を高めます

 正確には、コア前のサイドタンクのエア抜き、エアウォーターセパレーターです。




 ラジエターのサイドタンク、イン側について、コアより高い位置についています。

fc2blog_201804081754418fa.jpg


 私の製作中のラジエター、写真のようにウォーターネックにつけるのならいいのですが、
 できるだけコアを大きくしたいのと、エアセパレータータンクにウォーターネックがつくので二つもいらない(などと こだわると)となると、 この方法がとれません。
 べつに あってもわるいわけではありませんが こうなると病気です

 デート前に、前髪そろわない レベルより悪質だと思いました。

ダウンロード

 サイドタンクに 90°エルボー。考えなしに、そのまま つけると 高さが問題になります
 おまけに、ネジでとめるとナットの高さが問題になり、面で、エア抜きするにはサイドタンク高くする必用があります
 ここをおろそかにしたラジエターですと妙に エルボーがでかくなったり、水抜けない構造になっているのが
 残念なので 譲れません

fc2blog_20180408175137688.jpg

 背の低いエルボーにして、ナット使わず面一にして、溶接するかなどとすることにしたいと思います


 なぜ、女子の前髪、ラジエターの小さな部品を見てそんなことを今さらいうのかといいますと、

 今年、清明節とイースターの休暇で日本に帰国したときに 立ち寄った田舎のコンビニの熟女エロ本の表紙に出てた顔かたちが
 間違いなく彼女でした。
 正確には、彼女の面影にそっくりでした というか だいぶ弄ってるでしょうが 本人に間違いないと確信しました。

 ブルーのセロハンテープで立ち読みできないので中身までは確認できませんでしたが、
 頑張ってる様子でした。

 噂で聞くに、その後、平成前に、青年実業家を捕まえてめでたく結婚したものの、彼の事業が傾いたのが先か、
 金の切れ目が縁の切れ目だったのか、金主頼みで、自分が始めたアパレル屋が傾いたのか どちらが先かしれませんが、 
 離婚したとか、埼玉の建設業者の社長と再婚したとか、その後も風呂への浮き沈みなどという話も伝え聞いていました。

 ともあれ、この年で 身一つ、髪型ばっちり、パンツ一丁で五十路雑誌の表紙をピンで飾る、
 自分の強みを(おそらく本能的に)理解して、最も効率的に、その分野で生きようとする、
 相当、自己投資(メンテ?改造)も怠らず、体調管理もして、
 しかも、人に夢(欲望)を与えられる仕事というのは、屁理屈ばっかりいっていて 悲観的な皮肉だったり、
 厄災をいってる 怪我したり、殴り合いしている 私なんかと比べると立派だなー、 すげーなーと思いました。

 クリスチャンでもないくせに、カッコいいからということで、
 私アパートに近くの、近所の短大の英文科にいた彼女、の宿題、英語のことわざをタイトルにしたエッセイを書いてやって
 やったたときに 訳したのが
 
 Even a warm will turn 一寸の虫にも五分の魂

 ですが 今は 神は細部に宿ると訳しなおします。

 

関連記事

コメント

非公開コメント