FC2ブログ
2018/04/02

CARBOY Returns


すでにご存じの方も多いと思いますが、八重洲出版からCARBOYが復刊されました。
 雑誌としてでなくムックとしての発刊ですが、手に取って眺めると、十代のころ、毎月15日に発売時に書店に
 駆けていって手にするときのドキドキや、何度も読み返して、
 ここから、わからないことを調べ、学び、人から乞い聞き、またその先へと、進んでいいこうとした感覚がよみがえってきます。




 表紙になったのは、八王子のライジング 伊藤さんのS30Z L28改のエンジンルーム
 アルミビレットの長いインマニとインジェクションのスロットルボディ、
 インジェクターハーネスを見えないようにまとめた配線の美しい取り回しと、フュールデリバリーパイプのバンジョー
(赤アルマイト)の取り回し、

 カムカバーに増設されたブローバイパイプの2本のアルミパイプの取り廻し、
 下から覗く、6気筒のタコ足のおどろおどろしさ、エンジンルームの黒の艶ありと、ワイヤータッキング、
 ラジエターサポートのパーリング、等々が見て取れます。



 ところで、この雑誌、主要な広告代理店を通さずに、往年来の各テクニカルショップや往年の読者有志による寄付によって、
 製作費の一部を賄っています。

 私も、往年の有志の一人末席として、協賛しています。国産チューニングとは縁が遠い500E倶楽部なる文字がでてるのは
 そういうわけです 誤植ではありません(笑)




インターネットWEBの時代なので、QRコードでブログに飛ぶようになってるそうです
でも、この雑文、500E関連の多くは、元カーボーイ読者から見ても、あきれるような偏執狂的なマニアック、マスターベーション記事が多いので、リンクを辿ってもためにならないのではないかとやや心配しています。

 今思うに、たしか雑誌の値段は当時500円、高校生のときのお小遣いが5000円・月だったので、
 所得の1割をこの本に使っていたんだと思うと、30年余後の今、本来なら、雑誌一冊の製作費だすから、好きに作ってください
 とポンといきたいところなんではありますが、
 そこまでは到底いたらず、このような協賛となりました。ライジングの伊藤さんやラウの中居さん、RSヤス、
 ナプレックの名古屋さんやサクラムの宇野さん、アートテックの花塚さん、プロモデットの小峰さん、
 風クラフトの風間さん、ザウルスの林さん、クルウチの久留内さん、 ナインレコードの長谷川さん、ブラックラインの鈴木さん、
 そして、エスコートの塩原さんらと
同じ―ページに、名前がのるのは、とても気恥ずかしいものですが、良い思い出になりました。

雑誌の写真みても、板前サニーの廣野さんや、新潟のスバル360のコレクターなど懐かしい写真の上にいます

みなさんも是非手に取って、見て、往年の感動と これまでの発展の結果、
これからの先を感じてください

アマゾンでは品切れになって、一時3000円位になってましたが、増刷対応で落ち着いたようではあります。

へへへ、でも私は、協賛したので2冊あります。

でも、一冊は日本において、もう一冊は香港の家に持って帰るので売りません 


関連記事

コメント

非公開コメント