FC2ブログ
2018/03/03

美しい国の美しい500E / The Cool Beauty W124036


先月、エスコートへ伺った際に、Kさんとご一緒しました。

こちらも、おそろしく、美しく、また走行距離も一桁万キロ台のお車で、塗面から内装から、驚くほど美麗に仕上げてあります。
保管方法、手段だけでなく、普段から愛情と手間をかけた結果の蓄積、証左です。
一朝一夕でできるものではありません。



2台に共通しているのは、塗面の面荒度が極めて低く、映り込みなしでは撮影できません。
室内も社内も余計なものがありません。

こういう車の中にいると、田舎の美人コンテストで、結構イケてると思ってるお姉ちゃんが、無駄毛処理もしないで
ミスユニバースに出て行った感や、 地元じゃ腕自慢、喧嘩強いと思っていた兄ちゃんが、練習なしに
ルンピ二のリングに上がって、ローキック一発 というレベル差、文化差を感じます。

前にも新倉オフのときにご紹介したと思いますが、1速スタートで2.24のファイナルギアの6リッターです。
AMGのエアロも、3Pのスポイラーもそれは美しく、シートもお約束の往年の名機レカロCSEで整っています。

クールビューティと書きましたのは、画像の印象がちょっとちがうんですよね
お聞きしたら、ヘッドライトを社外のクリアガラス(昔はドイツで売ってたらしいです)を、純正のヘッドライトユニットにあわせて
いるそうです。

fc2blog_20180225145158ea1.jpg

ヘッドライトの光軸がでないんじゃないかとお聞きして、ちかくに寄って撮影してみましたら、
リフレクターにカットがでるように加工してありました。レイブリックのクリアのH4DINサイズ分解して、
反射板だけつかって組み込んでいるとのことです。

500E純正のドライビングはペンシルスポット、AMGバンパー内のフォグランプは、フォグで使ってるとのことです。

すっげー!

fc2blog_20180225153612084.jpg

ディスクを色合わせている18インチホイールは、ブレーキキャリパー、ディスクが入らないから旧モデルから
インチアップしたそうです。

同色ペイントのグリルとあわせて、ものすごい、存在感、威圧感、存在感です。
テスラのときだと高速道路の追い越し車線、譲ってもらえないけど、モーゼのように
道が開かれるという意味がわかります。

往年のメルセデス AMGの存在感てのは、こういうところの積み重ね、
”眼ヂカラ” なんだろうなって思います。
関連記事

コメント

非公開コメント