FC2ブログ
2018/01/07

ATI. Dumper titanium bolts

ATIダンパーの固定ボルト,
ダンパーに附属されてくるのは、ダンパーシェルとハブを固定する6本のボルトと
ダンパーシェルとプーリーを固定する3本のスチール製クロームモリブデン製のボルトです。

 その重量は 60グラムと69グラム 合計129グラム
回転部で軽量を狙う向きには、純正で6AL-4Vチタン製のボルトが出ています。
回転部の軽量化がいくら大事であって、ここを60g軽量化しても、エンジンのレスポンスが
格段に上がることはないし、1/4マイル走るタイムが0.01秒上がることもありません。
それでも、飽くなき挑戦を行う人たちはいるもので、
これでもかという位の努力を行います。
ワッシャーに軽量化の孔を明けたり、ナットの厚みを必用充分ギリギリに薄くしたり、
ボルトの突出しも、ナットギリギリにする。ボルトのヘッドのサイズを下げる、
ボルトのヘッドの中に軽量化の孔を明ける、ボルトの六角ヘッドの中に、もう一つ六角穴をあける。
車両重量が自動車と比べると、1/10以下のオートバイや、1/150以下の自転車競技ですと、
1gの軽量化が、全体に占める割合がそれぞれ10倍、150倍あるわけなので、その分一所懸命なんだと思います。
自動車、特に市販車ベースの箱、ストックボディだと、図体がでかい以上に、
快適装備や、安全装備、配線、防振や吸音材等といった走行自体に本来、競技だけであれば必用のないものが
ついてパッケージされてますから、そういった部分に埋もれてしまいがちになります。
でも、こういった1gの軽量化を突き詰める姿勢は参考にしていきたいとおもいます。
ではありますが、振動の出るハブとダンパーの固定、そうでなくても、スチールであっても、六角穴ボルトだと
外すときになめやすいものですので、どなたにもおすすめできるものではありません。
メーカーでもスチールシェルにはチタンボルト使うなと注記してます。
クロモリ純正ボルトも、対策品が出てる位、六角穴でなく、トルクスに変更しているものもあります。
高回転廻したエンジンですと、緩めるときに、穴がなめやすく、
結局、スペースの関係で、車上でのボルト外しができないので、エンジン下してのダンパー交換作業になるようです。
ダンパー自体、レースのレギュレーションでは、定期的なオーバーホールが必用ですから、
取り外し安さも考えたほうが良いと思います
もっとも、ダンパーのオーバーホール前に、エンジンを明けないレースはないでしょうから、
そんな心配はいらないのかもしれません(笑)
関連記事

コメント

非公開コメント