2017/06/24

トランスブレーキ 722.6 NAG1 エボリューションプロジェクト (12) TRANS BRAKE 722.6 NAG1. Evolution Project (12)


夏至もすぎ、日本ではもう少しで梅雨もあけるころでしょうか
こんなこと、もう何年もやっていますが、少し進展がありましたのでとりあげます。

トランスブレーキの主要部品である 加工したバルブボディに装着して使用sるソレノイドボディができました。
後退バックギアと前進1速ギアに同時に駆動力を伝えるよう、油圧を制御する部品です。
電磁ソレノイドのオンオフで油圧通路を変更できるようにアルミビレットで、バルブボディに合わせて
装着されるようにできています。


18403331_759645934214278_4439470837226377504_n trans

バルブボディの3D図面なんてものは公開されていないので、現物をもとに、流路を解析して、
バルブボディを加工し、アルミブロックで流路を断続できるようにしてあります。
このために、クリアアクリルで型とりをしたり、位置変更、高さを検討調整したりとしています。
こんな作業、絶対自分ではできないと思います。

18485789_764487253730146_8178066088091626783_n transbrake

加工済みバルブボディに、トランスブレーキを装着したのがこの状態です。
ステンメッシュのホースがブロックの左右穴をブリッジしているのと、
電磁ソレノイドが良くわかります。

このソレノイドをコネクターで接続し、ハンドル位置まで配線をもってきて、
スイッチのオンオフをできるようにします。

18556389_764487323730139_2048715871894284354_n nag1 trans

純正のATFフィルターを装着した図になります。

18527730_764487300396808_597711236889021828_n transbrake

ブロックの高さが加わりますので、ATFフィルターには下駄、スペーサーをかませてあります。

18556372_764487263730145_3731751351794350981_n nag1 transbrake

反対からの写真になります。

ご覧のとおり、フィルターまでの高さが約4cm変わりますので、1.5インチのディープパンを装着する必要がでてきます。
今製作しているアルミフィン付ATFパンでは、高さが足りないので、ATFパンの高さを足して再度製作することになります。

こんなもの絶対買う人いないので、米国製の市販のディープパンでもいいのですが、
先に、エンジンパンと合わせないとカッコ悪いっていった手前、引っ込みがつかないので、
やむなく両方、製作することにします。
とほほ

チャレンジャーやチャージャーにトランスブレーキつけたい人はいると思いますが、
日本で古いベンツに、オートマ取り替えて、
さらにトランスブレーキつけようなんて人は 絶対にいないでしょうね
関連記事

コメント

非公開コメント