2017/04/22

I am the sum of my small steps, Even alternator bearing shall do. 小さなことからコツコツと オルタネタ―のベアリング

各方面から意外に好評であった ローフリクションシリーズ(笑)

小さなことからコツコツと、 英語でいうと、意訳ですが、語感的には

アイマ ザサム ォバ マァイ スッマァール ステップス I am the sum of my small steps


 といっても、ものには限度があるとは思いますが、

”最善か無か” というヤスッピー コピー より いくぶんハッピー だと思います。
  ↑
 中古ベンツ 乗ってる癖にこんなことを 語る 半可通が嫌いなのか、つかいふるされた
 ウソ、コピー自体が嫌いなのかわかりませんが、
 中年女が無理やりセーラー服着て、ダブルピースして年齢詐称してるような気恥ずかしさを 今になっては感じます。

fc2blog_20170412152918a50.jpg

ドラッグレースだったら、1/4マイル走る最後に 2インチ 早く光電管を切れればいい、
 そのための最後の一押し、
 自転車競技だったら、レース最後に ギア1コマ
 余分に回ってくれる余力の一押しであればいい、
 という人たちのための、高精度のセラミックベアリング。
 
 本来ですと、フリクション減というより
 超高回転のCNC旋盤の軸受、振動防止、かじり防止の目的だったり、
 産業用、宇宙開発、軍事用で使うものなんでしょう。
 そんな規格外のものを街乗りの自動車に使おう等という バカをやろうとすると際限がなくなります。

 本当は、テーパーローラーや、アンギュラーボール組み合わせまでセラミックでやりたいんですが、
 まずは 規格品があるものを拾って できるところからやっています。

 デフ内部もホイールベアリングも、オートマ内部も、エンジンの補機を含めて、
 全部のベアリングを高精度のにしています。

 その中で、おそらくもっとも小さいベアリングは、
 写真のオルタネーターの軸受け、
 プーリー側の大きい方は、泣く子も黙るピカピカのセラミック(笑)

 小さい方は規格品がなかったので研磨、タングステン、モリブデン処理して、シールあたりも変えて、
 ローフリクション狙っています。

 ここまでやると、シャフトやローテーター、プーリー込でバランスとるんでしょうね

 本当にフリクション減狙うなら、オルタネーターなんか無しなんですが、街乗り自動車なので(笑)
 せっかく、モーテックつけてるので、充電制御、車速減時の優先や、アクセル開度、低回転優先で
 制御したいと思ってます
 
 そういえば、大昔、プロダクションレースしたたとき、
 オルタの充電オフスイッチつけたら、確かに、フィーリングは良くなったけど
 タイムは変わらなかったなー
 
 などと思い出しながら、アドバンス製のツインステーターのオルタネターに組み込んで使う予定です。

関連記事

コメント

非公開コメント