2017/04/15

オルタネータ ベルト  サーペンタインベルト改

ラジエターマウントの電動ウォーターポンプ にするには、
ベルト駆動の純正ウォーターポンプが要らなくなるので取り外します。

ここに左右バンクブロックにコールドウォーターを送るための、
ラジエターからのホース二本 AN10を接続します。

写真では見えませんが、
ヘッドへ上がる前のブロックホットウォーター流路後のポンプインペラー後のキャビテーションバブルを集めて吸い出すための
小さい二つの孔から  バブルキャッチタンクに送るAN6のプレートを作ってます。

つまり、水回りを全部作り直し、おまけにファンプーリーブラケットもラジエターからのウォーターバイパスもごっそりなくなります。

;要はオルタネータ以外右バンクが無くなるので、225センチもあるサーペンタインベルトをやめます。
4PKの二本ベルトにしたのは、長さ短くしてフリクション減のためです。
オルタネーターの下側のブラケットは、オルタをできるだけ後ろに下げるために、ビレットで製作しました。

7000番代の超々ジュラルミンビレットのクランクダンパープーリーも、軽量化のため、肉抜きしてます。
ピッチはダンパーにあわせてシボレーピッチの3穴です。
オルタプーリーも同じく7000番代のビレット4PK仕様です。

fc2blog_2017040721040366a.jpg

ご覧のように、ATIダンパーも、ハブができて、装着できました。
クランクピックのトリガー付を使おうと思いましたが、テンショナースペース的に無理なので、
諦めました。フライホイールからのピックアップとします。

寸法取り用の解体屋からのエンジンなので、ウォーターポンプのところが汚いです
関連記事

コメント

非公開コメント