2017/03/14

メルセデス オートマティックトランスミッション 変遷

 写真はメルセデスベンツ社のトランスミッションの変遷 722.0/1から722.6まで (たぶん)

722変遷

6機がならんでいます。

一番手前は、今 ヘアライン号が載せている 722.6 NAG1 5速電子制御 シリーズのスモールNAG
(M119搭載の500Eに搭載する ビッグNAGではないです、一回り小さいスモールNAGです)

次が   722.5 5速、722.4の5速版
( W124の300E-24V とか M104のモトロニックのSLやW140、W210やC36の最初期モデルにのってたやつ)
その奥が722.4 722.3の4速 6,4気筒

722.1 分割式のベルハウジング たしかM116とかの初期モデル

一番奥が722.0 たしか 縦目の108とか でしょうか

私の場合、ベンツのオートマのモデル理解が乏しいのと、
知識経験に偏りがあるので、自分がやったことのあることしかわかりません。

でも、門外漢なりに拝見しますと、
ベンツ社のオートマチックトランスミッションへの拘りは、他のドイツメーカー、ポルシェやBMWはベンツや他社の
オートマを購入してエンジンと組み合わせたり(928は722.3でしたし、996やカイエンは722.6ですね)
ボルグワーナー社のオートマをそのまま流用しているのと比べると
相当投資をしてふるくから自社開発してます。

さすがというか、昔から、内燃機の動力を伝える変速機の重要性をわかっていたんでしょう。

自動車メーカーも淘汰、合併が続いて、前にも書きましたが、
クライスラーと一時は一緒でしたので、その流れで、米国車、クライスラーやダッジでも722.6を搭載した
モデルが多いわけです。

弄る人、競争する人が多ければ、進歩は進むわけで、
自社開発でない分、ブランド価値が高い分、コストをかけられるポルシェ社の手法や、
マイバッハやSLRの部品、アメリカのドラッグレースのノウハウや部品を、うまく組み合わせて、
享受できるというメリットが出てくるわけです

ベンツのドライブトレインのエリート開発者も、まさか20年後に極東の日本で
社外コンピューターつけて、W124 500E M119エンジンに
のせるなんてことは予想もしてなかったでしょうね(笑)


関連記事

コメント

非公開コメント