2017/02/14

チタニウム合金ボルト Titanium 6-4 bolt study for W124

 チタンという言葉に、特別な憧憬や郷愁があるのは私だけかもしれません。

 記憶をさかのぼれば、1976年秋にソビエト空軍のベレンコ中尉が北海道にミグ25戦闘機で亡命したときだったと思います。

マッハ3の速度で飛ぶと言われていたフォックスバットは、超音速飛行の
摩擦熱で高温となるためチタンが多用されているとマコトシヤカに
喧伝されていたのですが、実際は、ステンレス鋼、ニッケル鋼板が多かったということが、
亡命した機体を自衛隊と米軍が茨城の百里基地に運んで調べたところ分かったとかいう話を、航空ファンだったか、
航空情報で読んでいました。

その後、自転車、ロードレーサーで
 カンパニョーロのスーパーレコードがチタンボルトを使っていたのを見て、比べると軽さに驚いたり、
 
 内燃機で、チタンコンロッドだとか、チタンベルハウジングだとか軽量高強度を知るにつれて、
そんな思いが増しました。

 実際、工業試験場で試験をしてみると純チタンでは、それほど強度はでないことがわかり、
 6-4チタンといわれるチタン合金が、クロモリ鋼なみだとかいうことを実際に知るようになりました。



 そんなわけで、ヘアライン号にも、チタンボルトを奢ってやることにしました。
 M6サイズですと、すでにジュラルミン合金7000#でやってますので、
 M8、M10、M12で、焼入クロモリでないところをピックアップして、チタン化していこうと思っています。



 効果的なところですと、バネ下、オーバーハング、エンジン、トランスミッション、駆動系等ということになります。
 ここらへんのボルト、ナットを全部換えれば、数キロは軽くなる計算です。

 チタンの焼色、レインボーカラーやゴールドも可能なんですが、
 地味なナチュラルカラーで統一することにしようと思います。

 一枚目は、デュアルヘックスフランジボルトで、
 外側が六角ボルト、ボルトの中がヘキサゴンになっていて、フランジ付の軽量バージョンです。
 ボルト6面の穴はワイヤーロック用となります。

 ハブもチタンでつくれるかな(笑)
関連記事

コメント

非公開コメント