2017/01/08

722.3 から 722.6への換装 11  722.6 Conversion Study 11 TCU2000

機械式722.3から、電子制御722.6への換装
ごく一部、ごくごく一部の人には、興味を持っていただいているようです。
OLE氏の制御コンピューターを紹介して、私も使っていますが、それ以外の選択肢で、
PCSのTCUを使うという方法もあります。
tcm2000big.jpg
私の知りうる限り、クライスラーNAG1用のこちらを利用して、
ベンツに722.6換装は2009年位からやってる人がいて、すげーなと思っていました。
CCTP-140200-TRANS-011-HR.jpg
メルセデスの722.6は(当時)ダイムラークライスラーのNAG1です。
チャレンジャーやダッジチャージャー、日本でも一時よく見かけたクライスラー300Cやジープにも使っています。
そのため、社外コンピューターが出ていて、専用品ではないですが、オートマに行くカップラーはキットで出ていますが、
シフトモジュール配線コネクターの接続は、車種毎なので、ここを自分でするつもりなら、使えます。
基本、アクセル開度(TP)、ブースト圧、車速、回転で、ギアを選択、ソレノイドのDUTYを制御する仕組 みですから、
コロンブスの卵的ではありますが、わかってしまえば、そう悩むことでもありません。
このTCUのすごいところは、本体にスタンドアローンで
ログ機能がついているところと、外付けで、モニターが接続できること、
そして、PWM制御が外付け6チャンネルできるところです。
ギア、車速に合わせた燃料ポンプのPWMコントロールもできます、ロックアップにあわせて、燃料ポンプ制御することもできる。
ターボの過給圧も、この電子ソレノイドでPWMコントロールできますし、電動ファンもPWM制御できます。
モーターの特性みないといけませんが、エアコンのブロアファンもコントロールできることになります。
ニトロのソレノイドもPWMでコントロールできます。
USB接続でPCなり、LCD表示できますから、アイパッドで表示することも可能です。
難点は、フルコンと同じで、なんでもできるってことは、何をするのかどうコントロールするのかの鳥瞰図面書く頭がないと
結局使えないことと、コネクター調達、ピン配線に一手間かかる。
最近、見慣れたTCU2000が廃盤になって、少し小型のTCU2800になったようです。
こういうの、洋を問わず、社外でほかの車種でたくさん使用している例を見ると、
やっぱりメルセデスのユーザーは、世界的に、
保守的なブランド好きで、逆差別的、冒険性に乏しいというか、やらない理屈を考える、
逆をいうと、真のところを理解していなくても、見た目のわかりやすさ、お手軽さに飛びつきがちで、
それが、簡単お手軽に交換できるホイールやエアロパーツ(中古でもコピーでも)には安易に飛びつく傾向にあるというのも
残念ながら外れてはないような気がします。
冬の寒さに負けるな燕雀‼︎
関連記事

コメント

非公開コメント