2016/12/08

OS GIKEN リミテッドスリップデフ組み込み

今回もOS技研でデフの組み込みをお願いしました。
慣れてる人は、作業が速いです。
写真はピニオンベアリングのリテーナー 打ち込み済の図です。
14699920_1102338876552677_770120312_n.jpg
表面が研磨、二硫化タングステン、モリブデン処理で黒光りです。
痛みの少ない場合、ピニオンベアリングを変えないこともあるようですが、今回はフリクション抜く意味で
ベアリング、リテーナー込で交換です。同じく、JISでいる6級クラスの高精度ベアリングが入手できたので、
それを表面処理して組み込みます。
14657817_1102338909886007_983338103_n.jpg
ピニオンのテーパーローラーベアリングも、特級品、表面処理済、アッセンブリ―用のグリスも支給で専用品です。
ピニオンのところにある歯は速度センサー用です。
その上の提灯型のカラーをつぶして、歯あたりを調整します。
14642918_1102338966552668_77233672_n.jpg
ピニオンギア、リングギアを組み込みました。
アクスルシャフトのアダプターも組み込んであります。
14694734_1102338993219332_69980854_n.jpg
ポルシェ930 CV(PCD94/OD108)を あわせたところです。
サイドフランジの大きさと、930CV(社外の高強度研磨済軽量品です)の大きさの違いが
よくわかります。
関連記事

コメント

非公開コメント