2016/11/04

LSD サイドベアリング ローフリクション


先に書きました ローラーベアリングOS技研のTCD デフに装着したところです。
OSのロゴと フランジの肉抜き加工とモデル、シリアルナンバーが見えます。




テーパーベアリングは、二硫化モリブデン、タングステン加工で色が変わっています。
写真ではわかりずらいですが、非常に平滑です。




リングギアを装着して反対側です。

ベアリングを装着して、回転させてみた動画です。
これで滑るようなローフリクションが実現できることと思います。

ここまでやると、オイルシールの抵抗もばかになりません。
最近の省燃費モデルでは、オイルシール形状も工夫されていますが、この時代のオイルシールは
油漏れ防止が第一で、そこまでは考えていません。

ゴム部、リップ部にDLC、モリブデン加工ができるようなので、いずれ挑戦してみたいと思います。      



ここまで、極端にフリクション低減にこだわらなくても、OS TCDの素晴らしさは、味わえます。
距離が少なくて、ピニオンベアリングに問題がない場合には、
サイドベアリングとオイルシール、サイドフランジのところ左右と、ピニオンフランジを変えるだけだと思います。

デフからのオイルもれはw124全般に多い症状ですから、オイルシール交換時に、
OSのLSD組み込みはお勧めです。

前にも何度も説明してますように、500Eを楽しむにあたって、コストパフォーマンスの高い商品のベスト3に入るのが
OS-TCDだと思います。

金額は確かに安くはないですが、下手なホイールを程度の値段で、走行安定が楽しめる。
ロック時のタイムラグや、コーナーを曲がるときのギクシャク感等のデメリットなく、運転の楽しさが味わえるものです。

私はドラッグ用で極端なイニシャルトルク設定にしていますが、通常のセッティングだと、
ふつうの人であれば、アクセルを開けないで、街中のっても気が付かない、
アクセルを開けて、トラクションがかかって、カーブを立ち上がるときに!!とわかる。
雨や強風の高速道路の直線走行時、やレーンチェンジ時に安定度が高く!!! とわかる程度だと思います。

この楽しさを、味わえる幸せに 感謝しています。


関連記事

コメント

非公開コメント