2009/12/25

ハブリングとホイールセンタリング



 ベンツのホイールは、ハブでセンターの位置決めをするインロー方式です。
 ここは結構重要で、ハブセンターがずれているといくらバランスをとっても、微振動がでます。
 ハブ径がφ66.5ですが、クリアランスが4/100~5/100mm以下でないとしっくりきません。

 装着時にブラシで掃除しないと填まらない位がちょうどよく、これよりガタが大きい精度の低いホイールを使うときや、社外のものを使うときは、ホイールセンタリングシステムといって、ボルト締め付け時に振動を加えて、センターを出して締める機材を使えばいいのですが、そんなものは、一部のタイヤショップでもいかないとないので、私は、ハブセンタースペーサーを造ってもらって使用しています。
 写真は、プロドライブのホイールに装着して、ボアゲージで測ったところです。4/100というと、エンジンのピストンクリアランスでも結構きつめな位の数値です。

 これやって、タイヤのバランスが取れていて、真円度が高いコンチやミシュランのようなタイヤを装着しますと、
 高速時、アクセルを抜いたときに滑るような感じです。
 もっとも、それ以前にプロペラシャフトのバランスや、スピンドル、ハブベアリングの精度が高いのも前提ですが、
 最速ランナーにはお奨めの品物であります。
関連記事

コメント

非公開コメント