2016/08/30

リアブレーキ インナードラムの作り直し

リアハブの製作に合わせて、リアブレーキのインナードラムも再製作することにしました。

写真のように、ブレーキディスクは340ミリ 17インチのドラッグラジアルを履くのでローター径はマックスサイズ。
ポルシェターボ用のキャリパーを旧来のまま使います。
バックプレートは純正を使って、サイドブレーキも純正。
インナードラムは、ジュラルミンの硬質アルマイト加工ですませます。

従来のもの、旧アジアサービスで製作したものは、スチール製のインナードラムがアルミのハットについてます。
これ、良く見るとわかりますが、ローターとハットはフローティングビスを使っているのですが、
リアは、このインナードラムアダプタをいれているので、リジッド固定です。
まあ、フロントほど酷使しないからいいのかもしれませんが、せっかくなので、フローティングにしました。
他の選択肢ではそもそも、バックプレートいらない、サイドブレーキいらないという意見もありました。
どうしても、サイドブレーキが必用なら、ラインロックでリアでもいいし、
独立サイドが必用なら、追加でサイドブレーキ用のキャリパーを追加という案もありました。
バックプレートがなくなれば、サイドワイヤーにあたることを心配することなく、
もっと径の大きいCV 934サイズも使えるので 悩みましたが、
今回は、純正のサイドブレーキのまま、ハットだけ作り直すことにしました。
スタッドボルト1/2インチにあわせて穴径も大きくして、114.3で作っています。
関連記事

コメント

非公開コメント