2016/06/19

Hood Fight Scedule two 2016


ハイライズに対応しようとすると、必然、これくらいになります。
これならガラス面に当たる空気の高圧部分を吸気に利用できるので、高速時は走行風圧により過給(低圧ですが)がかかったのと同じ位の効果があります。
いわゆるラムエアですね
あと、ヘアライン号、w124の場合、純正の後ろヒンジを使う、FRPのフードだと、ここに補強の板を通しています。
なので、これを使おうとすると、ヒンジを外して、ズースファスナー止めの、パカンと取り外し仕様となるように思います。
まあ、それでもいいんですが、
どうせ、そこまでするなら、フェンダーとフード一体のカウル仕様にするほうがカッコいいとなりそうです。
自分の中でレギュレーションを決めておかないと、結局、
レースカーになるか、レースカーもどきの出来損ないのストリートカーになってしまいます。
私の中のこの車のレギュレーション(現時点)は
ナンバー付
ロールケージつけない、
エアコン、パワステ、オーディオの快適装備
ホイールベース変えない
エンジン型式は変えない
排気量変更はOK
ニトロ、過給OK
です。
JDDAだと、11秒クラス以上だとロールケージ必須なので、ターゲットタイムは11秒ということになります。
実際、11秒で優勝狙う人は10秒台半分で走る車ですから、、
必用馬力は1700キロの鈍重だと、650馬力位ってことになりますでしょうか
過給で+350馬力、合計1000馬力は、タービン次第で難しくないとは思いますが、
まずはNAでどこまでできるか、制御ができるようになったので、カムに挑戦しているところです。
ゼロヨン10秒台、高速320キロの90年代の車。まずは過給の力借りずに、NAでできるといいなと思っています。
関連記事

コメント

非公開コメント

ほぼ同じ。

私もほぼ同じです。
ナンバー付
ロールケージつけない、
エアコン、パワステ、オーディオの快適装備
ホイールベース変えない
排気量変更はOK
ニトロ、過給OK
です。

私の場合はエンジン形式変更もOKです。
その代り構造変更必須。

Re: ほぼ同じ。

 かわばたさん

> 私の場合はエンジン形式変更もOKです。
> その代り構造変更必須。

 エンジン型式、ものによっては、エンジンメーカー変えるのでもいいと思います。
 トランスミッションの変更も可

 基本自由ですが、メーカー設計はある程度尊重ってところかな?

 外観、オーバーフェンダーなどは、あまりいじりたくないですね
 外観 積極的にいじってかっこいいのは、新車発売後、ショーに出すまでの何か月間かだけで
 それ以降だと、モノマネか、エアロの寄せ集め、ブランド信仰になりがちです。

 タイム上がる、性能向上するならいいんですけどね、最近はCFD設計あるから、エアロ設計も楽なのかな?