2016/04/24

エキゾーストのカム

カムはインテークだけじゃないので、備忘のために、エキゾーストのカム。
作用角の大きいKEのものを書いておきます。

実測 0mm230°のリフトが8.8mm. 13/13

2mmリフトで178°



実際に自分でカム弄った人は気がついていると思いますが、インテークとエキゾーストのカムはバルブピッチもベースサークルも一緒です。VVTのカムギア、油圧ホールプラグ変えて、バルタイあわせれば、インテークのカムをエキゾーストに使える理屈です。ただし、オーバーラップ時ー可変バルタイ時のバルブタッチは念のため見るべし



カム写真


昔のユーノスロードスターとファミリア見たいな純正カムチューンが出来ますね
本当はVPクリアランス見てみないとなんとも言えないけど、

ピストン、M119は左右バンク共用だから、
ポン付けでもいけるんじゃないかと思います。
バルブスプリング,リテーナーはIN&EX共用、ステムシールは左右違いますが、高さは大きくかわりませんので、ステムシールタッチもありません。くどいけど、バルブ間タッチは見てね!未確認なので



エキゾーストをインテークカム流用することで、8.8mm⇒9.5mmと リフトが0.7mm, 作用角が10°(@2mm)大きくなる程度とライトチューン程度ですが、中速域以降のパワー、パンチは上がるんじゃないかと思います。抜けの良い排気管とのマッチが良さそうです。 

 できれば、背圧の低い排気管、排気の脈動生かしたいから、左右等長のフロントパイプ付けて試したいですね。

すでにコメント欄で書いていますが、

先にテストする心意気の方がいらっしゃったら、フィーリング、感想でいいので聞かせください。

ついでにやるなら、バルタイが10°以上もずれてる伸び伸びのチェーンとガチャガチャのチェーンガイドレール変えるのと一緒でも試せますが、
オーナーが工賃、お金払って、修理するのでしたら、できれば、バルブガイドのガタを直してキチンとシートバルブが当たる様にして、規定以上の圧縮圧力と偏差で試す事をお勧めします。


(テーマから外れますが、何度も書いてあるとおり、バルブガイドなんてのは10万キロも走れば、ガタがでます。ガタができれば、バルブシートあたりが悪くなり、密着しなくなり、編摩耗してきます。だから、ヘッドはがして、ガイド交換を強くすすめます。オイル下がりしてるってことは、ステムシールだけの問題じゃなくて、本来はガイドの摩耗の起因のものです。だから、シール交換でとどめるのは、自分の車のるオーナーカーには、奨めていません。まあ、販売車では、費用もかかるから仕方ないといえば、仕方ない。。。。。)


昔からそうなんですが、流用ってのは、バックヤードビルダーの醍醐味なんですよね
メーカーはコスト考える、寸法の経験値を利用したいから共用化する、それが意図しない方法で、市井で試される。

ノウハウというか、気が付いたことを共有化する、試してみる、それでさらによくなるというサイクルは、とても、良いことだと思います。



関連記事

コメント

非公開コメント