2016/04/11

車高短とカッコよさ ヘアライン号が車高さげるってよ!?

車高短は嫌いですか?



イースター休暇で帰国した際に、加工屋さんを訪問しましたところ、
本ブログの読者でもあるマニアックな職人さんから「ヘアライン号は車高下げないんでしょ?」と言われました。

????

SJの小沢さんのブログ記事と勘違いしてるのか、私の性格を読んでかはわかりませんが、
誤解を招かないように言い訳しますと、大径タイヤ履いているので、結果として1Gで300Eの車高ですが、「私、別に、車高短が嫌いなわけではありません。」いえ 「むしろ好きです。」

車高を下げることを特に嫌う理由も見当たりません。

あるとすると、私の車、ヘアライン号の使い方、探究方法、その目的からすると、
車高下げることによって、伴う弊害が大きいから、車高を下げることのメリット、カッコよさ、好きの程度、
デメリット、カッコ悪さを、天秤にかけて、比較衡量すると、これ以上、下げない、
現状では、残念ながら、下げられない。という地点で拮抗しているだけです。

下げられない主な理由は、

① ドライブシャフトの角度⇒まっすぐでないとフリクションが増える。バンザイしているとさらに折れやすい(笑)。
② サスペンションストロークが稼げない。⇒サスペンションストロークを5cmは稼ぎたい。
③ タイヤがインナーフェンダーに当たる。⇒外径が大きいタイヤを履きたい。
現在の直径26インチ(純正は24.5)より、さらに大きくする(最低でも28インチは履きたい、

幅も275から、できれば325、345サイズ)には10センチ以上車高上げるか、けっこうな車体加工ホイールハウス製作が必用

④ ロアアームの角度⇒ご存じロールセンター、中心位置でアームを動かしたい。車高変化でトレッド、トー変化、狭くしたくない、不本意なロールをさせたくない
⑤ デフ位置⇒①③④解決するためにサブフレームを本当は上げたいけど、大幅なフロア加工、フレーム製作が必用
⑥ エンジン、オートマの位置⇒⑤をいじると、エンジン、ミッションとデフをつなぐプロペラシャフトを適正化するためには、
フロア加工のほかエンジン位置、高さ、排気管加工が必用。

なわけです。

対して、下げたい理由は、
a) 外観がカッコいい、低いこと自体が偉い
b) 重心位置が低い、レッカー移動されない。
c) 大径タイヤ履いて、車軸位置が上がっても、車高を変えなくてすむ。(フロア、ルーフ位置を下げられる)
d) 空力⇒前面投影面積は、ほとんど変わらないか? 苦しい(笑)

大昔に乗っていたRX3なんか、地元じゃ有名な車高短(笑)で、家のガレージの門扉のレール乗り越えるもの大変なレベル、デフ下にジャッキが入らない位でした。
リアはマツダスポーツコーナーの板レースサス(笑)、フロントはブレーキごとP3000用SA22Cのストラット装着してたので、シェルケースから5cm短く、おまけにタイヤ径の小さい13インチのアドバンレイン履いてたから、
レースの車検でも通らない位車高が低く、スタビライザーの位置を下げたり、デフのバンプラバーカットして乗ってました。

ただ、リア、リジッドサスペンションだったので、車高下げてもドライブシャフトがバンザイで折れる心配はなく
(結局パワーに負けて捻じれたけど)、
そもそも、独立懸架、マルチリンクじゃないから、バンプラバーカットと小径タイヤだけで、ストローク稼げました(板ばね(笑))。

なので、シャコタンが嫌いなわけではありません。
しかし、残念ながら、 今の状況と自分の使い方からして、①~⑥の理由を超えて、下げることができないだけです。

我が家の家訓、人生訓で、「短絡せずに、より困難な道をゆく」というものがあるのと、カッコだけ狙って、実が伴わないことのカッコ悪さを知ってるからです。

そこで、私が憧れる、カッコ良い例を挙げますと、
車高下げるため、最低地上高確保するために、70mmフロア切り上げたS30Z(S30Zはサイドシルよりフロアが低いんですよね)

私のLSD作ってくれてるトミタク氏提供

車高下げるために床切って、ホイールハウスとフレーム製作、太いホイール履くためにナローデフにしてまで安易にオーバーフェンダーにしないセドリック。



@不人気旧車会 前にも登場した石橋氏提供。オールドタイマーの連載休止が残念です。
車高下げてドライブシャフトがバンザイしないためのS30用ビレットメンバー。エスコート製


エスコート ビレッドメンバー  車と人生にバンザイしない事が、25万円(税別)で買えるんだから安い!

大径ホイール入れて車高上げない、リア重心位置下げるために、リアホイールハウスまで作って車高を下げるドラッグRX3。



車高下げるために、フレーム切断してCノッチ加工というより、リーフスプリング外して、
エアバッグとリンク、フレームから製作しているトラック。



トップの画像は、ちょっと、方向性違うかもしれないけど、①~⑥を無視して、
ベタベタの車高を作るためにエアサスにしてるW124.リア、マルチリンクたから、車高下げるとタイヤがドアハンドルの方向に動いて、トレッドが小さく、フェンダーとホイール上の隙間が目立つ、ネガティブキャンバーになっているのがわかります。これ以上は、ホイールハウスを作る、フロアいじらないと下げられないのが、よくわかります。
これはこれでカッコよく、イサギ良い。600グリル、W210ホイールとサンルーフポップアップ(笑)、
ヘッドライトが往年の中古車屋さん ぽくって良い味です。

なので、しばーーらく、時間がかかると思いますが、
将来、いつかは、今より少しでいいから、車高下げたいと思ってます。
関連記事

コメント

非公開コメント