2016/01/24

カムレスエンジン とケーニセグ

ケーニセグっていうと、
なんか、キワモノの新興のエキゾチックカーブランドのような気がしますが、
このカムレスの空圧バルブ見てると、すごいと思いますね。

良くあるクラウドファンディング目的の3D画像だけだと思いきや、
自分のサーブ9.5に装着して、実走させています。。

これの、どこがすごいって、カムを利用したバルブリフト方式と違って、
リフトプロフィールカーブを考えなくて良い、いきなりスクエアにリフトを稼げるから、
効率が極めて良い、短い時間で吸入(排気)行程を完了できるメリットがあります。
おそらく、ガバっと開く、閉じると、スワールやタンブルにも影響があるでしょうし、
脈動も多くなるので其のエネルギーも有効活用できると思います。

重たいバルブは慣性が大きいから、制約があるようですが、
センサーで、バルブリフトのモニターできるのも利点です。

これに可変リフト使えば、スロットルレスの可変リフト、可変バルタイが可能になります。

あと、エンジンが軽くなること、M119でいえば、重たいカム4本、長い駆動チェーン、
アイドラギアがごっそりなくなるから、10キロ単位で軽量化です。
加えて、タイミングカバーもいらなくなるから、フロント部がごっそり、約1気筒分後退できるし、
スペースも有効利用できます。

このCEOまだ40代ですが、中国の国営企業とジョイントで
サーブブランド買収しようとしてたんですよね、こんなカーガイがやってる会社の車なら、
自動運転化する世の中の流れに棹さしても、乗ってみようかなと思いました
関連記事

コメント

非公開コメント