2015/11/18

祝!! エンジンハーネス材質変更

   ベンツのM119用ハーネス、MOTEC化に際して新しく購入しました。バラして良く見たら、配線素材が変わっていました。

国産のAESSX耐熱風ポリエチレンというより、自動車用耐熱テフロン被膜のようです。モーテックで使っている高級配線と比較しても遜色ないものです。



SPEEDJAPAN エンジンハーネスへのリンク 旧い配線を3000円で下取り!

このブログの読者には、配線メーカーの方や、コネクターメーカーの方、ハーネスメーカーの方々(笑)もいるので
いい加減なこと掛けないため、 歯切れの悪い“推定“風で書いています。間違えあったら教えてください。

ヘアライン号のMOTEC化に際して、当初は不安な配線を新規でテフロン線で全部やり直そうと思っていました。
しかし、このタイプのハーネスならば、純正割り込みでも大丈夫とのことで
純正割り込みで作業してもらっています。

実は、エンジンルームの熱や加水分解で何年かでフリカケ状になるメルセデスの配線については、
米国で消費者クレームが立て続けに起き、クラスアクションが起きるかと懸念しましたが、和解となったやに聞いています。
その結果の対策だと勝手に思っています。

詳しいことは、わかりません。まあ、良いことです。

メーカーが改良品、安い値段で提供してくれているわけですから、これを利用しないことはありません。

スピードジャパンのページを見ると「3000円下取り、送料着払」とあるのも、きっと、この影響なのかな?
これもわかりません。

でも、良いことだ!

値段も他の部品の高騰と比べると安いですね、政策的に安価にしているんだなと思います。大人ですね。

3年前の記事みると、

エンジンハーネス入荷 
当時は、配線造ろうかなどと思っていたんですね。
メーカーが改良してくれる、それを安価で買えるという環境はありがたいことです。

テフロンハーネスで供給されるなら、自分でつくらなくってよかった!
関連記事

コメント

非公開コメント