2015/12/04

「500Eを買おうと思うんだけど....」との相談について、2015年版 (1)


このブログを見ている人には意外に思うかもしれませんが、
私の周りの友人や親族の多くは、一部の人を除き、
私が500Eに乗ってることを知りません。 たぶん(笑)

その一部の人、幸か不幸か、
私の馬鹿さが伝染した方々か、目にもの見た方か、
遠くにありて音にでも聴く方からは、社交辞令半分、
500E購入について相談を受けることがあります。

海外から、円安下の日本の500Eを買いたいという話も多く聞くようになりました。
私の知りうるところでも、幾十台か異人さんに連れられていっちゃってます。
これ、富の還流、自然な流れなんでしょうかね
少し、寂しい気がします。

そんなセンチメンタリズムはさておき、
それ以外の修理する前提、レストア前提、海外輸出やビジネス前提の方を除いて、
東海の小島、敷島の瑞穂の国で、500Eに乗りたいという人が、
最近、身近にも複数、あらわれました。奇特なことです。


いずくんぞ、汝 艱難辛苦を求むる哉

私もようやく道半ばではあるものの、少しは経験も積んできた身としていえば、


よくぞ、こんな困難な道程の入口に立ち、
飛び込む決意をされたと感服します。
乗ってる時間より、弄り壊している、私なんかが言えることじゃないですけど、
脱衣婆か、獄卒の煉獄六道無限地獄の案内人の心持であります

とはいえ、同好の士が苦労を覚悟で増えるのはうれしいこと

メルセデスベンツ W124 500E、E500

所詮“趣味性の高い(元)実用車”@2015ですので、
そこに何を見出すかで、どれだけ浪費、もとい資本投下するかが決まります。


正直、私にとって、ベース年式、モデルに、特にお勧めはありません。
まともに乗ろうとすれば、全部やり直すんですから、どれでもほとんど大差がないです。
400Eでも、前期91年でも、中期93年、後期95年、96年のリミテッドでも
6リッターでも、AMGでもブラバスでもかわりません。

どうせ、ぜんぶやり直すんだから、かわりません。
なので、直観で、縁を感じたもの、縁があるもので良いと思います。


関連記事

コメント

非公開コメント