2015/07/13

ポルシェ電子制御エンジンマウント



 「中古のポルシェやベンツに乗る奴はロクなものがいない」等といいつつ、
 自分では、現在、水冷ターボを中古で乗っています(汗)。
 タイヤ依存は高いけど、ベンツと違って、水冷以降のポルシェは本当に壊れません。

 空冷から比べると一回りも、二回りも大きいですが、それでもとり回しが良く。
 意外に 乗りやすく、見切りも悪くないし、目立たない。
 高速域でのサッシレスガラスの引っ張り等の粗もありますが、
 大きく不満はありません。
 リアエンジンのためトラクションのかかりは当然に良く、
 4WDの959,964のカレラ4、993、996と比べるとRRベースの4WDの出来も進歩しているのがわかります。
 
 まあ、その中でいいな!と思ったのは、電子制御のエンジンマウント。

 巷間、なぜかほとんど語られませんが、ポルシェのエンジンは空冷の頃からクソ重いです。
 空冷モデルの6気筒でも、220k超でV8、5リッターDOHCのM119より重い。
 まあ、水平対向の宿命でシリンダーブロックが倍、カムも倍、チェーンは長いので仕方ないのでしょう。

 さて、ドラッグレーサーに限らず、レギュレーションが許すレーシングカーではエンジンマウントはリジッドです。
 正確には、フロントカバーとトランスミッションの間にそれぞれプレートをいれて、モータープレートで
 ボディと剛体接合させて、構造体にしています。

 これやると、当然ノイズ、振動がボディに伝わりますが、ボディ剛性が大幅に増すだけでなく、
 エンジンのトルク変動がダイレクトにサスペンションに伝わるので、トラクションの掛が良くなる。
 加速性能があがります。

 さすが、ポルシェですね、重たいエンジンのマウントに電子制御機能を入れて、
 さらにアクセルオンのトラクションのかかりを良くして、しかも、通常時にはソフトですから、
 振動を抑えています。

 ホンダや日産の簡単制御のものより、機能が増しているようです。

 これ、大きさ見るとM119に流用できないかなと思うんですよね

 などと、やっぱり中古のポルシェやベンツのるような奴はろくなもんじゃない(笑)
関連記事

コメント

非公開コメント