2015/05/05

8連スロットル Independent 8 throttles for M119

MERC - M119 - V8

 モーテック化の次のステップと合わせて、
 8連スロットルの準備をしています。

古くは、AVOでも、8連スロ装着した500Eを製作してました。

 こちらは、イギリスのAT-POWERに御願いして作ったM119用の
 シャフトレス独立8連スロットルの試作品です。

 もともとは、M119を搭載したミッドシップカー向けに製作したものなのですが、
 車両の発売がとん挫して、そのままになっていたものを、
 私が引き継いで準備すすめています。

 この製品、どういう経緯かは当時から知っているのですが、
 アイドルエア用のポート孔が空いていなかったり、ヘッド後ろの冷却水の穴が小さかったり、
 ???という出来でした。まあ、アイドリングさせないエンジンならこれでもいいのかもしれませんが、
 街乗りでは無理なので、改良打ち合わせをしています。
 
 ブレーキのバキュームもこのままじゃ無理でしょうから、
 独立でポート8個あけるか、ハイカムいれるのが前提なら、別体でバキュームポンプつけることになります。

 M119インマニには、ヘッドからのホットな冷却水の出口が前に左右計二箇所、後ろ左バンクに一か所あるのですが
 その口径が水の流量と比べるとやや小さい感があります。

 また、スロットルも、722.3の機械式オートマと組み合わせるには難解なキックダウンカムの取り付けが必要で
 このままではポンとはつかないので、CAD図面でいろいろとやりとりをしているところです。

 口径45φのシャフトレスで、ファンネルの長さは3種類あるようなのですが、
 M119実用トルクバンド考えると、全長が短すぎる感があります。94.8mmとロングストロークのため、
 9000回転回せるエンジンじゃないですから、
 慣性過給、脈動、トルクバンドで考えると、最低でももう25cm位長くしたい、
 理想いえば独立でもクロスラムで
 左右バンク跨いで大型インダクションボックスつける位長くしたいのですが、ボンネット突き出して、
 トンネルラムか、シェイカースロットルのようになると思います。

 この手の製品、アイコン的にカッコいいのですが、
 つかいこなすには、排気系、カム、ソリッドとしてからの最後になると思います。

 吸気管短くて、270°ターンでない分、吸気抵抗は少ないのでしょうが、
 慣性吸気つかえないので、充填効率が大幅に下がっちゃうんですよね
関連記事

コメント

非公開コメント

男前のファンネルですね〜
スロットル開度1/2以下は要らないぜ!って感じがカッコいいです。

昔、FCRレーシングキャブのバイクで、ファンネルとK&Nフィルター比較で色々試しましたが難しかったです。インジェクションの強みで、ここもマップの作りで解決できそうですね!低回転から一気に吹け上がってくれないと、ブスブスしちゃいそうなので、可変バルブのエキパイで回避でしょ?
負圧はスロットルバルブ後のインテークポート直前に穴開けニップル取り付けで、解決できそうな予感。
吸気音大きくて、1号機とは対極的な車になるのでしょうね〜

Re:

長岡さん

ドラッグスタートはアクセル全開で点火時期と間引きで回転保持制御します。なので、常時全開です。町乗りのパーシャル、開度低い時は可変バルブマフラーに助けて貰えればと思っています。

MoTeCフル活用ですね。ローンチコントロールですか。多連スロットルにハイカムは負圧がないので間違いなくDジェトロは無理ですね。縦軸Trottle開度、横軸R.P.M.のマップはシビアですからね。Trottle50%で空気の実流量は80%位なので縦軸の80割を細かく刻んでパーシャルマップを作るのが良いかと。私は4スロでVWを動かす予定ですが、只のパフォーマンスで何処から踏んでも速いのはサージタンク付きワンスロだと思ってます。

多連は難しい

かわばたです

私もPIAZZAで4連スロットルMoTeCやってましたが非常に難しかったです。

結局私一人の力ではシビアすぎてセッティング出し切れずにそのままになってしまいました。

シングルスロットルの時にはブースト1.7まで出来たのに4連にしてからはそこまで合わせられず。
NAならスロットル開度メインにMAP補正でいけるみたいですが、ターボはシングルスロットルの方がいいと小島さんにも言われました。。。


Re:

ミニバン親爺さん

8スロは準備中ですが、ドラッグV8の経験から色々と模索しています。スロットル迄の距離もファンネル長さ同様に重要ですし、吸気管の先端迄の距離、レゾネター含めてのλ波長計算になります。独立の場合も、シングル同様にインダクションボックスの容量は大事で、ここも相当大きくしないと、気筒間の反射波をうまく使えないかと悩んでいます。ここも後でまとめてアップします。

Re: 多連は難しい

かわばたさん

終局のところ如何にバルブ周りなり、吸気口周り、スロットル周りに高い圧力、酸素量持ってこれるかになります。特定回転保持なら楽なのですが、回転変動する。スロットル開閉する。吸気バルブ開閉する。吸気管内の脈動、慣性吸気、それに吸気チャンバー内の脈動というか、圧力反射波ですので、まあ、難しい。そのため、大は小を兼ねるで、相当大きい、極端に大きいインダクションボックスがGT見るとトレンドのようです。もうちょっと、研鑽して見ます。