2015/02/21

男の直列 デュアル噴射 Brutus! In Line Dual Port Injection





いくつか、最近の燃料噴射について、貴重な情報をいただきましたので、
順を追ってご紹介したいと思います。

まずは、奇しくも複数の方から違う意味でお話しのあった“デュアル噴射”から、

こちらは、おそらく、日本の自動車関連産業の方からすれば、最も奇抜なデュアル噴射(笑)

日産がデュークで採用した、4バルブ、2吸気バルブでの吸気バルブ毎のデュアル噴射、
コストダウンの鬼(笑)のスズキが、スイフトで採用した、
直噴より上等、場合によっては高性能で、かつコストダウンできるという、バルブ毎のデュアル噴射ではなく、
また、コメント欄に書いていただいた、世界のトヨタ流のポート噴射と直噴のデュアル、ハイブリットではない、
「直列」。

昔のルノーのF1だったかにあった、二つのインジェクター ファンネル手前でぶつけるようであり、
それとは別系統に進化した「男の直列」です。潔いです。
ホンダのCB1000RRでもこれやってますね。

おそらく、ファンネルのセンターからのオフセットからして、
スロットルバタフライの全開時にバルブの傘というより、リフト開口部目掛けて噴射するのでしょう。

メリットとして、高圧で燃料が噴射されることにより、空気も動いて追いかけていく効果があると思います。
ポート噴射と二つに分けることにより、一つの場合よりもさらに霧化が良くなるでしょうし、
吸気温度も下がると思います。距離がある分、気化もしやすいと思います。

NAで吸気後半で、筒内圧力が高くなってきてから、さらに噴射によって、空気押し込むのに効果的なような気がします。

写真はボッシュのPICOインジェクターにロングですが、おそらく、品番からはポート噴射用このインジェクターで、きっと挟角噴射でしょう。これでしたら8kg/cm2とかかけられるので、高圧ポンプと組み合わせれば更に押し込めそうな気がします。
これを気筒内噴射用の15kg/cm2とかの高圧噴射、ポンプ独立で押し込めば、引き込み効果がでるでしょうね

これ、気筒別にMAFセンサーとかつけていると、噴射の瞬間、プレッシャー、押し込み圧がかかるんでしょうかね?
燃圧が15kg/cm2ってことは、そこから噴き出る燃料が相当減圧されてるとしても、これが閉鎖空間だったら
下手な過給位かかるんでしょうか? それに伴って引き込まれる空気もあると思います。

独立スロットルにしていれば、デリバリーと写真の通り、簡単な部品点数で出来るところもすごいです。

難点は、バックファイヤでの着火の安全策ですが、スロットル制御と点火カットで対応できるかな?
ニトロみたいにポップアップバルブでもいいでしょう
これ見ると、8連スロットルにしたくなります。
関連記事

コメント

非公開コメント