2015/02/14

気筒内噴射とポート噴射



写真は、M119エンジンに装着したDENSO12穴インジェクター(ポート噴射用(笑))

先に少し書きました、ポート噴射のインジェクター開発は軟調なのではないかともとれる記載について、
さっそく、直接お電話をいただきました(汗)

いや、なので、欧州と日本車という風に分けて書いて、ぼかして、ごまかしたつもりなんですが、
おっしゃるように世界のトヨタでは、気筒内噴射にポート噴射の両建てエンジンを出しています。

たしか、F1はレギュレーションで気筒内噴射になったと思いますが、まあ、これはレギュレーション上のことなので、
どちらが優勢劣性という話ではありません。

せっかくですので、気筒内噴射とポート噴射がどう違うかについて、
私なりに、部分的に書きますと、直噴の凄いところは、バルブが閉じているときでも、
噴射できること、具体的にはバルブが閉じている吸気行程外の噴射が可能なところです。

なので、吸入行程は空気だけを吸入できるので、ノッキングがポート噴射と比べて起きずらい。空気圧縮だけだとほぼ起きない。燃料直噴だと燃料冷却性がとても高い。

また、アイドルストップ時の再始動も、圧縮行程でエンジンを停めておけば一工程、180°以下で、
エンジンに火が入って燃焼するので、スタートが早い
(今、プレスタートのマップ考えているところですので、ここは正直うらやましいです)

ご存じの方も多いと思いますが、メルセデスの最初の燃料噴射自動車は、
ガルウイングの300SLでした。これ世界初の直噴ガソリン自動車用エンジンです。

直噴のメリットは、
複数回噴射と合わせれば、吸気以外の、圧縮行程、場合によっては燃焼、排気行程での任意噴射を含めた、さらにきめ細かい燃料噴射タイミング、燃焼が可能
などのメリットがあります。ボッシュのピエゾ素子つかったものとかも期待できます。
高圧噴射は別にポート噴射でもできるので、ここは直接のメリットにはならないでしょう

トヨタが、気筒噴射+ポート噴射の両建てにしたのは、双方のメリット、デメリットを承知してのことでしょう。
ですので、まだまだ、ガソリンエンジンでの燃料系の進歩は続くと思います。

ちなみに、海外で日本の携帯電話を受けると結構高額なローミング代がかかるんです(笑)
日曜の夕方に電話口からサザエさんやら、ちびまる子ちゃんのアニソンが時差で聞こえて来ると日本を懐かしく思い出します。


っっt
関連記事

コメント

非公開コメント

トヨタが噴き分けている理由は私が考える限り2つ思いつきます。ひとつは極低温始動時の排ガス対策。筒内噴射ではミキシングが悪くHCが出やすい。ふたつ目は、ポート噴射にはポートを綺麗にする交換があります。現在の適合は内部EGRの嵐で、EXガスの噴き返しがINポートを塞いで行っていまうのです。実際に直噴だけで20万キロ走破したT社AZ系エンジンのポートは小指が入らない位まで閉塞したのを見たことあります。個人的な希望としては、デュアルジェットで撃って欲しいですね。

Re: タイトルなし

ミニバン親爺さん

 ご無沙汰しております。
 コメントありがとうございます。

 いやー、ますます、いい加減なこと掛けないです。
 この記事、国内2人、外資系1人の方から、それぞれのお考えをいただけるたことになります。

 トヨタの噴き分けの件、ご専門であると思いますが、
 ポンピングロス減らすために、排気ガスの力を借りる、吸気音、ノッキングで温度高いのを厭い、
 それを冷やして使うという
 コールドEGRは、燃費競争激化の現行車では欠かせない技術で、それが動く時間も
 昔のアイドル時のEGRより時間も長い、つまりフルスロットルまでの多くは、排気ガスが回っている
 スカトロ、黄金、聖水三昧な訳で
 (また、こういうことを書くと、この分野の専門家も読者でいらっしゃるので、
  いやウチでは聖水はスカトロに入らないとかのコメントが付いてもこまります(汗))
 その分、固着しやすいのだと思います。

 清浄剤入りのガソリンの能力は相当高いようで、ポート噴射では吸気バルブは多くの場合、
 距離に限らず、確かに綺麗です。

>デュアルジェットで撃って欲しいですね。

 メーカーによって、呼び方が違うようで、連絡をいただいた方は、
 並列、4バルブで左右バルブの独立ポートで噴くのを、このように呼んでいました。
 直列より、値段が安いとのことと、ここも層流だとか、いろいろあるようですので、まとめて書きます。

 対して、奇しくも同じタイミングで、この噴射のタイミングで連絡いただいた方は、
 直列上流、つまりファンネル入口と、ポート噴射が良い、
 つまり、ファンネル入口でスロットル全開時に超高圧で噴くと、空気も一緒に呼び込む、
 全開はファンネル噴射のことのメリットについて、ご連絡いただきました。
 
 この分野、インジェクターは相当、奥が深いようで、なんでそんな叡知賢者の諸兄がこのような、
 ド中古車で間違いだらけの雑文に時間を割いていただけるに申し訳なく、襟を正します。

 いやー最近、ものすごく、忙しいので、更新回数減らそうと思ったのですが、
 お話しをきくとやめられなくなります