2014/12/12

M119 φ100 METAL HEAD GASKET 6.0

M119 6L メタルガスケット

 何年か前に、某所で作成したM119ヘッドガスケット、
 すでに都内の500E専門のお店でも使っています。
 実は、国産T社系列自動車部品メーカー製のメタルガスケットです。

 私も、何年か前に、できたのをおつきあいで買いました。
 松本さんのところでも、使ってますし、小沢さんのところでも、使用しているものです。

 M119ブロックとヘッドまで持ち込んで製作した
 えちごやのミナグチさんのところで作製したヘッドガスケットと近似していますが、
 比べると、型の使い回しを避けてか、微妙に異なるところもあります。
 試験的に実験使用していましたが現在のところでは、特段問題、トラブルがでていません。

 良質なメタルガスケット、しかも6リッター用が部品単品で流通するのは喜ばしいことです。
 純正ガスケットはφ96.5用なので、φ100の6リッターだと使えないんですよね

 ただ、メタルベスト方式の複層複合純正ガスケットと違って、金属、メタル製、スチールラミネート方式で、
 ボア周りには、さらにリング状のサンドイッチですので、耐吹き抜けはすごく高い。
 おそらくディーゼルエンジンにも使うような強力仕様なのですが、
 クッションがない分、その分、ヘッドとブロック上面の面精度が求められます。
 締め付け後の潰れもほとんどないので、圧縮変化も少ないです。

 ヘッドガスケット抜けた、仕方がないのでエンジンあけて、ガスケットだけ交換するという方法にも
 使えなくはないですが、経験上、推奨できません。
 ブロック、ヘッドの最低限の面研、それにあわせて、シートカット、バルブガイドの交換等と、
 ステムシール、HLA、オイルチューブの交換
 ブロック降ろすのだから、タイミングチェーン、ガイドレール、オイルポンプ、チェーンテンショナーと
 子メタル、親メタルの交換、ピストンリングの交換が推奨されます。
 ここまでやれば、安心してあと10年以上は、エンジン本体の心配なしで、乗れます。
 
 ブロックへの熱伝導も、当然に良いのでヘッド水温の低下狙うには良いですね。
 その分、ブロック温度とヘッド温度の適正水温、水流管理は必要になりますでしょう

 ちなみに、純正AMGのヘッドガスケットの値段、本村さんに聞いたら


>純正ヘッドガスケット M119 AMG 6リッター
>左 HWA119 016 1820 純正定価:¥217,300(税抜)
>右 HWA119 016 2020 純正定価:¥217,300(税抜)

 だそうです(汗)。

 これが 左右で\200,000(税別) というと、なんかものすごく得した気がします。

 浮いたお金で、M119のガスケットセットや、ステムシール、チェーンテンショナーや
 ガイドレール、オイルチューブ、ブローバイホース等は買えそうです。

 そのほかに、チェーンやHLA、オイルポンプは交換するとして、
 ヘッドあけて、バルブガイド交換、シートカット(もしくは打換交換)、バルブフェース研磨。

 子メタル、クランクメタル変えて いくらくらいになるでしょうかね?
 ピストンリング単品では出ないですが、SJに在庫あります。

 もう、現在世の中に出回っているM119エンジン、OH必要がない個体はないですから、
 まとめてOHするには良い機会だと思います。
 そろそろ、部品もなくなるかもしれませんしね

 そんなわけで、6リッター、今OHするといくら位かかるのか、あとで計算してアップしてみます。



 年末年始セールで、他ガスケット類とのセットでお値打ちセールするそうですからご期待ください

SJの何年たっても見づらい、わかりずらいショッピングカートはこちら




関連記事

コメント

非公開コメント

高い。。。

ガスケット高いんですねぇ。

メタルの値段の高さも驚きですが、純正の値段の高さはさらに驚きです。

とても買えません。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: 高い。。。

かわばたさん
モノの値段は高い、高額ですが、作る場合の要求精度や工数、ノウハウ、経験、型や設備、そこで働く人の賃金を考えると、他に代替がない場合、非汎用品の場合、専用品だと特に、安い。安価です。
純正品の場合、せいぜい世界で数百機。数が出ないのがわかってるから、試作、試験、開発費と管理コスト、回収コスト考えるとこの価格設定。
社外の後発品はそれに挑んで半額以下で良い製品。 これは嬉しいですね。自分でブロック刻んで試験する。圧力試験迄すると、ああ完成品は物凄く安いと思う様になります(笑)

銅板レーザーで刻んでカットすれば、同じ形のものはできますが、ボア周りのリブ潰れ込み迄はフォローできません。クーパーリング掘ればいいのですが、ボア間狭いので無理だと思います。

なのでこういう物ワザワザ作る人が出る訳です。それに微力ながら協力、賛助しています。

Re:

コメントありがとうございます。

現在のエンジンの状況がわからないので判断も出来ませんが、10万キロも走るとバルブガイドが摩耗してガタが出る、シート辺りが変わります。そうすると圧縮が下がるというのが状況だと思います。
直すにはヘッド開けて、ガイド打ち替え、シートカットですから、その為のガスケットです。これが腰上。

ヘッド開ければチェーンやガイドは交換するでしょうし、どうせならエンジン降ろして、子メタルとリングは最低変えるオイルポンプも、というのがベースラインだと思います。

これで10年後楽しめれば私は安いモノだと思います。