2014/12/01

非力な500Eをまともにしたい

 毎年、師走この時期に考えるという車と自分のこと、
 避けては通れない良いテーマが見つかりました。 

 さて、先月、
 つるべ落としの秋の夜長、
 
 大ぶりの大間蟹(上海蟹)をたらふく喰って、
 早めに家に戻り、のんべんだらりと、課題のブログなどを書いていると、
 ドキッとするメールが、日出る国の御同輩から来ました。

 そのメール、概要を紹介させていただくと、

 長らくこの車に乗ってこられた氏の思い、気持ちがつづられておりました。
 本来なら、原文をそのまま掲示したいのですが、
 さすがに私信をそのままは転載することは良しとしませんので、
 適宜、私流に意訳アレンジして紹介させていただきます。

 昔は、BIG POWER、パワーがあった、すごいと思った車、
 乗って楽しかった車が、いつの間にか、劣化、古ぼけてきて、
 非力になった。

 こう綴られていました。

 思うに、この年式のベンツは、部品交換、直せば復活する、確かに復活する、
 比べて乗ってみるとやっぱり良い、技術、質感を感じる、
 国産と比べてもそう、最近のベンツとくらべてもそう、
 だから”いいね!” のはずだった。

 そうしながら、楽しんでいたんだけど、
 当然のことながら、他のライバル車、新しい車の進歩のほうが格段に進んでいったんでしょう。
 気が付くと、いつの間にか、もっとも5OOEにとって必要な”相対的に速さ”がポジションが低下していた。

 新車のころは、馬力規制のノーマルGTRなんか鼻糞。
 V8、12気筒のフェラーリテスタロッサやディアブロ、M5、アルピナ
 空冷RRポルシェ、ターボと 競走しても引けをとらなかった。

 それが、いつの間にか、国産の個人タクシーのクラウンやハイブリッドのレクサス、 
 20インチホイール履いた中古のISFにまで追いかけられる。ついていけない。

 35GTRや、フェラーリ430、458、アウディのA8.R8、ムルシェなんか、てんで話にならない。
 V10のBMW、M5も言わずもがな、M3にも引けをとる。
 ポルシェなんか、ターボはもちろん、NAモデル、パナメーラ、
 アストンはもちろん、ジャガーにまでおいていかれる。

 もう、そうなると、無理に良さを見つけて雰囲気を楽しむ 骨董趣味の車部分が
 強調されてくる。

 ベンツでも、210のE55のノーマルSCなら、6リッターでなんとかついていけたけど、
 これのブースとアップや、C63だととても無理、V12のツインターボだともう別世界。

 しまいにや、カイエンやゲレンデ、タンドラや、キャデラックのSUV、アメ車のV8トラック
 と良い勝負の車に成り下がってしまった。
 コルベットなんか雲の上、ムスタング、ダッジのハイパワーモデルには、相手にもされない。

 大空を自由に駆け回り、無敵を謳歌した零式艦上戦闘機の
 大戦中後半での、グラマンF6FやP51からの追いやられに姿を重ねてしまいます。

 さらに、このあとに雑誌連載してたころから、記事を見ていただいていた方、
 良く知った方ともお話ししたのですが、

 なんだ、けっきょくヘアライン号もそれ以降(08年から)、大して進歩してないじゃないか?
 
 新エンジンどうした!CFRPの屋根いいね!オイルパンいいね!
 でも、馬力エンジンなんだよ、わかってるでしょ? 
 コマコマやってんじゃねぇーよ、やるときは、ドーンとでしょ?
 だから、みんなこの車の魅力に限界を感じて、離れていくんだよ! とのことでした。

 どどーん です。

 ずっと、期待して待っているんだから、もっと頑張って!とのことも
 武士の情けでいただいていますが
 現実を直面させられると、ドキッとします。


 また、この中に「”非力な500Eをまともにしたい”」という一文がありました。
 

 ”500Eは名車でございます。ポルシェが作ったベンツで御座います、羊の皮を被った狼で御座います(した。)” 
 ”旧き良き日の味を楽しんだダシガラ、出涸らし”等と
 現在の他の車との比較状況に目を向けないオーナーにとっては、
 ムカツク言葉です。

 いわれると、私も非常に、居心地がわるい。
 趣味の部分だから、別に正解はないんだけど、
 昔のVHSのAVビデオ見て、ワンレンボディコンに 太マユのおねえちゃん
 オカズにしていることを 指摘されたような羞恥を感じます。

 ガーン、読んでて、ドキリとさせられました。心拍数、血圧上がりました。眼が飛び出ます。
 石橋さんの文章読んだときもそうでしたが、同じような感覚、いやそれが自分のことだから、
 その何割か増してきます。

 蟹喰って、カニみそ口の周りに残して、鼻毛抜きながら、ハクソ穿ってる場合じゃないです。

 一応、これでも、
 少しは、先鋭派、右翼、ハイエンドの端くれを気取っていたつもり、
 自分の中のやりくりで、そこそこやっていたつもりでしたが、
 何年も何十年もかけて、この現実は、はい、お恥ずかしい、厳しいですね、赤面の至りです。

 仙台ドラッグいっても、
 今の時代、後継の下位モデルC63、Cクラスでも、NAで弄れば、ゼロヨン10秒台、

 馬力でいえば、NAでも500-600馬力無いと、
 相対的に比較して走って面白いというレベルに至りません。

 そりゃね、私にだって、いろいろ理由、事情はあるんですよ、
 
 そんなこと、趣味開示のブログで書いた段階で終わってます。
 忙しい、忙しいと言いながら、するべき仕事しないで、
 遊びほうけてる、くだらないB級グルメと拾い物の写真ブログ主とかわりません。
 それこそ戦線離脱でしょう。

 また、できない理由、やらない理由を探してる段階で、スタートにつけていません。
 そんな理由探す位だったら、スクラップ場に直行して、自分でクラッシャーのボタン押します。
 
 まわりの利害、やれ、ノーマルが一番だとか、
 まずは純正に戻して、もいいでしょう。
 でも、その時期じゃ、あなたないでしょう。 と言われました。

 彼の言葉をそのまま受け取れば、

 たぶん、私は、
 この車、500Eを弄くりたおすということにつき、
 おそらく、世界、この地球上で最も恵まれている環境にいる部類に属して、
 経済的にも、知識、情報でも、環境、まわりとの関係、経験でも、他の人が私の立場だったら、
 もっと、進歩している由を 言われました。

 私は、生来、自分勝手で我儘、我慢知らずなキカンボウがそのまま大人になった嫌いがあります。

 特に趣味では、まわりのことなんか考えませんし、人のために何しようなんて、考えません。
 遊びで我慢したくないんですね 他のこと、思うのは自分ことの後でした。

そうやって,
 普通なら淘汰粛清か脱落しているはずなのが、
 運よく生きながらえて、おまけの人生を好き放題、横臥しているのに、
 今更、それはないだろう、できない理由を探すなよ!ってことです。

 はい、その通りです。いくら弁解してもお見苦しいだけですので、今後の行動で、説明しようと思います。

 幸い、しなければならないこと、課題は充分にわかっているので、
 言い訳と言われないように、ねじ撒いて、微力ながら頑張ります。

 さて、気を取り直して、
 もう少し頑張ります。
関連記事

コメント

非公開コメント

がんばれぇ

かわばたです。

応援してます。
私のように、お金掛けずにちまちまと作業する立場からすると羨ましい限りです。
そんな私でもやっぱり環境的にはかなり恵まれているとは思います。

4200ccから5000ccに変わってパワーアップはしましたが、それでも普通の500Eと同じ土台に立ったところです。やっぱりあと100馬力は欲しいところです。

ショップの質も問題あり

いつも楽しく読んでいます。
問題はショップの質にもあるのではないでしょうか?
中古平行仕入れてメーター戻しで広まった500E、ユーロ6にホイール替えて、ブレンボキャリパーに色塗って、高いステンレスマフラー入れてハイウンびゃくマン。真実の速さ知ら無いからパワー求めないし、その腕もない、そんな見せかけショップが多かったんだと思います。客の車で実験したり、デモカー一台も真面目に仕上げられ無いからそうなるんでしょう。ショップの程度と質の問題だと思います。

Re: がんばれぇ

かわばたさん

コメントありがとうございます。

>応援してます

 先日、高校時代の応援部のOB会のために故郷に行ってきました。

 その時の集まりのあいさつで、昔は怖いOBでもあり、現前橋市長がいってたことは、
 「応援をしながら、自分も頑張る、気合をいれる。
 とても出来そうもないことに挑む、なんとかしてやるという思いで現実化する」

 ってことをいってました。

 「やがて、功なって”援”を受けるようになったときには、
  その思いに”応”えられるような大人になる。。。」 ってなことだそうです。

 さすが良いこと言うなと思いました。

 さて、わが身に置き換えて、
 愚痴言っても始まらないので、
 援に応えられるように、気合いれて頑張ります。

 私もね、他の人より恵まれている、
 もう、毎日朝起きて、目が覚めて、
 身体が動く、手足が動く指が動く、目が見えるってだけで、
 恵まれていると感じるのですが、夕べに、寝るときに、
 できたこと探せど、ああ微塵のごとくであります。

 

Re: ショップの質も問題あり

通りすがりさん

 コメントありがとうございます。
 
 御高説拝読しました。
 初めまして?でしょうか?

 おっしゃる通りのこと、至極道理であると思います。
 おそらく、中古メルセデス、改造自動車業界を鳥瞰できる立場にいられるか、
 比較検討できる立場の方とお見受けします。

 まこと、そのとおりなのですが、
 それを受け入れていたのも、実は私達、ユーザーですし、経済価値に見合うとして
 納得してお金を払っていた。そこに特別な+αを感じていた訳です。

 ただ、残念なことに、市場原理、競走が日本マーケットではあまりなかった、
 そのため、今から見れば、その程度に安住していた。
 そうこうしているうちに、本家ドイツや主要市場のアメリカでは、この車の
 ”チューニング”需要が無くなった。現行車種に自然に移行していきました。
 そして、現行車種のパワー競争です。

 残念なのは、その需要をユーザーから伝えきれなかったこと、
 してこなかったことだと思います。
 それできる立場にいながら、怠惰であったと反省しているこの頃です。

 でも、見栄っ張りの負けず嫌いは、生来のものですので、
 エイヤをしたいと思っています。

 さて、卑近な例ですが、

 私の場合、もう22時30分のパチンコ屋の客、
 この台と心中だ!!で鬼打ちしているアホ客でして、最後にヒトハナ咲かせたいと思って、
 リーチがかかっても、打つ手を停めない心境です(笑)。

 ここらで、大当たり、確変、連荘来ると見ています。

 いやね、実は、私、秘策があるんですよ、
 メーカー開発者から極秘ルートで入手したパチンコの打ち方を入手して実践しているんです。
 投資した金額は、結構なものですが、保証してくれるというので安心です。

 ってな、ことが自動車エンジンであるわけでもなく、
 打ち子詐欺に夢を抱くほど純粋でもないので、
 物理の神様に従って、やるべきことを定めて見据えてやっています。

 おって、報告できると思うので、ご高覧ください。
 

 

> いつも楽しく読んでいます。
> 問題はショップの質にもあるのではないでしょうか?
> 中古平行仕入れてメーター戻しで広まった500E、ユーロ6にホイール替えて、ブレンボキャリパーに色塗って、高いステンレスマフラー入れてハイウンびゃくマン。真実の速さ知ら無いからパワー求めないし、その腕もない、そんな見せかけショップが多かったんだと思います。客の車で実験したり、デモカー一台も真面目に仕上げられ無いからそうなるんでしょう。ショップの程度と質の問題だと思います。