2014/10/15

電動ウォーターポンプ エスコート入庫



 写真はおそらく初公開、エスコートの倉庫、ジェットマシーンやNHRAを制したZ300ツインターボ、
 コンクールコンディションの旧車や作業預かりの車が冷暖房付で保管されています。

 で、ヘアライン号ですが、
 ドラッグレースも終わったので、冬前に懸案の作業をお願いすることにしました。

 先の記事でも書きましたが、真夏でもブロック温度70℃がようやく達成できた。。。のですが、
 このままだと真冬はオーバークールになること必至なので、
 一念発起、バイメタルのサーモ取っ払って
 電動ウォーターポンプ装着と、パルスコントロールで電動ウォーターポンプを温度制御できるように
 することにします。

 エンジンブロックの真ん中に鎮座する非常に出来の悪いウォーターポンプ、
 これを潔く、取り払う、フロントカバーの冷却水入口にカバーつけて、ラジエターマウントの
 電動ウォーターポンプを装着する。
 そうすれば、水通路兼ファンブラケットもいらない。ここのベアリング、交換できないのでASSY交換
 しなくてはならないことも心配なくなります。

 ここがガッサリなくなれば、大径ATIのプーリーダンパー着けられる。
 そうすれば、V8クロスプレーン独特の、特にストロークアップの6リッター独特の
 2500回転位のガサツキがなくなる。おまけに寿命迎える純正ゴムダンパープーリーともバイバイできる。
 5リッターでもそうですが、6リッターだと特に、廻してる車は、ダンパーのゴムが千切れますね、
 このメリット、ATIダンパーの重量増差し引いても、エンジン重量も軽くなるで いいことばっかりです。

 もっとも、ウォーターポンプ、ファンプーリー、エアポンププーリーがごそっとなくなるから、
 純正のベルトは使えないし、オルタネータープーリー廻すには、プーリー周り、テンショナーの構成考えないと
 いけません。
 
 短いツインベルトで、一本でオルタ廻して、もう一本でエアコン、パワステと
 テンショナーで何とかなると思うのですが、できるかな?

 これなら、ATIダンパーで震動少ない、ノンサーモでPWC制御の水回りで低気温から高気温まで安定。
 現行最新エンジンと同じ土俵に立てると思います。

 昔の記事見ると思い出しますが、このブログでも5年前、その前の雑誌連載のときにも書いてるから
 構想8年ですね(笑)

500Eの水温管理
 これの18段目(笑)

サーモスタット再考


サーモスタット再考2

 桃栗三年柿八年。柚子のバカ目が一八年。
 
 うーん、蝸牛のごとき歩みです。
 でも、国産ドラッグレースで電動ポンプが一般的につけるようになったのは、せいぜいここ何年か?
 市販車では、ハイブリッド先行ですから、まあ、一周遅れでついて行っている状況でしょうか
 
関連記事

コメント

非公開コメント

ATIダンパー

こんにちは

ATIダンパーは、いつごろできそうですか?純正のダンパーが傷んでいるので
購入したいと思っています。目途がわかったら教えてください。
昔、32Rに乗っていましたので、そのときの効果は実感していました。
そのため、できれば、純正でなく、ATIダンパーをつけたいと願っています。
いつも陰ながら応援しています。とても期待しています。

Re: ATIダンパー

支援者さん

 コメントありがとうございます。
 また、コアなものにご興味いTだいてますね(汗)

 V8でもL6でも 4気筒でも、使ったことある人には
 効果の説明がいらない部品ですが、わからない人には
 説明すら難しいので、おおくの500ユーザーには???だと思っています。
 
 踏んでる人にはお勧めですが、まだやっと寸法どりのためにエンジン持ち込んだところなので
 具体的なめどはお話できません。
 完成してから、自分で使ってみてなので、もうしばらくかかると思います。

 また、経過を報告するようにしますのでご期待ください