2014/09/20

仙台ハイランド CLOSE!



 写真は、JDDA2014の帰路、仙台ハイランドで撮影。

 すでにお知らせのとおり、日本で唯一の常設ドラッグコースがあった仙台ハイランド、
 先の9月15日のアムクレイド全国大会を最後に閉園となりました。

 何度も通った、作並街道のお店 、当たりまえのようにあった風景も妙に懐かしく感じられ、
 街道沿いのピザ屋、ラーメン屋、牛タン屋、朝いくといつも混んでるコンビニ。
 定宿の作並温泉に泊まることもめったになくなるかと思うと、
 夏の終わり、秋のせいか、ややセンチメンタルになることしきりでした。

 震災後、コース復旧をみなさんのボランティア作業、重機をレンタルして、土木作業を連日おこない、
 多額の寄付を募って再開したドラッグコースも、ソーラーパネル事業用地になるとのことです。
 
 思えば、28年、バブルのころ、計画されて、世の中のおおきな流れ、移り変わりを
 ここ経由で感じてきたのだと思います。

 歳をとったためでしょうか、最近、昔のことを良く、思い出します。

 最初にドラッグレースを見たのは、小学生、復帰直後の沖縄の米軍基地でのイベント、
 子供心に、アメリカ自動車文化は衝撃的で、その後の私の人生に大きく影響を与えました。
 
 ゼロヨンという言葉を知ったのは、そのあと、少年ジャンプ、サーキットの狼で、V8パンテーラーと
 1600ccのロータスヨーロッパがシグナルグランプリをするところ(笑)
 
 その後、ごく当たり前に、自分でバイク、自動車を運転するようになった。
 観客から参加者に。RRCでドラッグレースもするようになりました。

 その頃の、大昔のストリートゼロヨンのころから比べれば、
 専用コースは夢のまた夢。

 免許取消や逮捕、車両没収、喧嘩、騒動、ツブシ、廃車を気にしない。
 しかも,VHT路面で思いっきり走れるところだったのですが、
 これも、なくなってしまいました。

 本気でする人たちは、米国に行くのか、タイか、オーストラリア、ニュージーランド、
 もしくは、グアムかサイパンのコースにいくというようになるのでしょうか

 うーん、残念だな。何もできなかった自分に悔しさを感じます。 
関連記事

コメント

非公開コメント