2014/08/05

D&S NIGHT 2014 FINAL! 結果報告

写真 (1)

 今年が最後の仙台ハイランド、東北の真夏の夜の祭典、D&S2014 FINAL 総勢180余台が参加して、
 盛大に行われました。

 ヘアライン号も久しぶりのドラッグレース、ドライブシャフトを折って以来の参加でした。
 結局、特注したドライブシャフトは完成せず、ワゴンのアウターと、ハブ、500Eのシャフト、
 インナーで対応しようと思いましたが、W203用のナックルではベアリング径があわず
 断念、既存の予備の500Eのシャフトに500Eハブ、穴あけPCD加工、203ナックル。
 すなわちサブフレームの加工をしないでショートのピロアームでの参加となりました。

 ある程度、予想はしてましたが、タイロッドが短く、姿勢変化でのトー変化が大きく、荷重がかからず、
 アクセルが踏めない状況。
 なんとか調整してもらっての参加でしたが、路面の悪いセントラルの1秒落ち、
 残念ながら、13秒後半のタイム。仙台でも2.65のファイナル時より遅いタイムでした。
 忙しい中、準備協力していただいたみなさんには申し訳がたちません。
 
 R/Tもベストがストックスタートの予選では0.59でしたが、
 ラダーではプロスタートで0.7、R/T、つまりライトが点灯してから、
 0.4秒+0.3秒たって車が動き出したという体たらくでした。

 そんなわけで、ラダー一回戦で敗退しました。

 チームエスコートの安藤さんはエンジントラブルでしたが、
 真鍋さんの240SXはクラッチトラブルを抑えて安定した走りでプロクラス優勝!

 写真に写っているのは、サブライブのドラッグGTRとキャンギャル。

 西日にあたって、心なしか、ヘアライン号も元気がなさそうに見えます。

 JDDA最終戦、12秒クラスでタイム切る位に戻したいものです。

 オイルパン、ATFパン装着しての36℃超えの炎天下、真夏の走行でしたが、
 バーンアウト、全開走行でも、水温メーター読み80℃プラス、サーモ開いたり閉じたりの温度、
 油温も90℃プラス、ATFも70℃で安定してました。
 唯一の成果はこれかな。。。。 あとでこちらはまとめて報告します。

 たった、400m、わずか何秒かの勝負ですが、
 そのために莫大な時間をかけて望んで準備する、その結果です。
 終わった瞬間から、つぎのレースのための準備が始まっています。

 

 


 
関連記事

コメント

非公開コメント

残念でしたね

結果気になっていました。

私も行きたかったんですが仕事の都合で断念。

タイムこそ残念でしたが故障しなかったのはなりよりですね。

また、悪い結果とはいえナックル交換のテストも出来たのは大きな成果ですね。

Re: 残念でしたね

かわばたさん

> タイムこそ残念でしたが故障しなかったのはなりよりですね。
> また、悪い結果とはいえナックル交換のテストも出来たのは大きな成果ですね。

 故障というより、壁に激突、レース中断の可能性もあったので、無事に終了しできただけでも良かったです。
 マルチリンクのむずかしさと、姿勢変化のアライメントが良くわかりました。
 あとは、水温、油温のデータとれたことですね。
 足かけ9年、ここまでやって、ようやく安心して真夏でもドラッグレースできるようになりました(笑)