2014/05/15

ドアミラーのエアロスタビライジングフィン ”さかなくん”



写真は、香港の”赤級”警報の暴風雨の中を走行中のトヨタカムリ。

空力に優れたボクスタードアミラーの記事は、前に書きましたが、W124のドアミラーは
空力が非常に悪いです。
風切音もそうですが、雨の中を走行すると、たとえば右側ですと、左と同じく大きく乱流が発生して、
ドアガラスの真ん中より後ろで、渦を巻いて、水滴が斜め上に流れていきます。

対して、2014年のトヨタカムリでは、最近のトレンドでAピラーとドアミラーの間に隙間をあけて、
そこに風を通しています。

写真を良く見ていただくとわかりますが、ドアミラー、Aピラーのドアサッシのところに凸が見えます。

これ トヨタの最近の流行エアロパーツ「さかなくん」 エアロスタビライジングフィンです。
トヨタの斉藤尚彦氏が、これについて、詳しく語っていますが、
テールレンズやCピラーに、魚形状のフィンを立てることにより、小さな乱流を意図的に発生させ、
空気の剥離を少なくするものです。 まあいわゆるボルテックスジェネレーターです。

エーモンや、社外でも似たようなもの売っていますので、
試してみると、意外にも効果があることに気が付きます。


関連記事

コメント

非公開コメント