2014/04/07

ラジエタークーリングカウル



写真は、これまで何度も紹介しているラジエタークーリングカウル。

だんだん気温が上がってきて、桜が散り葉桜の頃、皐月やつつじが咲く
ゴールデンウィーク前後になると、気になりだす水温関係のグッズです。


とはいっても、お手軽に誰でも装着できるものでもちろんなく、
既存の純正ダブルのオギジュアリーファン(S)を取り外し、えちごやオリジナルの電動ファンと
アルミ製ファンシュラウドを装着した人のみが、装着することが許される冷却風導入アイテムです。
通常は、この前にコストパフォーマンスの高い、UFCDや、ダクティッド・ボンネットを装着する
ことになります。


ヘアライン号の場合、これらの条件をすべて満たしてはいるのですが、
ど真ん中にATF冷却用の大型ATFクーラーが鎮座しているため、今のままでは装着できません。
残念です


アルミフィン付ATFファンを装着したので、その冷却効果との相乗バランスで、
大型ATFクーラーを取り外せれば、無事にこのパーツは装着できる次第です。

でも、ストール回転3000rpmのトルクコンバーターつけてるし、
ドラッグレース常用なので、どこまで、小型化できるかが課題になっています。

ちなみに、これ装着している人で、ラジエター前にホーンを残している人はいません(笑)
少しでも冷却風をラジエターに当てたい人だけが、つけるものなので、ホーン残すわけないですね(笑)

こう、なんていうんですかね「小さなことからコツコツと」を実践するカッコよさが見て取れます。

関連記事

コメント

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: No title

コメントありがとうございます。折角のデータ活用させていただきたいと思います。追って連絡しますね。

ラジエータークリングカウル

私の60にも装着しております。昨日高知迄所用で300K程往復してきました。四国わ温暖で約20度の外気温でした。コースは四国山地を横断するためトンネルが多くカーブも多いですが.交通量が比較的少なく高速移動が可能です協定スピードで暫らく巡航してもラジエータアウト側温度80.前後ATパンも80度で安定してます、其れもラジエータ20センチ角のマスキングしての温度、メーターは80少し上ぐらいですが、一般道路に降りて信号待ちではアウト側85度低速ファン77度でカットATFパンわ90度ぐらいまで上昇するも走行すると82から85度で安定します、もうマスキングは要らないかと思います、皆さんのご苦労の品を簡単に入手使用させて戴き快適な500ライフを満喫させて戴いてます、有難うございます。最高のコストパホーマンスグッズです。180から220くらいの巡航片手で楽々走れます。