2009/10/19

8スロ、スライドバルブ


 
 こちらが、M119用のスライドバルブの3d画像です。NCですからこんなのが図で簡単に出てくるんですね、現物みたことないですが、これにインダクションボックスがつくのでしょう。ザウバーのターボがこんな感じでしたね。

 でもNAでは重要な脈動と慣性吸気(過給)がこれだと充分には活かせない、充填効率が低いように思います。現行のV8はインマニの長さ稼ぐために反対側のバンクまで伸ばして、左右ツインスロットル使っています。います。実用回転域ではこれでも長さが足らないでしょう。吸気の流速が低い、低回転、ハーフスロットル時のことを考えるのでしょう。
 M119は無理に長さ稼ごうとしてへんてこなUターン形状にしてまで、M113は後ろにスロットルもってきています。
 長さ思いっきり稼ごうとすると、v12みたいに反対側のヘッド越えて集合となるでしょうが、クロスプレーンの爆発考えると、左右跨いでかつ入り組んだインマニになるんでしょう。エアクリーナーの容量やラムがかかりやすいのを考えると狭いエンジンレイアウトでは難しいです。

 私の案としては、とりあえず今回は、不要な鋳物とって、Vバンクを冷やすことと、中のインマニの流体砥石研磨や、ニ分割してファンネルもどきでお茶を濁しそうです。
エアフロ片側ダミーで2個にして、センターから左バンクへ移動しましょうかね?

 8連、遠いですが、いずれ、いつかは登りたい坂道ではあります。
 でも、これでハイカムですとアイドリング制御、大変でしょうね
 
関連記事

コメント

非公開コメント