2014/01/08

あと何年乗れるかな(3)

 新年あけましておめでとうございます。

 本年もよろしくお願いします。

 昨年より、引っ張っています「いつまで乗れるかな」ですが
 実は、車にのるということは、

 その車の魅力や経済的な状況(多くのユーザーが考えるのがここです)
 メーカーの部品供給(旧車乗りは考えますね)
 社会インフラによって成り立ってることだということ、
 法規制によっているものだということ、
 
 を改めて痛感しました。

 実際には、部品供給というと、純正部品、安価なOEM部品の供給を考えますが、
 タイヤや油脂、ガソリンといった、ふつうに考える 消耗品 も重要なファクターです。

 ガソリンも、有鉛ガソリンが無くなったように、
 高品質ハイオクがいつまで続くか、バイオ燃料混合、アルコール混合になるのかで
 エンジンの性能、熱量は変わります。
 そもそも、日本の過剰なガソリンスタンドの数が減れば、給油自体が今より不便になります。

 油脂についても、鉱物油供給はもうすでに限定的です。粘度も、燃費対策で
 固いタイプのものは減ってきています。

 まだ、ここは代替可能ですが、困難なのはタイヤです。

 お気づきの方も多いように、純正サイズ、225-55-16なんてサイズは、もう珍しく、
 良いメーカーの良いタイヤ供給は限定的になっています。

 旧車乗りではないですが、タイヤ確保して、ホイールを決める。
 タイヤがないからインチアップをやむなくするというようになってくると思います。

 現在の新車装着タイヤの標準は、Eセグメントなら19インチでしょう、
 18インチ供給は、もう少し軽い車が中心で、サーキットサイズはすでに、
 17インチタイヤのサイズ供給は少なく、18インチ中心ですね

 500Eの純正のフォルムは、ハイトが高いタイヤで 500Eで最初に採用された
 デザインの8穴ホイールが特徴だと思っています。

 これ、17、18とかにすると、ハイトが下がって、ホイールがでかくなってかっこいいのですが、
 ブレーキまでやらないと、ローターとホイールの隙間が目立って、「風通しが良い」筋彫り状態になっちゃうと
 思います。なんかこう、半端感が目立つというもの悲しさを感じてしまします。

 こう考えますと、純正維持というのは、結構大変な作業だと思います。

 微妙なバランスの上で成り立っている、部品供給、消耗品供給、社会インフラ、法規制の中で
 そして、有限の自分自身の寿命と健康の中で、いつまで乗れるのか、を考えます。


 おそらく、偏屈な私のことですから、交通手段ではなく、競技として馬にのったり、
 有効な武器や身分表示手段ではすでにない、日本刀を、美術だ古典文化だといって、
 振り回したり今の趣味の延長のように、
 前時代的なガソリン自動車を意地で維持していくことになるのだとは思います。

 そう思うと、今できることを、後悔のないようにやっていこうということになります。

 果てない探究と向上心ですから、後悔が無くなることはきっとないでしょう...

 相場の格言ではないですが、「まだ」は「もう」なり、「もう」は 「まだ」なり ですね
関連記事

コメント

非公開コメント

PIAZZAも困ります

かわばたです

PIAZZAもタイヤは困ります。

純正が195/60-14なので外形が小さいんです。

215/17だと40が必要なので18インチは。。。まず見つかりません。

太くしようとすると尚更です。

265/25-18とか欲しいんですが。。。

せめて235-30-17があればありがたいです。

そしてホイールも。。。ドンピシャのサイズはE30用のみ。
ま、履きたいホイールに車を合わせればいいだけなんですが。

それにしても、今時の超大径ホイールのノーマルローターは格好悪いですよね。
個人的には、ブレーキが収まらなくなったからホイールを大きくしたい。と言うのが正解と思います。
もしくは、ホイールを大きくしたからブレーキも大きくしたい。

どちらでもいいですね。

Re: PIAZZAも困ります

かわばたさん

> PIAZZAもタイヤは困ります。
> 純正が195/60-14なので外形が小さいんです。

 そうですね、SA-22Cとかといっしょですね。
 このサイズ、エコタイヤとか韓国タイヤになります。

> それにしても、今時の超大径ホイールのノーマルローターは格好悪いですよね。
> 個人的には、ブレーキが収まらなくなったからホイールを大きくしたい。と言うのが正解と思います。
> もしくは、ホイールを大きくしたからブレーキも大きくしたい。

 大径ホイール、ノーマルローターを捉えて、口の悪い連中は、「風通しの良い筋彫り」といってます。
 刺青いれたばっかりの、線だけの筋彫りと、倶利伽羅紋々との対比を、ホイールにたとえて、
 「風通しがいい」と揶揄しているようです。

 たしかに、風通しがいいより、
 メンメリに13インチのアドバンレインいれるために、ブレーキキャリパーのでっぱり
 削るほうがカッコいいかもしれません。