2013/09/20

ATFパン 装着報告いただきました!

CIMG0182[1]

ATFパン、装着いただいた方からレポートが届きました。

関西地区にお住まいのOさんです。
昨年11月に500Eをお買い求めになり、いろいろと手をいれられている最中だそうです。
ラインオフから20年の高級車を購入するというのは、とても勇気がいることですが、
苦労を苦労とも思わない姿勢は頭が下がります。

写真には写っていませんがアルミフィン付エンジンオイルパンもあわせて装着されています。
夏の走行中でも水温(メーター読み)が下がるのが早いとの感想をいただいています。

ATFクーラーを装着されることを計画されているようですが、
すでにアルミフィン付ATFパンを装着されていますので、乗り方、使用方法にもよりますが、
お話をうかがった限りでは、まだ装着までに水温の様子を見ても良いレベルだと思います。

写真では、純正のフロントパイプが装着されていますが、これをミッション後で集合させるタイプ
(ヘアライン号やえちごや号に装着しているタイプですね!)にすれば、
ATFパンへの風当たりも増えますので、もっとATF温度が下がると思います。

追加ATFクーラーは、ATF温度、水温を下げるのに有効な手段ですが、配管が伸びると
圧損が増えるので、他の手段で温度が下げられるのであれば、馬力ロスにならないために、
付けないにこしたことはありません。

ATFの圧損と馬力減は結構ありまして、純正のバンジョーを、アールズの45度や90度に変えただけで、
特にスタートからの乗った感じ、フィーリングが変わります。

こんな1円玉で百万円ためるような道楽を評価いただき、わざわざご報告いただくのは
とても嬉しいことです
関連記事

コメント

非公開コメント

ありがとうございます

こんばんは。
わざわざブログに写真を載せて頂き、さらにアドバイスまで頂戴し、有難うございます。
ATFクーラーは正式に取り付けることになっているので、まずは純正のバンジョーは交換する方向で考えたいと思います。
それと、ATFクーラーに装着するバンジョーがどのような物かを取り付け業者様に確認しておこうと思います。

No title

さらなる仕上がり期待してます。バンジョーについては、http://mercedesbenznetcom.blog81.fc2.com/blog-entry-129.html
をご覧下さい。

ATアルミパン 取り付け

初めてメールさせてもらいます。先輩労作のアルミパン取り付けしました.折角の優れものを取り付けるのでエキパイも、皆口さんの所で、電動ファンアンダーカバーATホースもステンメッシュ、バンジョウも先輩お勧めのフリクションの少ない物に取り替ました 皆口さん謹製フロントのラジエータえの走行風の取り入れエアロ温度センサー等ビリオンメーターで水温ATオイル温度が目視できるのわ、精神衛生上良いですねラジエーターもSJの本村さんにお世話になりまして。新品に変えました、名古屋から今治450kノンストップで快調に走行しました水温わ、メーター83度ぐらい、アンダー側75から80低速ファンが少し回るくらい肝心のATF温度わ。75度で暫らく安定していましたが少しキックダウンを繰り返すと80度前後今の時期何でわ不安材料わ有りません。皆さんの苦労で生み出された優れもののおかげで楽しい旧車ライフを送れます。感謝感謝です。まだまだ理想の状態までわヒマラヤを目指すより遠く険しいですが。何時まで乗れるか年齢が年齢なもんでお金も心配なこの頃です。今回の走行でわ、かなり燃費も改善されました

No title

渡部さん はじめまして

コメント、またオイルパンのご購入ありがとうございます。
お車はえちごやさんで拝見しました。良い仕上がりで、えちごや流のまとまりが出ていると思います。六リッターの実力、えちごやの仕上げを堪能されていることでしょう。

マフラーは新バージョンでしたね、写真撮ったので後でこのブログで紹介させていただこうと思いますがよろしいでしょうか?

クーリングダクト、電動ファンのセットを装着されてますので、さぞかし、パワーアップを体感したことと思います。

先輩と呼ばれるほど、経験もつんでいませんので、そこはどうかご容赦ください。

たしかに、お金のかかる道楽ですが、私はそのために嫌いな仕事も頑張れますし、
無駄なお金使わないために節制や、工夫を学びました。

登る山に出会えた人生に感謝しています。

60 床下の風景

早速のアップ有難うございます、今日わ娘のE280のショックを半日かかって取り替えました、こちらも本村さんにお世話になりました、500のサブフレームもへたって来てる模様です、ヤレヤレ、ジャジャ馬娘のお金のかかること、こちらわもう少し後になります。お腹の写真写して戴いたのですから。ぜひアップお願いします。此れからもご指導の程、宜しくお願いします。













































床下の風景

念願のサブフレーム交換錆がひどいと皆口社長から連絡有中古でしたが、取り替えてもらいました。錆止めブラック塗装等社長の気に入るようにしてもらいました
ドラシャ、ハブベアリング、此れはフロントも、マルチリンク デフのブッシュ当然サブフレームのブッシュタイヤ新品交換ホイールアライメント等フロントのブッシュ等は次回にという事でしたが
後駆の作業は大汗斯いて息が上がり 状態説明の電話にも苦労の様子が伝わってきたほど難儀した模様でした。他所でわ満足のいく整備出来ないのは承知してましたが流石だと感じ入りました。
引き取りに行きまして。スタンド迄少し走っただけで、不良少年が模範青年に成長したような感激でした:よく今まで平気で走れていたと冷や汗ものだったと感じたものです。
最高速もこれならもっと気楽に走れると思いつつ整備前でもストレスなく走れていた60に今更ながら驚いた次第です。次はフロントの整備です何時まで続く坂道か頂上が見えるまで運転できるか?節制して頑張ります。又色々ご指導願います。

Re: 床下の風景

渡部さん

 サブフレーム、リアリンク、ハブ、ベアリング他の整備。完了しましたようですね。
 私のドラッグレースの報告にもありますように、全開加速する場合には、リアの足回りは
 とても重要です。
 ここがダメだと、LSDつけても効果半減ですし、SPLショック交換も同様です。

>次はフロントの整備です

 方向性がわかるってことは、実はすごいことなんですよ。
 何やったらいいか、何から手をつければいいかがわからないから、余計なアクセサリーや
 オカルトグッズに浪費する。
 壊れる、故障する、路上ストップ、整備代、二重払いにならないためには、
 計画が大事です。

 幸い?、ウエイティングリストが長いので、その間にお金が貯められるというメリットが
 そこにはあります(笑)

エンジンオイル温度

未だオイルパン装着出来てませんが,油温気にかかり、走行後にオイルクーラー触ってみました。
温度が上がり高温になっているものと恐る恐る触ってみた処平温で暑い何処か外気温と同じでした。此れってクーラーの役目果たしてないのですね。
サーモスタット開いてないのでしょうか。
110度に成ってないのかな?それともサーモスタットの故障なのか、理解できませんオイルの流れが無いからインもアウトも同じ温度これが正常にクーラーの役目果たせば油温水温共もっと楽に制御できるのではと思い何か良い方法はないでしょうか。サーモスタット取り去るとか、
宜しく御教示願えませんか取り去れば冬場にオーバークールになる懸念もありますし。悩むよりも清洲に行けばいいのですが、今の処暇が取れません。

Re: エンジンオイル温度

渡部さん

サーモスタット 115度オープンですので 水温が90℃ 位 油温が100℃位だと開いてません。なのでコアはぬるい程度で正常です。サーモスタット 抜くのは周回かヒルクライムなど余程で無いと勧めません。正道は開弁温度調整するか、電動オイルポンプ循環PWM制御でしょう。 まずはオイルパン装着で油温調べてで、問題無いと思います。

No title

取り付けて温度が目視出来てから考えます
適切なアドバイスいつも有難うございます。
今後共宜しくお願いします