2013/07/03

500Eの自動車道楽とレストア



写真は、八重洲出版「オールドタイマー」ライターのわたなべさんから

私が、500Eの自動車道楽をする旧い車をレストアするというようなことをするようになるにあたり、
大きく影響を受けた人、一台がこちらのわたなべさん、プリンススカイラインのS54Bです。

確か、昭和の終わり60年代、最初にお会いした頃は、SP311に乗っていて、
その後、お子さんが産まれたという理由で、54Bに乗り代わったと聞いていますから、
かれこれ四半世紀、25年くらい車をレストアしているんだと思います。

何がすごいって、DIYというのはカクもあらんというばかりの気迫、
お金がないなら、手間を惜しまない、工夫をする。自分でやる。苦労もあえて楽しむ。という心がけです。
もう、仙人の域です。

私なんか、これが正直、未だできない。できていない。っていうか、何もできてない。

その癖、悔し紛れ、負け惜しみと、
仕事柄の屁理屈か、ハゲタカかぶれのコーポレートガバナンス論風かわかりませんが、
「時間を金で買う」「良い専門家を探して、雇って、監督する」等と言い訳をいいます。
それでも、まだ、まともに、どれも満足にできていない。


なんてことない、清貧に憧れる、消費礼賛、ガリ勉亡者、食べても食べても満足しない
餓鬼の成れの果てで
カッコ良くないのは自覚してますが、まだできません。

なので、毎月、ひそかに雑誌を買って何十年も眺めてました。それがやっと尾灯が点灯したそうです。
うれしいね!今月のオールドタイマー誌はぜひご覧ください。

そういえば、わたなべさんは、小淵沢に居を構えているようです。
今年の夏はお邪魔して車を拝見したいなと思っています。


関連記事

コメント

非公開コメント