2013/06/28

ハブ流用(2)




 おそらく、これを読んでいるほとんどの方には興味のない話だと思いますが、
 ドライブシャフト/Driveshaft(s)(笑)⇒複数形がポイントね! をねじ切る人のために

 また自分の備忘のために、もしくは、強化品として、こんなことをやってみたいと思う方のために、
 将来やってみたいと思う方のために 記載しておきます。

 500Eのドラシャ、アウター側のハブスプラインは25Tで直径φ27
(孔がいっぱい空いているのはPCD加工したためです)
 W210WGNのドラシャは、同じくハブスプラインは27Tでφ29、写真で見るとわかりますが、
 210用のほうがドラシャが太くなっています。

 今回は、これを流用しようと思います。

 思えば、自動車道楽を始めてから、ドライブシャフトのスプラインには泣かされてきました。
 旧くはRX3に5.125とかのファイナルいれて、13Bぺリなんぞにするから、細いドラシャの
 スプラインがねじれてきました。
 次は、AE86に安中のキャロッセでノンスリ入れて走ってたら、家に帰る前に
 これもドラシャのスプラインがよじれて(笑)、
 古いTE51だかのカローラの解体車から太いシャフトを持って流用した。

 あと、友人のジェミニZZ、G180もドラシャが歪んだなどという若かりし頃の青春の
 思い出があります。

 ちなみにR35GTRのスプラインはφ35と異常にでかかった(笑)
 たぶん、ベンツのデフのピニオンギアのロックナット位あるんじゃなかろうか....
関連記事

コメント

非公開コメント

退職時の守秘義務誓約書について質問です。公開特許に関して、業務を通じて知り得た事実、推定的な結論について、ブログコメントを通じ発信することは、守秘義務の違反に相当するもんなんでしょうか?

自分的には理論的考察において、安易に結果が推定できることは、守秘義務に値しないと考えてます

機密保持

 前提事実の詳細がわからないのと、個別法律相談の回答が目的ではありませんが、一般論として、公開特許の内容は「公開」されているものです。特許権というのは「技術的思想の創作」を公開することの代償として、国が独占的権利等を一定期間に限り許すものです。というくらいで、あとは個別の約定とか、事実認定になるんでしょう。   

退職者の守秘義務については、企業同士の争い、新日鉄の鋼板と韓国メーカー、中国メーカーの訴訟が最近のトピックですね